TGE案件

TGE情報を知れば、誰よりも先に儲かるICOを獲得できるのか

TGEとは何か。

引用:http://www.ctia-ch.com/japanese/index.php

仮想通貨で投資をしていると、「ICO」やら「TGE」やら、難しい言葉を目にしますよね。

基本的にビットコインやリップルなどを投資対象として取引きしているのであれば、TGEのことを深く知る必要はないかもしれません。しかし、「もっと仮想通貨について知りたい」「うまく投資ができるようになりたい」という方は、TGEのことをぜひ知っておいてほしいところです。

ここでは、仮想通貨におけるTGEとは何か。ICOとは何が違うのか。について詳しくまとめています。

TGE」の正式名称は「Token Generating Event(トークン生成イベント) 」といいます。

通常、企業が仮想通貨(トークン)を通じて資金調達をおこなうときは、資金が必要なプロジェクトの目的や特徴などをまとめた「ホワイトペーパー」というものを作成します。この「ホワイトペーパー」の情報を投資家に公開し、「このプロジェクトは投資をする価値がある」と投資家の人たちに判断されることで、企業は資金を調達することができるわけです。

しかし、プロジェクトの中には詐欺まがいな案件も多数あり、企業の利益のためにプロジェクトを立ち上げ、投資家から資金を調達したものの実際にはプロジェクトを達成する気がない、という悪質なものも最近では増えてきています。

TGEとは、この資金調達の流れの中で「CTIA」という調査機関が、ホワイトペーパーの情報を厳密に精査し、「問題なし」と判断した確かな信頼性を獲得したプロジェクトのことをいいます。

ICOとは何が違うのか

基本的にはTGEICOも、プロジェクト達成のために資金調達をするという面では同じです。資金を調達する方法も、「プロジェクトの立ち上げ⇒ホワイトペーパーの公開⇒トークン(仮想通貨)発行⇒投資家が買う」という流れで、TGEにもICOにも大きな違いはありません。

では、TGEICOは一体何が違うのか?

それは「信頼性」。この一言に尽きます。

TGEでは、プロジェクトの詳細が書かれたホワイトペーパーをCTIAが厳密に調べることにより、ICOで多発している詐欺まがいの「プロジェクトの非達成」を防ぐことができます。

ICOでは、資金調達の際にCTIAが間に入ることがないので、言ってしまえば、「投資家が信用してくれる目的や特徴を持ったプロジェクト」を立ち上げさえすれば、プロジェクトを達成する気があろうとなかろうと、簡単に資金調達することができてしまうのです。

TGEではそのようなことがないよう、CTIAがしっかりとプロジェクトの中身を調べてくれます。

TGE認定のためにCTIAが精査する内容

ICOの内容がCTIAに調べられ、晴れてTGE認定の案件となるためには、プロジェクトの内容が一定の信頼度を超えていなければなりません。

プロジェクトの信頼度を高めるためには、

  • 資金調達の目的を明確にする
  • プロジェクトがどこに向かうのかをハッキリさせる
  • 法律に違反する内容が含まれていないか

上記の3つが信頼度を高めるためには必要なことです。

しかし、CTIAが良しとしたからといって、その案件が絶対に安全だとはいえません。過去にサブプライムローンが破綻した原因でもある、「格付け機関」が債権をしっかりと調べずに格付けしていたのと同じく、CTIAもよく目を通さずにICOを精査している場合もあります。

CTIAの信用性が落ちればもちろんTGE案件の信用性も落ち、仮想通貨市場の流れも悪くなってしまいます。何事もそうですが、自分の目でよく確かもせずに盲目的にシステムや機関を信用してしまうのはよくありません。

TGE案件に投資する場合は、自分でしっかりとその案件の目的や目指している技術に目を通すようにしましょう。

TGE案件にはどういったものがあるのか

ICOよりも信頼性の面でTGEは優れています。

最近ではICOの投資リスクが目立つようになり、仮想通貨で投資をしている人たちの間でTGEの案件が人気になっていますね。

TGE案件はまだまだ始まったばかりで数こそ少ないですが、どの案件も開始してすぐに売り切れるほどの人気があります。

ここからは、人気のTGE案件をいくつか見ていきましょう。

Centrality(セントラリティ)

TGE案件の一つ目は「Centrality(セントラリティ)」という案件で、2018年の115日にトークンが公開されたのですが、開始してわずか6分で90億円の資金調達に成功しています。

これはICOにはないTGEの信頼性があってこそのものだといえるでしょう。

セントラリティはニュージーランドにあるテクノロジー会社で、主にブロックチェーン技術を元としたアプリの開発をおこなっているため、会社としてもすでに社会的に信頼性があり、そこにTGE案件というCTIAからお墨付きのある信頼性の高いプロジェクトを公開することで、実に90億円もの資金調達に成功したのです。

TGE案件は、元々の企業としての信頼性と合わさることで何倍もの資金調達が可能になる、過去に例を見ない最先端の資金調達法だといえるでしょう。

仮想通貨セントラリティ(Centrality)とは?Dappsの未来と分散化された行く末分散型アプリケーションプラットフォーム「セントラリティ」 2018年1月分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する「セン...

Proxeus(プロキシウス)

引用:https://proxeus.com/#vision

TGE案件の二つ目は「プロキシウス」というもので、プロキシウスはブロックチェーンの分散システムを利用することにより、文書の管理や面倒な手続きなどをコンピューターですべて管理することを可能にします。

ブロックチェーン技術は中央管理者を設置せずに、多数の第三者が管理するおかげで高いセキュリティ能力を誇り、そのシステムを利用することでプロキシウスが目的とする、事務作業などの効率化につなげることができるのです。

今後は人間による作業よりも、ブロックチェーンなどのテクノロジーを用いたアプリやコンピューターによる作業が人間に取って代わっていくことでしょう。

ARDA(アーダ)

引用:http://arda.ai/

TGE案件の三つ目である「アーダ」は、スマホで個人の体のデータなどを集め、そのデータを活用することで個人に対して的確なアドバイスを送ることを可能にする技術です。

つまり、コンピューターに体の健康の管理などをすべて任せてしまおう、というわけですね。

人は自分のことをよくわかっているようで、実は何ひとつわかっていません。

  • 「今、自分の体がどのような状態になっているのか?」
  • 「どうして体調が悪いのか?」
  • 「何が足りないのか?」

アーダはそのテクノロジーの技術を基に、個人に対して、食事の改善、運動の提案、ライフスタイルの充実を可能にし、これから訪れるであろう健康長寿時代に必要不可欠な技術になっていくことでしょう。

PLUG(プラグ)

引用:https://www.plugblockchain.com/

TGE案件の4つ目「プラグ」は、先月2018314日に公開されたばかりのTGE案件です。

プラグの目的は、ブロックチェーン技術を元に開発したそれぞれのアプリケーションをお互いに接続し、利便性や効率化をさらに進めることです。

ブロックチェーンのシステムは分散されて管理されていますが、ブロックチェーンを元に開発されたアプリなどを分散したまま管理する必要はありません。それよりもアプリ同士のブロックチェーンの情報を共有するほうが、それぞれの欠点を補ったり、ユーザーの満足度を高めたりすることができるはずです。

今後は、ブロックチェーン上で成り立っているあらゆる情報が共有され、今よりももっと利便性に優れたアプリなどがドンドン登場してくることでしょう。

仮想通貨Plug(プラグ)とは?ブロックチェーンを繋ぐ注目のTGE案件ブロックチェーンを繋ぐ仮想通貨Plug(プラグ)とは? 引用:Plug公式サイト Plug(Pl^g)とは、現存する全てのブ...

今後のTGEの動向に注目

ここでは、仮想通貨におけるTGEについてまとめてみました。

最近は、仮想通貨業界が益々盛り上がっています。

しかしその反面、ほとんど詐欺に近いようなプロジェクトで資金を調達しようとしている企業も増え、従来のICOでは投資のリスクが高くなっているのが現状です。

ですが、TGEであればプロジェクトの内容がしっかりと精査され、たしかな信頼性をもった案件として公開されるので、投資のリスクをICOよりも低くすることができます。

何に投資するかは自分次第ですが、仮想通貨を使った投資をおこなうのであれば、できるだけ損をしないためにもTGEのようなしっかりと信頼性があるものに投資するようにしましょう。