仮想通貨

ハードフォークとは?今後の予定とソフトフォークとの違い

分岐していく仮想通貨

仮想通貨関連のサイトやニュースでよく耳にする「ハードフォーク」という言葉ですが、皆さんはこのハードフォークという言葉の意味をご存知でしょうか?ハードフォークが起こると、もともとあった仮想通貨が二つに分岐します。

その際、元の通貨を保有していた人に対して、分岐した側の通貨が無条件で付与されたこともあったため、自動的に資産が増えた人も多くいました。こうした出来事があったため、仮想通貨投資を行っている人達にとって通貨のフォークは非常に関心のあるイベントとなりました。

しかし、資産の増減のみに気を取られてしまい、そもそも何故分岐が起こるのかはわかっていない、という人もいるようです。そこで本記事ではハードフォークがなぜ起こるのか、また今後のハードフォークの予定や実行可能性について解説をしていきます。

ハードフォークとは?

ビットコインを始めとする仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる分散台帳技術によってその価値が担保されています。ブロックチェーンではブロックが鎖のように連なっており、その通貨のすべての取引が一つ一つのブロック(台帳)に記録されていきます。

フォークが起こる通貨では、この技術上のブロック容量が問題となっています。ブロック容量の限界近くで取引データを扱っているとデータ処理が遅れてしまい、送金に遅延が発生するなどの問題が生じます。

この問題への対応方法として、

1.取引データの縮小(ソフトフォーク)

2.ブロック容量を拡大する(ハードフォーク)

という二つの方法が考えられます。ブロックチェーンの分岐に関しては、この2つを正しく理解していれば、仮想通貨に関わる全てのニュースが理解できるようになります。

ソフトフォークとハードフォークの違い

仮想通貨のフォークが発生するのはブロック容量への対処だということがわかったと思います。では、先ほどのソフトフォークとハードフォークの違いについて解説していきます。

ソフトフォークの場合

ソフトフォークは仮想通貨そのものの仕様を変更します。ここではブロックチェーンの分岐自体は起こるのですが、分岐した先で収束するため、永久に分岐したままにはならないのです。

仮想通貨そのものが仕様変更しているため、どちらの分岐先も、もう片方に対して互換性があります。つまり、どちらのブロックチェーンが多くのマイナーの支持を受けても最終的には過半数の支持を集めたブロックチェーンに収束するのです。

この仕組みによってブロック容量を変えずにデータを縮小することで容量の問題に対応することができるのです。

ハードフォークの場合

ハードフォークではブロックチェーン自体が仕様変更になります。仕様の異なる二つのブロックチェーンが分岐によって発生することになるため、ソフトフォークのようにその二つが収束することはありません。

その結果、枝分かれしたブロックチェーンが両方とも独立して続いていくことになり、仮想通貨が分裂するという事態が起こります。

また困ったことに、ハードフォークは開発者側から猛反発を受けることもあるのです。ソフトフォークで対応できる問題であれば良いのですが、ハードフォークせざるを得ない場面があります。

それが前述したようなブロック容量の拡大です。ソフトフォークのデータを縮小するやり方では限界があるため、ブロックサイズそのものを大きくする必要がある場合です。

ハードフォークはビットコインでも問題点

20178月にビットコインがハードフォークし、ビットコインキャッシュが誕生しました。また、結果的には中止になりましたが、その次のハードフォーク、segwit2xの議論がビットコインキャッシュの誕生直後から始まっていました。さらに、201711月にはビットコインからハードフォークしたビットコインゴールドも誕生しています。

これだけのハードフォークがあったにも関わらず、実際に行われるかどうかは別として、2018年前半にかけてビットコインのハードフォークが大量に予定されています。

ハードフォーク自体は技術の正当進化とも考えられるのですが、ブロックサイズがあまり大きくなりすぎるとデータの安全面に支障が出かねないため、様々な議論があるようです。

Segwit2xのハードフォークが中止になったように、これらの予定されているハードフォークも必ず実行されるとは限りません。単純な情報に踊らされず、しっかり情報を見極めていく必要が出てきそうです。

ハードフォークの予定は?本当に実施されるのか

先ほども書いた通り、2018年前半にかけてビットコインのハードフォークが数多く控えています。多くの予定に関しては、そもそもそれほどハードフォークを実行する必要がないと判断されれば、中止になる可能性は十分にあります。

ハードフォークに正当な理由がなければ、ハードフォーク後のコインにはマイナーや関係者からの支持が付かず、通貨としての価値を持たないものとなってしまいます。

ードフォークは予定があるからと言って必ず実行されるものではないこと、そしてマイナーからの支持を集めなければ、実行してもなんの意味の無いものであることを念頭に置いて、最新の情報を追っていくのが賢明でしょう。

ハードフォークするとコインが付与される

ハードフォークが実際に行われた際に、多くの人の一番の関心ごとはやはりコインが付与されるのかどうかということだと思います。自分の資産が増えるわけですから気になるのも当然です。

例えばビットコインがハードフォークしてビットコインキャッシュが誕生したとき、ハードフォーク時点でビットコインを保有していた人には、持っていたビットコイン現物と同量のビットコインキャッシュが付与されました。

これは取引所が、ビットコインキャッシュの分岐が恒久的なものであり、リーガル、コンプライアンス面で懸念がなく、顧客の資産保護の観点からも問題なし、と判断したためです。

逆に言えばハードフォークが起こったとしても上記のようなセキュリティ上の問題があると判断された場合には付与は行われません。つまり、ハードフォークが起こったとしてもそれですぐに資産が増えるわけではないのです。

ハードフォークでコインが付与されず、資産が増えないことに対して憤りを見せる方も実際にいましたが、全て資産保護のために考えられた結果です。このような事態も想定して、状況によってはハードフォークコインが付与されない場合があることを頭に入れておくと良いでしょう。

ハードフォークはボーナスでは無い

本記事ではハードフォークが発生する理由と仕組み、ソフトフォークとの違い、そして今後のハードフォークの予定や実現の可能性について解説しました。ハードフォークはブロックチェーンにおいてブロック容量が小さくなった際に、その対応のために発生する技術的な分岐であり、その後は1つの仮想通貨が2つの通貨に分かれて存在するようになります。

ビットコインのハードフォークが2017年に中止されたこともあり、ハードフォークは予定されているからと言って必ず発生するものではありません。また、実際に起こったとしてもブロックチェーンそのものの問題、もしくはセキュリティ上の問題があると判断されればハードフォークコインが付与されることもありません。

それにも関わらず、まだまだ多くの人達がハードフォーク=臨時収入のような捉え方をされているようです。それはハードフォークの本質とはかけ離れた認識に他なりません。しかし、ハードフォークはブロックチェーン技術が発展していくために大切なものであり、ハードフォークコインの付与はおまけでしかありません。

仮想通貨について正しいリテラシーを持ち、資産の増減だけを気にするのでなく、広い視野で仮想通貨を見ることが、あなたの投資の成果を上げ、今後の仮想通貨とのお付き合いをよりエキサイティングなものに変えてくれるはずです。