ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインの送金時間は早いのかそれとも遅いのか。

ビットコインの送金が以前と比べて遅くなっている?

ビットコインは送金時間が早いことで知られる仮想通貨のひとつでもあるのですが、指定した取引所などの口座に到着するのが遅すぎるという声がインターネット上で聞かれます。

なぜ遅いのかというと、ビットコインを送金する際に支払われる送金手数料の安さが理由のひとつと言われているからです。逆にビットコインの送金手数料を高く設定すると、10分以内に、指定した口座に着金するとされています。

ここでは、ビットコインの送金時間の仕組みや、なぜビットコインの送金手数料だけで送金の早い遅いが決まるのかなどについて、解説していきます。

ビットコインの送金時間について

ビットコインの送金時間は手数料によって決まりますが、取引所によっては手数料を自分で決めることが可能です。代表的な取引所といえば、ビットフライヤーとザイフになりますが、このふたつは、手数料を自分で決められます。

送金時間と手数料の関係性は詳しく後述しますが、送金してからどれくらいで着金できるのかというと、早くて10分、遅いと数日と言ったところでしょう。海外に送金するときは非常に便利です。

なぜこんなに早く送金できるのかというと、送金の仕組みに理由があります。ビットコインはP2Pによって運営されており、管理者は存在しません。銀行のような中央集権が存在しないということです。

P2Pとは、中央サーバーを介さず、個々の端末がお互いを信頼し合うことで成り立つネットワークシステムです。そのPSP方式でビットコインを互いの端末のウォレットと交換し合います。

ビットコインの根幹であるブロックチェーンは、P2Pによって支えられており、これらの技術を使用することにより、ビットコインなど仮想通貨を使った取引の正しさ、つまり整合性を検証し、承認することができます。

承認されると、初めてビットコインの送金が認められるということです。ちなみにですが、P2Pを導入しているのは仮想通貨だけでなく、SkypeLINEなどといったコミュニケーションアプリにも使われています。

しかし、ビットコインの送金手続きを完了しても着金しないという問題が起きています。この問題をインターネット上では「送金詰まり」と呼んでいますが、原因は未確認トランザクションとされています。

トランザクションについて

仮想通貨世界のトランザクションは、例えるならビットコインの書類です。通常のやり取りなら、こんな感じとなります。

  1. AさんがBさんにビットコインを送るためにビットコインの送金手続きを申請書に記載して窓口に提出
  2. 窓口が申請書を確認して検証開始
  3. 検証が認められたら申請書に承認の判が押される
  4. Aさんが送ったビットコインがBさんに着金される

トランザクションを申請書に例えました。ビットコインの送金詰まりの原因は未確認トランザクションと説明しましたが、未確認トランザクションはどこにあたるのかというと、2番と3番の間です。

トランザクションという申請書に承認の判が押されないかぎり、着金は永遠にないということです。

ビットコインを送金して確実に着金させるポイントとは

ビットコインを外部の取引所やウォレットなどに向けて送金し、素早くかつ正確に着金させるポイントは、送金手数料を高くすることにあります。ビットフライヤーとザイフの話しになりますが、このふたつの取引所の場合だと、ビットコインの送金手数料を自分で決めることができるというメリットはあります。

デメリットは、最低料金(基本料金)として0.0005BTCの送金手数料が取られるということです。しかし、この送金手数料でも1時間足らずで着金が可能です。

逆に最低料金の概念を除いて、手数料無料の状態で送金してみると、着金するかどうかはわかりません。それどころか、永遠に着金しない可能性もあります。この場合、どうすればいいのかというと、送金手数料をさらに増やすという方法を取ることです。

ビットコインの送金手数料を0.001BTCなどに増やしてビットコインを送金することで、わずか数十分で着金が可能になるからです。

筆者がビットコインをザイフとビットフライヤーの両方を使い、それらの取引所からクリプトピアという海外取引所に送金手続きをしたときは0.0005BTCの送金手数料で、1時間足らずで着金しました。

逆に送金手数料が低い状態でビットコインを送金してしまった場合は、それでビットコインが着金できればいいのですが、着金しない場合は、対処しようがないので待つしかありません。

ちなみに、ビットコインを取引所からウォレットに送金する場合でも、わずか数分でウォレットに着金できますが、ビットコインの取引状況によっては、長くて2日かかるとされています。

ビットコイン決済を導入している店舗をビットコインで会計するときでも、10分かかると言われていますが、実はあっという間に着金するシステムをビットフライヤーが開発しました。

bitWire」というシステムで、そのシステムのひとつである「bitWire(β)」という送金サービスをビットコイン送金に利用することで、宛先に1秒でも早く着金するというシステムです。

ただし、送金先がビットフライヤーの口座を開設していなければ使えませんし、「bitWire SHOP」というbitWireのシステムを導入している店舗でなければ、「bitWire(β)」は使えないというデメリットがあります。

bitWireについての詳しい説明は省略しますが、これは相手の入金先アドレスにビットコインを通常送金するのではなく、メールアドレスでビットコインを送金するというものです。加えて、ビットコイン送金にかかる送金手数料も無料となります。

なぜ送金手数料によって送金速度が早い遅いが決まるのか

それは、ビットコインのマイニングに携わるマイナー達の報酬に関係があります。ビットコインは銀行のような中央集権が存在しないと説明しましたが、それはマイナー達がブロックという取引履歴の情報の塊を作り続けているからです。

ブロックを作り続ける理由は報酬を得るためで、送金手数料が高いほど送金が早いのは、手数料欲しさのために、未確認トランザクションを優先的に検証し、承認するためです。10分かかる承認時間が、その10分で宛先に着金するという仕組みでもあります。

早い話、送金手数料を上げるから優先的に承認してくれ、と依頼するような感じです。

仮想通貨の送金問題から派生した仮想通貨をいくつか紹介

ビットコインの送金詰まりなどの問題を改善するために派生した仮想通貨といえば、ビットコインキャッシュとライトコインです。このふたつはビットコインの送金問題を解決するために誕生したとされています。

注目してほしいのは、ビットコインキャッシュとライトコインの送金手数料とその送金の速さです。BTCBOXで説明しますが、BTCBOXの場合だと、ビットコインキャッシュの送金手数料は0.001BHCで、ライトコインの送金手数料は0.002LTCと、ビットコインの送金手数料を比較すると、かなり安いです。

送金速度については、ビットコインキャッシュの場合だと、早くて10分で遅くて1日とされています。一方、ライトコインについては、筆者が実際にクリプトピアやコインエクスチェンジなどの海外取引所に送ったところ、送金してから2時間前後で着金しました。

仮想通貨の送金手数料を抑えたいときは、ビットコインキャッシュとライトコインを送ったほうが、送金手数料の節約につながるということです。

ビットコインの送金問題は徐々に改善されている

ビットコインキャッシュとライトコインという送金手数料が安い仮想通貨が登場したことにより、これらを送金に使うユーザーは多いと言えます。しかし、ビットコインも送金問題など、問題となっている部分を徐々に改善し続けています。

仮想通貨の送金を確実にしたいなら、0.0005BTC以上の手数料を上乗せしたビットコインがおすすめです。着金に急いでおらず、手数料を節約したいというユーザーは、ビットコインキャッシュとライトコインを送金に利用するとよいでしょう。