草コイン

仮想通貨Status(SNT)とは?Dappsを支えるプラットフォーム

仮想通貨Statusとは?

引用:Status公式サイト

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは、イーサリアムベースの分散型アプリケーション(Dapps)プラットフォームです。

このStatusはLINEのようなメッセージングプラットフォームと似た機能を持っています。
例えばLINEはメッセージがメインですが、それ以外にも支払いやミュージックのダウンロードなどがプラットフォーム内で行えます。
また、中国のWeChatも同じメッセージアプリですが、それ以外にも支払いや商品の検索機能が搭載しています。

そして、このようなアプリケーションプラットフォームをブロックチェーンを使って「分散型」で展開するのがStutasなのです。

では、以下よりそんなStatusについてを見ていきましょう。

仮想通貨Statusの特徴

引用:Status公式サイト

ICOで100億円を調達

このStatusはかつて2017年6月に行われたICOでおよそ100億円を調達したことで大きく話題となりました。

現在では「EOS」や「Filecoin」がそれ以上の調達額を記録しましたが、当時のStatusの盛り上がりはイーサリアムのトランザクションを混雑させる程のものだったのです。

中央管理者が不在で動くアプリケーション

StatusはDappsのプラットフォームとなるわけですが、このStatus自体もDappsであり、管理者が不在で動き続けるアプリケーションとして機能します。

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」 ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...

既存のLINEなどでは運営元が存在しているので、その運営企業が倒産するとサービスは停止してしまいます。

ですが、このStatusは中央管理者不在なのでサービスの停止は参加者がゼロにならない限りほぼ起こり得ません。

そして、Statusはオープンソースなので誰でも改良を加えることが可能であり、一つの企業がプロジェクトを進めるのでは無くユーザーが一体となってサービスを良くしていくことができます。

メッセージ上でトークンのやり取りが可能

StatusではSNTトークンを用いることで、チャット内で支払いをしたり逆にトークンを受け取ったりすることができます。

なお、スマートコントラクトによって予め定めておいた契約をもとに決済等を進行させることも可能です。

セキュリティの高いメッセージサービス

これらはiOSやAndroidのアプリケーションによって利用することができるのですが、分散型という特性を利用してメッセージのセキュリティを高めることができます。

管理者のいるメッセージサービスでは個人の情報やその内容がどこで使用されているかが不透明です。

しかし、このStatusではメッセージを暗号化することで個人情報を自分で管理し、尚且つ安全にサービスを利用できます。

Dappsのプラットフォーム

Statusは、他に存在するブロックチェーンを駆使した分散型アプリケーションを管理するプラットフォームとなり、そこでアプリを探したり支払いをしたりする事ができます。

それは既存のアプリケーションを管理してユーザーへ届けている「AppStore」や「GooglePay」のような役割を担います。

なので、私達が何の気無しにアプリをダウンロードして使うように、専門知識が無くてもDappsに触れることができるのです。

そしてStatusを利用することで、実際に様々なDappsにアクセスして利用することができます。

引用:Status公式サイト

上記の図を見ると、個人情報を管理する「uPort」や、分散型の予測市場アプリの「Gnosis」などが公式サイトに掲載されており、今後も今以上にDappsのラインナップが増えていくでしょう。

Statusの問題点

このように分散型でアプリケーションを展開していくStatusですが、一方で問題点もあります。
まず、今まで無料で利用できていたサービスが有料化する恐れがあるという懸念です。

管理者がいないこのDappsでは、開発者が自律的に機能の向上に携わるようになるので、開発者のインセンティブとなるプラットフォーム利用料やトークンのトランザクション手数料などが発生します。

そして、Dappsはそのプラットフォーム内で使用されるトークンの価値向上にもインセンティブがある設計なのですが、そこにはどうしても「投資的要素」があるので、利用者がそれをどう見るかという事も懸念点として考えられます。

「価格の変動するトークンを使ってまで利用する価値があるものなのか。」「それだったら既存のLINEやWeChatで良いのではないか。」と、そんな声が聞こえてきそうですが、どうしても現在既に便利なメッセージアプリもある中でDappsをいきなり使うようになるのはハードルが高く抵抗があるのではないでしょうか。

初期はどうしても投機的需要によって価格のブレ幅があり、諸々の手間が掛かってしまうDappsが普及するのは利用者に合理的な面のみならず、感情的な面でも受け入れられなければなりません。

よって、普及にはまだまだ時間が掛かってしまうでしょう。

StatusのAppをダウンロードする方法

では、簡単にStatusをダウンロードする方法を紹介します。
まず、Statusの公式サイトからメールアドレスを入力しましょう。

アドレスを入力後はそのアドレス宛に下記画面のようなメールが届くので、リンク先をクリックして登録を進めましょう。

次に下記画面上に表示されている「TestFlight the App Store」をタップして「Test Flight」をインストールします。

このTestFlightをダウンロード後、「Redeem」と記載のある項目をタップすることでパスワードを入力する画面に変わります。

ここではAppleIDとは別のパスワードが求められるので、受信したメールに記載されてあるパスワードを入力しましょう。
パスワード入力後、Statusのアプリがダウンロードできます。

Statusを購入できる取引所とチャート

引用:coinmarketcap

Statusを購入できる取引所は主に「Upbit」「Binance」「Huobi」「OKEx」です。
そしてその中でも大半が「Upbit」で取引されており、その次に「Binance」で多く流通しています。

次にStatusの価格推移ですが、下記チャートの通り2017年12月から2018年の1月の間におよそ10倍の高騰を魅せましたが、現在はそのピーク時の3分の1程度の価格で落ち着いています。

引用:coinmarketcap

当時の高騰は全体的な仮想通貨市場の盛り上がりに便乗した感じはありますが、直近の2018年4月に入ってからは着実に価格を上げています。

DappsのプラットフォームStatusの将来性

以上がStatusについてでしたが、Statusには他にも様々な機能があり、その機能はまだまだこれから増えていくでしょう。

実際にLINEもひと昔前と現在とでは機能が全くもって違うように、プラットフォームは日々アップデートされていく必要があるのです。

そして、このStatusはDappsなので一部の管理者の収益の独占を防ぎ、トークンによってその収益が分配される設計となるのです。

それがDappsを用いる意義であり、利用者も開発者も皆がより良いサービスを作る為のインセンティブが生まれるのです。

なお、SIRIN LABSが開発するブロックチェーンスマホの「Finny」にて、このStatusが組み込まれることも昨年発表されています。

実際にこのブロックチェーンスマホは2018年10月に日本でも販売されるとの発表があり、いかに一般消費者に「分散型」という概念が染み込むかが鍵となるでしょう。