仮想通貨

Plasma(プラズマ)とは?イーサリアムの問題を解決する革新的技術

スケーラビリティ問題を解決する技術Plasma(プラズマ)とは?

Plasmaとは、イーサリアム創設者Vitalik氏とライトニングネットワーク技術の共同開発者Joseph氏によって2017年8月11日に開発された、高速なトランザクションを実行してスケーラビリティ問題を解決する為の技術です。

このPlasmaを実装する事でイーサリアムの1秒当たりのトランザクション処理数を大幅に高める事ができます。

では、そのPlasmaについてを以下より述べていきます。

イーサリアムにおけるトランザクションの遅延問題

イーサリアムは、現在多くのICOトークンや分散型アプリケーションのベースとなっていますが、同時にイーサリアムのブロックチェーン内で取引が集中してしまい、処理が滞ってしまうといった問題が起こっています。

これはネット通信の遅延や、交通渋滞のようなものであり、日々増加するユーザーに対しての対応が追いつかなくなってしまっているのです。

これを「スケーラビリティ問題」と呼んでいます。

そして、それによって利用者の支払う手数料が高騰してしまい、ビットコインのようにイーサリアムもトランザクションの対応能力に関する懸念があるのです。

Plasmaの特徴

上述したイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決策として、オフチェーン上で即時に取引を処理する「ライデンネットワーク」という革新的な技術がありますが、それと並行してこの「Plasma」もイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する技術の一つです。

このPlasmaはイーサリアムのメインのブロックチェーンと相互に動くスマートコントラクトのレイヤーを作成します。

そしてそのレイヤーとなる「Plasmaブロックチェーン」をツリー階層のように構成し、メインチェーンが親のチェーンとなり、Plasmaチェーンが子供のチェーンとなります。

引用:Plasma: Scalable Autonomous Smart Contracts

従来のイーサリアムの取引ではトランザクションの処理を全てメインチェーンで行わなければなりませんでしたが、上記の図のように、各Plasmaチェーンがユーザーのトランザクションを処理してデータの書き込みを行います。

そしてそれらは最終的に親チェーンであるイーサリアムのメインチェーンへコミットされます。

このようなPlasmaの構想と実装によって、イーサリアムのメインチェーンに保存されるデータのサイズを減らして処理速度を上げる事ができ、トランザクションの手数料も下げる事ができます。

Plasmaの問題を解決するPlasma cashとは

Plasmaが提案された後の2018年3月には、Plasmaの新しいソリューション「Plasma Cash」が発表されました。

上で説明したPlasmaでは、ユーザーがメインチェーンの下に連なる子チェーンの全てのデータをダウンロードしなければならないという問題点がありました。

それは二重支払いや不正ブロックの生成を防ぐ為の証明として必要な履歴の取得となるのですが、わざわざ都度全てをダウンロードしているとどうしても不便さが残ってしまいます。

ですが、このPlasma Cashの実装によって、従来のPlasmaのようにデータを全てダウンロードする必要がなく、ユーザーにとってはダウンロードするデータサイズが大幅に減ることとなります。

そして、ユーザーは全てのデータをダウンロードする必要が無くなる代わりに、Plasmaチェーンにデポジットを送る事で「Plasma coin」といったトークンを作成できます。

このPlasma coinには特定のIDがそれぞれ付与され、そのIDによってトークンのトランザクションにおける追跡を行うことができます。

このように、履歴を全てダウンロードするのではなく、付与したPlasma coinのIDを用いる事によってトランザクションデータのダウンロード量を削減します。

Plasma Cashの課題

以上、このPlasma Cashはトークンのトランザクションを追跡でき、取引所がハッキングされてもユーザーは資産を失わないように設計される革新的な仕組みです。

ですが、現状問題点もあり、デポジットして使用されるPlasma Coinは分割や統合する事ができない代替不可能なトークンです。

つまり、一度デポジットしてしまうとそれらが全て一つのトークンとみなされ、一部だけの送金が不可能となるのです。

ここの解決策としては、トランザクションの際に他の第三者とマッチングさせ、トランザクションに余りを出さずにトークンを欲する人へも全て送金を行う事が検討されています。

なお、このトークンの一部送金に関しては他にも様々な解決策が提案されています。

Plasmaの重要性

今後イーサリアムベースのDappsが普及することとなれば、今以上のトランザクションが見込まれます。

特に、ブロックチェーンゲームやメッセージチャットのようなアプリケーションにおいて、送金詰まりや手数料の高騰を起こしてしまうと中々使用してもらえないのではないでしょうか。

よって、革新的な仮想通貨の実需を支える為に裏で働くこれらの技術は、今後の発展において非常に重要な役割を担うのです。