仮想通貨

仮想通貨の話題沸騰によって生じたリスク「スケーラビリティ問題」とは

仮想通貨の知名度上昇が、新たなリスクを孕む結果に

2014年、「Mt.GOX破綻事件」の報道を受けて、国内におけるビットコインの知名度は格段に上昇しました。ネガティブな報道内容であったにも関わらず、企業から個人まで様々な層が仮想通貨の業界に参入を果たし、今や投資先としての地位を不動のものにしています。

参入者が急激に増えた事によりビットコインの価格は異常な暴騰を見せ、次々と「億り人」を送り出しました。今も一攫千金を目指し、ビットコインへ投資する方が増え続けています。

しかし、ビットコインの知名度上昇がもたらしたものは、決して投資家への恩恵だけではありません。流出事件による資産喪失や暴落による大赤字など、大勢の被害者を出す結果に。

更に、ビットコインの取引量が急増したことで、仮想通貨取引にある「リスク」が生じました。通常であれば、喜ばしいはずの取引量の上昇。それが何故、リスクを伴うことになったのでしょうか。

取引量の急増が生み出す危険性「スケーラビリティ」とは何か

「スケーラビリティ」とは、ビットコインの容量オーバーによって起こる、仮想通貨リスクの一つです。1ブロックに記録されるトランザクションの数が、ブロックの容量を超えてしまう事により発生します。

ブロックチェーンとは、取引記録を一つに纏めた「ブロック」の連結により、構成されている分散型取引台帳です。

ビットコインは中央銀行のように中枢管理者が存在しない為、取引の改竄が不可能な仕組みとなっており、且つ正当性を保持する為に取引内容は全て記録されます。

このシステムが原因で、取引量が急増することにより1ブロックに記録される取引情報の数も膨大になってしまい、データの処理が追いつかないというトラブルが生じます。すると、送金速度の低下や取引自体の中止など、様々な問題を引き起こす可能性があります。対策方法は2つ、

スケーラビリティ問題の解決策とその実例

スケーラビリティ問題の解決策として、「取引情報の圧縮」と「ブロック容量の拡大」があります。前者は「ソフトフォーク」、後者は「ハードフォーク」と呼ばれます。それぞれの解決策に関して、実例と共に詳しく説明します。

ソフトフォーク

 仮想通貨の規則を追加し「使用変更」を行うことを指します。新たな検証規則を加えることで取引情報の圧縮を行い、大量の取引データを格納できるようにバージョンアップを図る仕組みです。

 ソフトフォークの更新には互換性があり、更新前の仮想通貨も引き続き使用できます。更新前後で通貨の分裂が起こりますが、これは一時的なもので、更新前の規則は誤情報と見なされるため、全て書き換えられます。

実例:segwit

 ソフトフォークの代表例として挙げられるのが「segwit」です。1ブロックのトランザクションを縮小し、ブロック内に空き容量を作り出すことで、2倍近くの取引データを記録することが出来ます。

「モナコイン」や「ライトコイン」など、ビットコインの派生コインには電導入されています。しかし、ビットコインへの導入は大きな波乱を呼び起こしました(後述)

ハードフォーク

ブロックの容量を拡大することで、記録可能な取引データの量を増やす仕組みです。このシステムにより、大量の取引情報を記録することができ、データ処理の速度は格段に上がります。

ハードフォークは、ソフトフォークとは違い「互換性のないアップグレード」のようなもので、通貨そのものを更新するわけではなく、元より優れた通貨へ「分裂」する仕組みです。その為、ハードフォーク前と後の通貨は、それぞれ別の通貨となります。

実例:ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは、ビットコインのハードフォークによって分裂した仮想通貨です。ビットコインのブロックサイズは僅か1MB でしたが、この通貨は8MBの増量に成功しています。

しかし、同時に通貨そのもの容量が大きいというデメリットも抱え、フルノード(通貨の記録保有)を行うには、高スペックのPCでなくてはならないなど、ユーザーによってはコストがかかります。

スケーラビリティ問題の完全な解決は不可能、その理由とは何か

現状において、スケーラビリティ問題を完全に打開することは不可能とされています。上記の対策も、対象の仮想通貨を改善するわけではないので、根本的な解決には至っていません。

また、仮想通貨を取り巻く環境にも原因があります。以前、ビットコインにSegwitを導入することで、ブロックサイズの拡大を図るという試みがありました。ユーザーの大半はこれを支持しましたが、マイナーからは強い反発を受けることになります。

Segwitの追加規則とマイニング専用の機械「ASIC Boost」との相性が悪く、更新されたビットコインは、高性能機材によるマイニングが出来ないという可能性がありました。この問題により、ユーザー・マイナーの間に大きな騒動が巻き起こることに。

現在は、ビットコインのシステムを改善した、新しいアルトコインが続々と誕生しています、ビットコイン自体の改善よりも新たな通貨の開発が優先され始め、ビットコインも再び分裂し新たな通貨に替わるのではないか、との話もあります。

猛威を振るってきたビットコインが幕を下ろす可能性の一つ

ビットコインを始めとした前期の仮想通貨を取引する際は、常にスケーラビリティのリスクが付きまとうことになります。

全てのユーザーに一致する考えとして、「リスクは可能な限り回避したい」というものがあります。大きなリスクを背負ってまで取引するよりも、可能であればリスクの低い通貨を運用した方が良い、という意識は誰もが持っているはずです。

「新しいほど良い」という考えは、仮想通貨にも当てはまります。安全かつ信頼のおける通貨が誕生すれば、そちらに人が流れ込みます。事実、近年では様々なアルトコインが取り沙汰され、ビットコインの話題は減少しています。

近年では、アルトコインの流通と共に「どの仮想通貨がビットコインに取って代わるのか」という話題が沸騰しており、ビットコインの世代交代が起ころうとしています。

これらの問題点を後ろ向きに見るのではなく、仮想通貨の次世代を迎える一つの要因として、前向きに捉えても良い問題ではないのでしょうか。