仮想通貨

いまさら聞けない、仮想通貨に関する専門用語解説

仮想通貨には専門用語が数多くある

仮想通貨の取引を始めようと思ったときに、取引所や解説などで見覚えのない単語がいくつも出てくると思います。これは投資やテクノロジーに関する知識の乏しい初心者にとっては大きなハードルになります。

そこで今回は仮想通貨取引の初心者向けに、取引所や業界で使われる専門用語について解説いたします。

聞いたことのない単語から、聞き覚えはあるが理解できていない単語まで様々あると思いますが、各用語をよく理解すれば、仮想通貨についてより理解を深めることができるので、ぜひこの機会に抑えましょう。

仮想通貨の取引用語大全集

仮想通貨取引所

「仮想通貨取引所」は名前の通り仮想通貨を取引するための場所です。代表的な取引所は「bitFlyer」「Zaif」、そして先日のハッキング事件で話題になった「coincheck」があります。

登録自体は無料で誰でも行なえますが、取引には本人確認書類の提出が必須です。また取引所ごとに取り扱っている仮想通貨や手数料が異なるため、一つの取引所だけではなく、複数の取引所を使うことを前提に考えたほうがいいでしょう。

ウォレット

「ウォレット」とは仮想通貨を預ける預金口座のようなものです。仮想通貨取引所に登録するとウォレットが付与されていることがあり、意識することなく取引している人もいらっしゃると思います。

多額の仮想通貨を管理する場合は、ハードウェアウォレットやペーパーウオレット等、セキュリティ性の高いウォレットを使用しましょう。

アルトコイン

「アルトコイン」とは、一言で言えば、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。代表的なアルトコインはイーサリアムやリップルが挙げられます。ちなみに、混同されがちなビットコインキャッシュもアルトコインに分類されます。

トークン

「トークン」は仮想通貨と同様にブロックチェーン技術を用いて発行されます。仮想通貨と同義かと思うかもしれませんが、大きな違いは発行者がいて、なおかつ発行数を決められる点です。

主要な取引所である「Zaif」では積極的にトークンを販売しており、ICOはトークンを発行して出資を募っています。

ICO

「ICO」とは、”Initial Coin Offering”の略で「新規公開通貨」のことを指します。株式の上場である「IPO」は株式を発行して出資者を募っていますが、ICOは独自の仮想通貨を発行して出資者を募ります。このICOで発行された仮想通貨は「トークン」と呼ばれています。

チャート

仮想通貨の価格推移を表すグラフのことです。一定期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格情報から構成されており、その形状からローソク足と呼ばれています。仮想通貨での投資をする場合、チャートを読み取って、価格推移を予測することが必要になってきます。

二段階認証ログイン

ログインパスワードだけでなくスマートフォンに表示される数字を入力しないと認証できない仕組みのことです。自分の保有しているコインが無くなってしまうのは絶対に避けなければならないので、取引所に預けている場合は必ず二段階認証を設定しましょう。

「bitFlyer」では二段階認証を設定したにも関わらず不正ログインによる出金が発生した場合、全額ではありませんが保証制度が存在します。二段階認証を設定することで安全度はグッと増すので、設定可能な取引所では必ず設定しましょう。

仮想通貨取引の専門用語

現物買い/売り

ざっくりと言えば現物取引です。取引所に預けた日本円または仮想通貨の額だけ取引をすることを指します。自分の予算内で投資をするため、計算しやすいことがメリットです。また、ほとんどの取引所は現物取引の手数料が無料であることが多いです。

ロング/ショート

簡単に言えば信用取引のことです。信用買いはロング、信用売りはショートまたは空売りのことです。一言で言えば、取引会社から資金や仮想通貨を借り入れて、自分の預けた金額以上の取引をすることを指します。必要に応じてレバレッジをかけることで自己資産以上の利益を得られることが特徴です。

最大25倍のレバレッジをかけることも可能ですが、その分リスクも上昇します。初心者がレバレッジをかける場合は危険ですので、少ない倍率から始めましょう。信用取引は1日ごとに手数料(スワップポイント)が発生しますので、計画的に行うことが大切です。

追証

「追証」とは追加保証金のことを指します。信用取引によって発生した含み損が、自分が預け入れた保証金の一定比率を下回ったときに追証が発生します。追証を支払えば引き続き取引を継続できますが、支払いを済ませない場合、強制的に決済(ロスカット)されます。

証拠金維持率は以下の計算式から算出されます。

証拠金維持率(%)=有効証拠金(資産合計+評価損益金)÷取引証拠金☓100

このままでは分かりづらいので、具体的な数字を当てはめてみます。

<具体例>

・資産10万円

・取引証拠金10万

・レバレッジ10倍

・仮想通貨取引100万円

・仮想通貨評価額95万円

・評価損益金5万

(資産10万―評価損益金5万)÷取引証拠金10万☓100=証拠金維持率50%となります。

取引所によって追証の基準が異なり、追証のない取引所もありますので、詳細は各取引所の信用取引について確認するようにしましょう。

リミット買い/売り

これはリミット注文とも呼ばれます。買い注文の場合は上限金額、売り注文の場合は下限金額を設定することで設定した価格を超えた場合に、自動的に取引を予約する方法です。

1BTCを500,000JPYで購入して、520,000JPYのリミットを設定した場合、ビットコインが520,000JPYを超えたタイミングで自動的に売りに出されるようになります。一般的には利益を確定するために行われる取引となります。

ストップ買い/売り

通称ストップ注文です。買い注文の場合は下限金額、売り注文の場合は上限金額を設定することで設定した価格を割った場合に、自動的に取引を予約する方法です。リミット注文とは逆に損切りを行うために行われる取引となります。

専門は少しづつ覚えて行けば大丈夫

今回は仮想通貨取引所で使われる用語について解説させていただきました。色々な呼び方があったり、見慣れない単語があったりと、慣れていない人にはハードルが高く感じてしまうかもしれません。

いきなり全ての用語を覚えるのではなく、自分で理解できるところから覚えていき、徐々に慣れていきましょう。