仮想通貨

bitFlyer lightningとは?取引や使い方を解説

ビットフライヤーの新機能

引用:https://bitflyer.com/ja-jp/

この記事ではbitFlyer lightningというサービスを紹介します。

CMや広告などで日頃から目にすることが多い、大手仮想通貨取引所のbitFlyerが運営しているサービスです。bitFlyer lightningはいったいどのようなことを行うことができるサービスなのでしょうか?

bitFlyer lightningはどんな取引を取り扱っているの?

bitFlyer lightningでは現物取引、先物取引、FX取引の三つの方法でビットコインの取引を行うことができます。

それぞれどのような特性を持った取引なのか見ていきましょう。

現物取引

まずは現物取引です。

現物取引はビットコインを時価で買い、時価で売ることができる取引です。

三つの中では最も一般的な取引方法で、単純に「ビットコインを買った(売った)。」と言うと最も多くの人がイメージする取引方法だと思います。

ロングポジションでじっくり資産運用を行いたい方などにおすすめです。

また、取引が最も直感的に行えるので初心者の方にも手を出しやすいと思います。

先物取引

次にLightning Futureというサービス名で提供されている先物取引です。

先物取引は取引を行う前に、あらかじめ取引を行う日時と価格を決めておき、ビットコインの価格の変動に関係なく決められた価格で行う取引です。

価格の変動に関係なく取引できるので売り手も買い手も安心して取引を行うことができるのメリットですが、ビットコインが高騰しても暴落しても決まった価格で取引しなければいけないので先見の明が必要です。

FX取引

最後にLightning FXというサービス名で提供されているFX取引です。

FX取引には大きく分けて二つの特徴があります。

一つ目は店頭取引です。

店頭取引とは実際に投資を行う人がビットコインをビットコインを売買するのではなく、取引所と売値と買値の差額の取引を行います。

つまり、実態としてのビットコインの売買はなく、数字上のみの取引となります。

二つ目はレバレッジです。

レバレッジとは実際の投資額よりも高い価格での取引を行うことができる仕組みです。

例えば、手元に10万円しかなかったとしても、レバレッジをかければ20万円分やそれ以上の額での取引が可能になります。

この様に少し賭けの要素が強い取引がFX取引です。

イーサリアムの取引も

bitFlyer lightningではイーサリアムの取引を行うこともできます。

ただし、イーサリアムの取引はビットコインでしか行えないため一定額のビットコインを保有しておく必要があります。

bitFlyer lightningの使い方

引用:https://lightning.bitflyer.com/

登録方法

https://lightning.bitflyer.jp/docs/manual?_ga=2.115655247.836339247.1525315631-1164403004.1525315631より引用

まずbitFlyer lightningを利用するにはbitFlyerのアカウントを開設する必要があります。

アカウントの作成ページにアクセスし登録を行います。

Facebook、Yahoo!、Googleのアカウントを使って登録を行うこともできます。

ログイン

https://lightning.bitflyer.jp/docs/manual?_ga=2.115655247.836339247.1525315631-1164403004.1525315631より引用

次にhttps://lightning.bitflyer.jp/にアクセスしログインを行います。

パスワードを忘れてしまい、ログイン不能になってしまった場合はパスワードの再設定ページにアクセスしパスワードを再設定しましょう。

取引の方法

https://lightning.bitflyer.jp/docs/manual?_ga=2.115655247.836339247.1525315631-1164403004.1525315631より引用

まず、チャート画面の上部にあるタブを選択することで取引の種類を選択することができます。右から現物取引、FX取引、イーサリアムの取引の順番です。(画像にはありませんが、実際にはFX取引とイーサリアムの取引のタブの間に先物取引を選択することができるタブがあります。)

そして、チャートの右側にある発注画面で注文方法や数量、価格などを設定して「買う」又は「売る」を選択することで取引が完了します。

bitFlyer lightningを始める前に。スプレッドとは?

「よし、使い方がわかったので早速取引だ!」となる前に少しスプレッドについて触れておきましょう。

スプレッドについての全く知らないと「あれ?うまく取引したはずなのに思ったより利益が出ないぞ。」となってしまいます。

スプレッドとは売値と買値の差

スプレッドとは英語のSpread(広がり)からきている用語で、bitFlyer lightningの場合はビットコインの売値と買値の差を表しています。

基本的に取引所は営利企業なのでビットコインを時価よりも僅かに高く販売し、僅かに低く購入し手数料を得ています。

この売値と買値の価格差が、皆さんにとってはビットコインを僅かに高く買い、僅かに安く売ることになり、スプレッドと呼ばれます。

つまり、皆さんが利益の出るはずである取引を行ったとしても、その利益が少なすぎるとスプレッドによって損をしてしまう可能性があります。

取引によってはスプレッド以外の手数料も

先物取引やFX取引をレバレッジをかけて行う場合、一定時間で決済を行わないとスワップ手数料というものが発生します。

また、FX取引と現物取引の間でビットコインの価格差が一定以上になってしまうと、FX取引を行う場合SFD手数料という手数料が発生します

先物取引やFX取引を行う場合は手数料の計算が複雑になることがあるので、慎重に行う必要があります。

bitFlyer lightningのチャートにはどのような機能がある?

bitFlyer lightningでビットコインの価格の推移を確認する場合、三種類のチャートが用意されています。

それらについて特徴なども交えて紹介していきます。

チャートの種類

LightChart、Cryptowatch、Originalの3種類のチャートがあります。

パソコンで取引するか、スマホで取引するかや、取引を行う期間の長さ、どのような分析を行いたいかによって適したチャートを選ぶことができます。

テーマ

様々な色を用いた11種類のテーマもあります。

テーマは基本的に見た目のみの違いなので、「そこまで種類必要かな?(笑)」とも思いますが、豊富に揃えられています。

時間軸

時間軸の設定が豊富であるかどうかは、トレードを行う上で快適さを大きく左右します。

bitFlyer lightningのチャートでは1分単位から週単位まで全13種類の時間軸が豊富に揃っているので、取引を行う期間に合わせて見やすい時間軸を選ぶことができます。

知識が増えればリスクは下がる

FXを始める上での注意点

勿論、現物取引を行う場合もリスクについて考慮することは重要ですが、レバレッジをかけて行うFX取引ではさらに慎重になる必要があります。

レバレッジは少ない投資額で多くの利益を得ることが可能な反面、少しビットコインの価格が下がっただけでロスカットになってしまう可能性が高くなります。

また、手数料も現物取引より高くなる事があるので、その分利益を得るのが難しいとも言えます。

bitFlyer lightningや仮想通貨の取引に限らず、レバレッジをかけて行うFX取引は基本的に諸刃の剣だと言えます。

最初は現物取引から始めた方がリスクは少ないです。

しっかり知識をつけてから取引を始める

bitFlyer lightningは企業の規模や手数料の価格などを考慮すると、他の取引所に決して引けを取らない取引所です。

しっかり知識をつけてリスクヘッジを行えば良い投資先になるのではないかと思います。

取引内容や資産のポートフォリオを吟味した上で投資を検討してみてはいかかでしょうか。