仮想通貨

【図解】アトミックスワップとは?個人間で仮想通貨取引が出来るその仕組み

アトミックスワップとは?

アトミックスワップとは、取引相手の信頼を必要とせずに仮想通貨の取引が出来る技術です。
従来の取引では、異なる通貨を交換する際に必ず相手の信頼が必要でした。

ですが、このアトミックスワップの暗号技術によって第三者の仲介を無くした取引や、相手の信頼を必要としない「カウンターパーティーリスクゼロ」の取引が可能となるのです。
では、そのアトミックスワップについてを以下解説していきます。

現在の仮想通貨取引における問題点

既存の仮想通貨取引では、取引をする際に必ず相手への「信頼」が必要です。
例えば個人間で取引する場合、信頼できる相手でなければ自分の仮想通貨を持ち逃げされるリスクがあります。

互いに通貨を交換する場合はどちらかが先に自分のコインを送金する必要があるのですが、ここで一方が相手からの送金を受け取った瞬間に逃げる事が可能となってしまいます。

友達や知人ならそのようなリスクは低いでしょうが、見ず知らずの他人であれば取引が正当に行われるかの信頼は低いと言えます。
そこで、そのようなその取引を仲介する「取引所」が存在しているのですが、そんな中央主権型の取引所にもリスクがあります。


最近起こったコインチェック事件やマウントゴックス事件がその代表的な例です。
取引所がハッキングされたり、その取引所の社長が預け入れられている資金を持ち逃げしてしまうとユーザーは取引が出来なくなり、資金も失ってしまうのです。


よって、既存の取引では取引相手への「信頼」が必要不可欠なのです。

アトミックスワップの仕組み

アトミックスワップは、上で述べたような問題を解決してトラストレスな取引を実現する事が出来ます。
その仕組みとしてBTCとLTCの交換を例に説明すると、まず以下の図のように、BTCの送り手であるBさんが秘密の情報が入った金庫を作り、それをLさんへ送ります。

この金庫の中にBTCが入っているのですが、金庫を開けてLさんがBさんからBTCを受け取りする為には、Lさんは金庫の鍵を開ける必要があります。
その鍵とは、ハッシュ値が記された秘密の鍵と、Lさん自身の署名です。
そして同じようにLさんもBさんへLTC送る為に秘密の情報が入った金庫を作成してBさんへ送ります。
これも同様に、BさんがLさんから送られてきた金庫を開ける為にはハッシュ値が記された秘密の鍵とBさんの署名が必要となります。

さて、ここでBさんがLさんから受け取った金庫を開けてLTCを取り出すと、同時にLさんへも秘密の情報が送られ、Lさんも金庫から同じ要領でBTCを取り出す事が出来ます。
これが同時に起こるので、どちらかが持ち逃げする事なくトラストレスに取引を成立させる事ができるのです。

なお、このプロセスは両方コインを受け取らなければ成立しないようになっており、例えばLさんはBTCを受け取ろうとすれば同時にBさんへ自身のLTCの秘密情報を送信しなければいけないのです。
この仕組みによって持ち逃げされることなく個人間での取引が可能になります。

アトミックスワップに対応している仮想通貨

現在このアトミックスワップに対応している代表的通貨は「ビットコイン」「ライトコイン」などであり、それに加えて「イーサリアム」や「モナコイン」などもアトミックスワップを成功させています。

また、マイナーなアルトコインでは、オープンガバナンスをコンセプトに置く「Decred」やASIC対策を目的とした「Vertcoin」分散型金融プラットフォームの「Viacoin」などで対応されています。

このようにまだまだ対応通貨の種類は少ないですが、今後対応通貨が増えていけば、個人間でのコインの交換が広く実現できるかもしれません。

なお、分散型取引所DEXである「Altcoin.io」はアトミックスワップを搭載した取引所をローンチさせる計画を立てています。

アトミックスワップにおけるデメリット

一方このアトミックスワップには問題点もあり、それが以下です。

  • 送金時間の遅延
  • 取引手数料がかかる
  • 対応通貨がまだ少ない

送金時間の遅延

アトミックスワップでは既存の取引所とは相対的に取引の処理速度が遅いといった問題があります。

取引の完了までに複数のブロックにてトランザクションが承認される必要があり、ビットコインだとその新規ブロックの生成が10分に1度です。

よって取引にかかる時間が長引いてしまいます。

取引手数料がかかる

アトミックスワップはマイナーにトランザクション手数料を払うオンチェーンでの取引なので、従来通り手数料が掛かります。

現状高い手数料を払わなければ送金が早く完了されないという「スケーラビリティ問題」を抱えたビットコインにおいて、この手数料問題もアトミックスワップの課題となります。

対応通貨がまだ少ない

上述した通り、このアトミックスワップは全ての通貨間で行えるわけではないので、現状限られた通貨のみでしか行う事が出来ず、利用範囲が限られています。

以上のように、送金時間の遅延や手数料は既に問題点として挙げられていますが、ここを解決出来なければ決して日常的に普及することは難しいでしょう。
でなければ、お金のやりとりの利便性が既存の銀行取引よりも悪くなってしまうからです。

アトミックスワップの将来性

以上がアトミックスワップについてでしたが、このアトミックスワップが主流になることであらゆる取引で「信頼」が必要なくなり、今まで懸念であった「中央集権型の取引所」から「分散型取引」へとシフトしていくでしょう。
マクロ的に見ると、取引所のトラブルによって失われた顧客資産は莫大な金額となっています。

そのように「ビットコインは分散的であるのに取引所はいつまでも分散的ではない」という問題があるのですが、アトミックスワップはその問題解決の為の代案となるはずです。

ビットコインなどの仮想通貨が現在のインターネットのように迅速に動く為には、この技術をライトニングネットワークやクロスチェーンなどといった技術と共に発展させていく必要があるでしょう。