仮想通貨

Swiftと提携の仮想通貨Chainlink(チェーンリンク) とは?

仮想通貨Chainlink(チェーンリンク)とは?


引用:SmartContract公式サイト

Chainlink(チェーンリンク)とは、アメリカのニューヨークに本社を置く「SmartContract社」が開発したミドルウェアです。
ミドルウェアとは、アプリケーションソフトウェアの間に介在するソフトウェアのことであり、これによってイーサリアム上にあるスマートコントラクトとオフチェーンやAPIといった外部データとを繋ぎ合わす事が出来ます。

そもそも既存のスマートコントラクトはオフチェーンやAPIといった外部リソースと通信することは出来ず、「外部接続性の欠陥」といった問題がありました。


引用:SmartContract公式サイト

しかし、このような問題をChainlinkを使って解決する事ができます。
では、以下よりCnailinkについて解説していきます。

Chainlink(チェーンリンク)の特徴

外部リソースとスマートコントラクトを繋ぐブリッジ機能

上述した通り、Chainlinkを用いる事でスマートコントラクトの外部接続問題を解決し、あらゆる外部リソースに接続する事ができます。


引用:SmartContract公式サイト

この外部リソースへの接続によってブロックチェーンに直接繋がっていなかった決済、証券、保険といった金融分野のあらゆるデータとも接続してスマートコントラクトを活用する事が可能となるのです。
つまりはChainlinkが外部データとのブリッジ機能を果たします。

LINKネットワーク


引用:SmartContract公式サイト

上述した外部ネットワークとの接続はChainlink上の「LINKネットワーク」にて行われます。
これによって銀行の支払いや小売に関する支払い、Web上のAPIや他のブロックチェーンなどをスマートコントラクトと接続する事ができます。
よって、ユーザーは外部データと接続されたデータを利用できたり、スマートコントラクトを使った銀行の支払い、そしてその他のデータやAPIの活用などができます。

なお、上の図の通り現在はビットコイン、イーサリアム、HyperLedgerの三種類のスマートコントラクトに対応しており、APIを提供する開発者達は「Chainlinkノードオペレーター」となります。
ノードオペレーターは利用者から対価として独自トークンであるLINKトークンを受け取る事ができます。

ネットワーク上で使用される「LINKトークン」

Chainlinkのネットワーク上ではERC20に準拠した「LINKトークン」が使用されており、このトークンはして上述したように、Chainlinkネットワーク上での使用料の支払いとして利用されます。
Chainlinkの利用者は「Chainlinkノードオペレーター」に対してLINKトークンを支払う必要があり、その使用料はオペレーターによって設定されます。
まさにChainlink経済圏を動かす為の貨幣となるのがLINKトークンなのです。

ChainlinkはSwiftと提携している

Chainlinksは、国際送金や証券取引の際に金融機関に金融メッセージサービスを提供するSwift(国際銀行間金融通信協会)と提携しています。Swiftが主催する国際会議Sibosを境にSmartContract社はSwiftと締結し、Chainlinkを使ったブロックチェーンの実証実験を成功させました。
このようにグローバルな金融業界を牛耳る巨大なパートナーとの提携によって、益々Chainlinkプロジェクトの期待は高まります。

RippleとChainlinkの違い

なお、Swiftと提携するプロジェクトという事で、同じように金融機関を取り込むプロジェクトとしてRippleのソリューションが挙げられます。
これらの違いを明確にすると、RIppleのソリューション技術ILP(インターレジャープロトコル)は、異なる台帳を繋ぎ合わせて銀行間で迅速に低コスト送金ができる事を根底に置く技術です。
対してChainlinkはイーサリアムなどのスマートコントラクトと外部データとを安全に汎用的に接続する事を目的としています。

そのように、根底にある思想はそれぞれ異なっているのです。

Chainlink(LINK)を購入できる取引所とチャート


引用:coinmarketcap

ChainlinkのLINKトークンは大手取引所である「Binance」「Huobi」などで購入する事がきます。
Binanceは業界最安値を誇る取引手数料、Huobiは日本語対応で取り扱い銘柄も豊富な取引所です。

なお、LINKトークンの価格進捗ですが、2018年1月をピークに高騰を魅せましたが、現在は時価総額およそ190億円の1LINK=50〜60円程で推移しています。


引用:coinmarketcap

Chainlinkの将来性

以上がChainlinkについてでしたが、スマートコントラクトは今までの「契約・取引」の概念を覆すオルタナティブな方法です。
ネット上で仲介者無しの完全トラストレスな取引が出来るのがスマートコントラクトですが、今までの取引の環境を見るとFace to Faceの対面取引からネット取引へと徐々に便利な形態へとシフトしてきました。

この革新的技術がさらに発展し、に世の中に認知され始めるとこのChainlinkへの需要も高まるのでは無いでしょうか。