仮想通貨

ビットフライヤー上場のリスク(Lisk)とはどんな仮想通貨なのか?

ビットフライヤーがついに動く

2018年1月31日、ビットフライヤー社は仮想通貨「Lisk」の取り扱いを開始することを発表しました。

つい最近、同じ業界大手の取引所であるコインチェックでは数百億規模のハッキングに遭うという、業界にとっても人類にとっても大惨事な市況でしたが、そんなシビアな状況下でビットフライヤーは堂々と新しい仮想通貨の上場を宣告したのです。

今回のコインチェック事件の騒動のように、ベンチャー企業がかなり高度なセキュリティーを求められるというのが現在の取引所ビジネスの厳しさであり、どのコインを取り扱うかは非常に重要で、取引所も投資家も互いにかなりの目利き力が必要でしょう。

今回リスクが取引所に上場しましたが、上場というニュアンスを使っているだけで、まるでどこかのベンチャー企業がIPOをして株式市場に上場したかのように聞こえます。

しかしその正体はバーチャルな「仮想通貨」なのです。

以下より、今回上場したリスクについて述べます。

上場した仮想通貨リスク(Lisk)とは?

Liskとは、分散型アプリケーションプラットフォームを構築し、ブロックチェーン技術をもっと使いやすくして、分散化された組織を実現させるという思想を持ったブロックチェーンアプリケーションですが、厳密に言うとその思想はプラットフォームの構築で、そこで流通するのが「LSK」という仮想通貨です。

このような分散化されたアプリケーションのことを、Decentralized Applicationsを略し「DApps」とも呼びます。

Liskはイーサリアムと似た性質を持っており、Liskをベースにプロジェクトを実行したり、経済圏を作ったりすることができるのですが、例えば企業やプロジェクトが独自のトークンを発行して資金調達する「ICO」などの場合、リスクはICOプラットフォームとしての役割を担います。

スマートコントラクトという技術によって、あらゆる業務管理を、人を介さずに簡単なプロセスで提供できるのです。

「誰もが使いやすく、簡単に利用できるプラットフォームを作る」というビジョンがLiskの公式ページに記載されていますが、それがリスクの概念であり、リスクが映す未来なのでしょう。

またリスクでは「Java Script」と言う比較的ベーシックな開発言語を使うので、技術者にとっては容易に順応できるようにデザインされています。

「簡単・使いやすい」などのフレーズがよく出てきましたが、これはLiskのCEOが持つ「スティーブ・ジョブズが創ったApple社」に似た理念があるからです。

それに関しては動画で本人がコメントをしています。

これらが、あらゆるものが非中央集権化になることを望むLiskのCEOのビジョンです。

とは言っても、これも仕組みも何も理解されないまま、投機の為のおもちゃとして売買される可能性があるのが悲しい現実です。

ビットフライヤーで上場したリスク(Lisk)

ビットフライヤーがモナコインに続いて上場させたのは、ビットコインのハードフォークコインではなく「リスク」でした。ビットフライヤーはコインチェックよりも取り扱い銘柄も少なく、上場の銘柄に慎重であるというのが筆者の見解でしたが、今回は日本語のホワイトペーパーすら無いコイン銘柄。

元々フォロワーが18万人程いるLiskの公式ツイッターでも、日本の取引所に参入するとの発表があり「それはビットフライヤーなのでは?」という声もありましたが、ビットフライヤーの世界での知名度も考えると、ある程度予想できたのかなとも思えます。

しかし、このように海外の暗号技術者達が作ったものをグローバルに世界の取引所で上場できるのですから、これは考えてみればとても革命的なことです。資本市場はグローバルに拡大するのです。

リスク(Lisk)が買えるのは販売所のみ

ビットフライヤーでリスクを購入できるのは取引所ではなく販売所です。現状ビットフライヤーでアルトコインが販売されているのは、取引所ではなく販売所であるということを忘れてはいけません。

つまり、ユーザー同士で売り買いするのではなく、取引相手はビットフライヤーというディーラーなのです。よってスプレッドが広がれば広がるほど胴元に寺銭を支払わなければなりません。

例えば2018年2月2日現在の販売所の様子を見て見ましょう。

このケースの場合、買値と売値との差が420円でスプレット差は14%以上です。つまり、買った後にこの価格で売ると420円を胴元に支払って退場することになります。なのでこの場合の損益分岐点はスプレッド分の値上がり分で、投資家にとっては明らかに高すぎるのです。

知らずに購入や売買を繰り返していると、いつのまにかクレジットカードの金利分くらいは余裕で払っている事になるかもしれないので、見えない手数料とも言われるスプレッドには注意しておきましょう。

Liskの上場当時の時価総額

リスクの時価総額は上場初日「To the moon」(月に向かって上昇する様の比喩表現)と言わんばかりの爆上げを見せました。しかし、当日は一瞬の値上がりを見せた後、徐々に価格が落ち着いてきます。

リスクの時価総額は上場後で約3,000億ドルで推移しており、時価総額は15位辺りで推移しています。

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/lisk/

似たような使われ方をするとされているイーサリアムは、ビットコインの次に大きな時価総額を誇っており、仮想通貨時価総額ランキングで2位をベタ張り状態です。

イーサリアムをベースにしたICO以外にも、今後様々な選択肢が生まれてくるでしょうし、Liskもプラットフォーマーの1つとして激しい競争に入ってくることとなるでしょう。

アップデートが延期となったLisk

Liskのアップデート状況ですが、直近アップデートを控えていた「LiskCore1.0」は延期となりました。

以下は開発のロードマップです。

引用https://www.reddit.com/r/Lisk/comments/7fe4ux/lisk_development_roadmap/

Liskのメインシステム「LiskCore1.0」は完成時期を過ぎても、まだアップデートが行われていないこともあり、投資家は余計に期待を寄せていることでしょう。今回はメジャーなアップデートとなるので、投資の判断としては好材料となるイベントかもしれません。

アップデートの延期については、ハードフォークの延期なども良くあったことから暗号通貨投資家としては驚くことではないかもしれませんが、アップデートは開発分野だけではなくブランディングの部分でもなされます。

サイトやロゴも変更するとの情報があり、特に「Lisk」という名前は不確実性が高いという意味の「Risk」に似ています。本記事もカタカナで「リスク」と記すと読み間違えてしまいそうになる位です。

仮想通貨「Lisk」の将来性

Liskのような分散型プラットフォームの整備・増加によって、今後のICO案件の増加も期待できます。しかし、どれだけ最もな理由があったとしても、それが将来、世の中の仕組みの一部として普及されるという保証はありません。

あらゆる企業がLSKトークンを使って簡単にICOのプロセスをできるのは魅力でありメリットの1つですが、その分ICOの市況と関連することが予想されます。つまり、今後ICOに規制がかかるとすれば、ICOプラットフォームをモデルとした仮想通貨の銘柄は、それに左右される可能性が高いというのが筆者の見解です。

期待値先行で買われる仮想通貨ですから、将来の価値は割安か割高かは読めないでしょう。

「今後多くのICOは何千万ドルも資金調達することは難しくなる」とLiskのCEOは述べていますが、「それぞれの組織や企業がそれぞれの規模感でICOをして独自の経済圏を作れるようになる」という将来ビジョンには筆者も共感できる部分であり、今後のICO市場は、今までのような大型案件は減り、Liskのプラットフォームによって小規模のICO案件が増えてくるのかもしれません。

Liskによる分散化社会に期待

このような非中央集権型のシステムによって、私達に活躍できる機会を与えてくれるプラットフォームが増えてくると思われるので、個人的に非常に楽しみでもあります。

Liskは、「非中央集権化された未来を作り上げる」といった創業者達の想いがあり、筆者も個人的に応援したいコインで、分散化された未来にはかなり共感度を高く持っています。

今後は分散されたプラットフォームによって、あらゆる組織の在り方が変化するかもしれませんし、組織がいつまでも既存の中央集権型ではなく、いずれ分散された新しい組織へと変わり果てるかもしれません。

未来は不確実だからこそワクワクするもので、そういう意味での「期待値」が良くも悪くも今の仮想通貨には多く寄せられています。しかし、投資家と技術者(ICOを実行する企業)双方へのアナウンスが必要で、そのバランスを保つ必要があるでしょう。

今後はトークンの個人間での価値交換だけではなく、不動産や、絵画、音楽などあらゆる所有権の「peer to peer(P2P)」の移行に応用するプロトコルが完成すれば、とても面白い未来になると筆者は読んでいます。

仲介者不在によって個人が権限を持つ分散化社会が非常に楽しみです。

関連記事