仮想通貨

ついに仮想通貨は人工浮遊諸島までにも受け入れられる時代に

あなたはいつまで政府の管理下で暮らすのか

あなたは政府から受ける厳しい事業規制やら金融政策に息がつまるような苦しい思いをしていないでしょうか。

そんな問題から解決するためにあなた自身の政府がある島を海に創造し、仮想通貨を主に入札として使って、統治する時代が来るかもしれません。

海洋は深刻に汚染された地球にとって欠かせない存在であると同時にビジネスの成長を阻害する側面を持ちます。外交問題や、関税や各国の規制の相違により行動が制限されてしまうからです。

そんな中スタートアップ企業であるBlueFrontiers社と専門家のグループSeasteadingは300もの家族が生活でき、彼ら自身で築き上げる政府と通貨が存在する人口島を建設しています。

Seasteadingグループは海洋専門家や、警備員、投資家、医者、海事弁護士などから構成され同じ自由主義理念を抱いています。

出典:http://www.blue-frontiers.com/en/varyon

火星でユートピアを創造するイーロンマスク氏のような建設者にとって、仮想通貨は効率的で尚且つ平等な入札の役割を担うことになり欠かせない存在です。

現在の政府のモデルの中核となる構造の特徴は、中央集権化です。過度の中央集権化は、官僚や議員達による非効率化に陥ってしまい、本来彼らが奉仕すべき人々を切り離してしまいます。適切な技術的解決策が与えられれば、それは政府が分権化を図る絶好の機会となるのです。 その技術的解決策こそシーステディングなのです。

引用:https://www.blue-frontiers.com/ja/varyon

ポリネシア諸島がこのプロジェクトの出発点として選択され、BlueFrontiersの研究員Nathalie氏によると、珊瑚が土地に残り、海面上昇で土地が消滅してしまうポリネシア諸島で行うことが重要だと主張しています。

そのため、最初のプロジェクトは将来の浮遊システムのためのテスト環境となります。

またBlue Frontiersは資本調達のためのICOがプレセールとして行われており、ビットコインか、イーサリアムか、ZENにより購入する事ができます。

引用:https://www.blue-frontiers.com/ja/whitelist

Varyon(VAR)はBlue Frontiersが創造するエコシステム、他のエコシステムにおける商品やサービスの購入、トークン保持者同士の交換を目的とした多用途決算トークンとして使われます。

またBlue FrontiersはVaryonの売却収益を利用した自社のエコシステム拡大やシーゾーンやシーステッドの創造を計画しており、Blue Frontiers社の商品、サービスには、Varyon以外の通貨は使えません。

プロジェクトとホワイトペーパーは取引のために他の仮想通貨には対応していないことにより、完全なオープンな政府の枠作りが可能となります。

このような規制の柔軟性を持つ小規模な政府のシステムは、政治や中央銀行の官僚制などによる古い慣習や既成概念により成長性が滞っている大国に対して他に類を見ない立場となっています。

およそ10年かかると言われてこの大規模なプロジェクトですが、シナリオ通りにいけば火星にも海洋にも誰にも縛られず行きたいところに行く事が可能な時代が到達するかもしれません。

それでも我慢して政府の元で生活をするか、あなたの意思が尊重されるユートピアで生活するかはあなた次第です。

マトリックススプレッドシートが匿名仮想通貨の全貌を暴く「プライバシーコインマトリックス」あなたの欲しい情報が、ここにある 投資判断する際に公式サイトにアクセスしてホワイトペーパーを見たり、...