草コイン

Neblioとは?NEBLトークンや取り扱い取引所なども解説

Neblioとは?

Neblioは法人向けのプラットフォーム

Neblioはブロックチェーンの導入をより容易する企業向けのプラットフォームです。

ハッキングの難しさや非中央集権的な仕組みなどから、ブロックチェーンのシステムをサービスなどに取り入れたいというニーズは企業を中心に増加しています。

そんなニーズを叶えるために、よりわかりやすいプログラミング言語でブロックチェーンの導入を後押しするプラットフォームがNeblioです。

NEBLトークンとは?

NABLNeblioのブロックチェーンプラットフォームを使用して作成され、発行されているトークンです。

トークンとは?

BitcoinEthereumのように独自のブロックチェーンを持っておらず、ブロックチェーンプラットフォームを利用して作成された仮想通貨の銘柄などを指してトークンと呼称します。

仮想通貨と厳密に分類されているわけではないので仮想通貨の一種といったような認識で問題ないと思います。

NEBLPoSを導入

NEBLは取引検証方法にPoS(Proof of Stake)を導入しています。

PoSNXTBlackCoinなどで使われている取引検証方法で、コインの保有量とコインの保有期間をもとに導き出された値がより大きい人が、マイニングで有利になることが特徴です。

PoSは多くのコインを所持している人でないと強いハッシュパワーを得られないことなどから、Bitcoinなど多くのコインが導入しているPoWよりも攻撃が起こりにくいとされています。

独自のウォレット

https://nebl.io/wallets/より引用

NEBLにはNeblioの開発チームが独自に作成したorionというウォレットがあります。

orion公式サイトにアクセスし、利用規約絵の同意とADD WALLETよりCREATE NEW WALLETを選択することでウォレットを作成することができます。

バックアップをとりリカバリーフレーズをメモあるいは印刷したら、ウォレットのアドレスを取引所の送信先に張り付ければトークンの移動ができます。

取引所のウォレットに大金を長期間保管しておくのはセキュリティ上あまりよくないので、出来るだけorionに移動して保管するようにしましょう。

NEBLを取り扱う取引所

NEBLは日本の取引所では扱っておらず、海外の取引所で取引を行わなければいけません。

現在NEBLを取り扱っている取引所は

  1. Binance
  2. Cryptopia
  3. HitBTC
  4. Kucoin
  5. OEX

5つの取引所です。

もし取引を行うのであれば、取引量の多さや手数料の安さなどからBinanceがおすすめです。

Binanceは世界一のシェアを誇る中国の仮想通貨取引所で、NEBLBinance coin(Binance独自で発行している仮想通貨)BitcoinEthereumとの取引が可能です。

Neblioの将来性

Neblioは今後の方針としてロードマップを示しています。そこで、ロードマップの概略を見ていきましょう。

様々な言語に対応したRESTful APIの展開

Neblio2018年にPythonGoJavaScriptRubyNETJavaNode.jsなどの様々なプログラミング言語に対応した、画期的なRESTful API(RESTfulという種類の公開されたソフトウェア)を展開するとしています。

様々なポピュラーな言語に対応したブロックチェーンプラットフォームを提供するということです。

企業へのマーケティングキャンペーンの実施

次に企業のNeblioブロックチェーンのビジネスへの活用を促進するためにマーケティングキャンペーンを行うとしています。

現在はブロックチェーンの良い活用方法が見出すことができていない企業も、ブロックチェーンの魅力を最大限に生かしたビジネスを行うヒントになるかもしれません。

Neblio Suite v2のリリース

続いてNeblioはユーザーのフィードバックや企業のニーズなどを元に、プロトコルの単純化やビジネスへの最適化などにおいて更なるイノベーションを行なったSuite v2をリリースするとしています。

ブロックチェーンプラットフォームの意義

もちろんPoSを導入しているNEBLの今後の動向は気になりますが、より興味深いのはプラットフォームとして提供されているNeblioです。

ブロックチェーンというと仮想通貨のみに注目されがちですが、分散して情報を管理し様々な人が検証作業に参加するという仕組みは、セキュリティなどの面で優れていることなどから、様々な分野で活躍することができるであろう画期的なシステムです。

しかし、企業などがそれぞれ独自でブロックチェーンを作るとなると多くのエンジニアや時間が必要になるため現実的ではないことも多いと思います。

そこで、ある程度形作られたブロックチェーンのシステムをプラットフォームという形で企業に提供するというNeblioの事業はとても意義があると思います。

また、Neblioが示したロードマップを見て筆者は「ユーザーファーストなNeblioの姿勢」をとても感じました。

ロードマップの至る箇所で「フィードバックを取り入れた改善」という趣旨の記述がみられ、日々ユーザーの声を反映したアップデートを行い続けることを目指しているのが伝わって来ました。

しかし一方で、まだ今後の展望については具体的な内容までは詰められていない面も多いと感じたので、今後の発表を注意深く見守る必要がありそうです。