仮想通貨

イオス(EOS)が0円になってしまった訳とは

もしかしてEOSを購入してそのままにしていませんか

引用:https://eoscountdown.com/

去年の7月からICOが行われているイオス(EOS)についてですが、必要な手続きを行わないと、あなたが所有するEOSトークンは紙切れ同然になります。

あわせて読みたい
なぜ仮想通貨EOSは注目されるのか?コインの価値とその将来性時価総額上位の仮想通貨EOSとは? 出典:https://eos.io/ Eos(イオス)の名を一度は聞いたことがあるのでは...

ICOが2018年6月1日に終了するにあたり、6月1日の23時59分59秒(UTC協定世界時)から23時間の間イーサリアム上のEOSトークンは凍結されて動けなくなります。

そのためメインネットへ移行となる7月3日までにERC20としてEOSトークンを保有している方は、移行先となるEOSメインネットトークンの登録手続き後にトークンスワップすることをオススメします。

しかし公式サイトによりますと、まだ半数のEOSの移行が完了していない状態となっております。

引用:https://eosauthority.com/genesis

EOS公式サイトでもERC20であるEOSを既存のEthereum Walletから移動するメインネット移行サポート対象である下記の取引所に移すよう推奨しています。

方法としましては下記の取引所に移しておくだけで良いです。

BINANCE

私たちはEOSメインネットワークスワップの移行について支える事を心から歓迎しております。

またEOSを保持されているユーザーのためにあらゆる技術要件に対応いたします。

引用:https://goo.gl/onwT84

あわせて読みたい
取引所バイナンス(Binance)の入金、送金、ログイン方法についてバイナンス(Binance)の取引の仕方について (引用:バイナンス公式HP) 仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)...

Bitfinex

Bitfinexは来たるEOSメインネットトークンスワップ移行をサポートさせていただく発表できる事を心から嬉しく思っております。

EthereumからEOSメインネットまでの取引につきまして我々はあなたのためにあらゆる技術によりスムーズに行えるように致します。

引用:http://blog.bitfinex.com/announcements/eos-mainnet-token-swap/

あわせて読みたい
Bitfinex海外取引所とは。登録、使い方からレバレッジまで徹底調査Bitfinex海外取引所とは 引用:https://www.bitfinex.com Bitfinexは、Bitfinex...

Kucoin

KuCoinは、この度EOS メインネット トークン スワップのサポートをさせていただけることになった旨をお伝えできる事を大変光栄に思っております。

全てのEOSトークンホルダーの方が取引出来るようお手伝いさせていただきます。

引用:https://news.kucoin.com/en/kucoin-will-support-the-eos-mainnet-token-swap/

あわせて読みたい
Kuocoin(クーコイン)取引所の登録方法とお得なトークン「Kuocoin」とはどんな取引所か? 引用:https://www.kucoin.com Kucoinは2017年の8...

この他にもメインネットへの移行にサポートすると公式声明を出した取引所についても紹介しておきます。

Kuraken

7月2日にEOSがメインネットに移行するにあたりKrakenは、トークン移行の取引のお手伝いの方をさせていただきます。ただし今現在Krakenに保管していただいている方につきましては、移行させる必要はございません。

あわせて読みたい
仮想通貨の国際取引の味方、ビットコイン取引所kraken(クラーケン)世界有数のビットコイン取引所としてのkraken Krakenは、世界有数のビットコイン取引所として海外では名をはせています。 ...

Zebpay

Gopax

CoinDCX

Bibox

Bithumb

McAfee砲が再び放たれ、仮想通貨を賑わせてくれるのか

今週、ビットコインを始めとする仮想通貨が弱気市場の中、今回の移行を控えたEOSは、$12.30あたりを推移しており、高値である$14.17を記録するも3日間で後退を見せました。

メインネットへの移行の話題が盛り上がる中ある人物が非常に興味深い発言を残しました。

「EOSは7月中旬ごろまでに$36に高騰します」

マカフィー砲こと、John McAfee氏による声明で明らかになり、McAfee氏はこれまでTRONを始めとする仮想通貨に言及して、その後言及の的となった通貨が高騰したことにより今も彼の言動に注意を払っている方も多いのではないでしょうか。

7月に実現とされる彼の予測が正しければ現在$12.48のEOSを購入した場合、EOSは$36に跳ね上がり、188%ものリターンを獲得することが出来るという計算になります。

この他にもGolemが$3に上昇,Docademic$2.50,Bitcoin Private$200と4種類の仮想通貨について言及しました。

McAfee氏のTwitterをフォローするフォロワーは連日TRONを始めとする仮想通貨への価格予想についての質問により、彼を悩ませている日々が続いています。

それに対してMcAfee氏はこのように答えました。

Have not run the numbers. My computing power is limited

私の計算能力には限度があるように、将来の価格を試算することにも限りがある。

匿名性の高いBitcoin Privateを宣伝していることに人々は避難するなど、彼への話題が尽きません。

もしかしたら今回も彼の予測通りに対象となる仮想通貨が上昇するかもしれません。引き続き彼の動向には注目しておくべきでしょう。

あわせて読みたい
金融界の大物ジョンマカフィーの仮想通貨市場への影響力ジョンマカフィー(John McAfee)とはどんな人物? みなさんはジョンマカフィー(John McAfee)という人物をご存知...

繰り返しになりますが、イオス(EOS)は5月中に対象となる取引所へ移しておかなければただのデジタルゴミ化として価値はなくなる可能性が高いため、余裕を持って行動することをオススメします。

続報についてはこちら

あわせて読みたい
EOSIO 1.0が遂にリリース!価格も20%以上の急騰へついに時は来ました。 EOSの運営団体であるBlock.oneは6月2日、公式ブログでEOSのオープンソース・ブロックチェーン「E...