草コイン

仮想通貨Request Network(REQ)とは?その特徴と将来性

仮想通貨Request Network(REQ)とは?


引用:Request.Network公式サイト

Request Network(REQ)とは、オンライン決済を主としたイーサリアムベースの分散型プラットフォームであり、そこで通貨としての役割を持つのがREQトークンです。
同プラットフォームを利用する事で、決済や請求書、会計、IoTなどといったあらゆるサービスを第三者の介在無しで利用する事が可能となります。

では、以下よりそんなRequest Networkについて見ていきましょう。

Request Network(REQ)の特徴


引用:Request.Network公式サイト

上述したように、Request Networkでは様々なサービスを第三者の介在無しに利用する事ができ、スマートコントラクトを駆使してプロセスを自動化します。
では、その各ユースケースを解説していきます。

オンライン決済


引用:Payments.Request Network

Request Networkではブロックチェーン技術によって安全で仲介者不在のペイメントネットワークを構築し、これによって手数料を削減して尚且つ情報漏洩リスクを防ぐ事ができます。
そもそも既存のオンライン決済ではクレジット会社や銀行といった金融機関が介在しており、利用者は個人情報を全て一元管理され、更に金融機関に利用料としての大きな手数料を中抜きされてしまいます。

しかし、Request Networkではそんな運営機関を排除する事で手数料を削減し、他の支払いと相互運用性を持たせる事でシームレスな決済を実現させるのです。

請求書の発行


引用:invoice.Request Network

Request Networkでは請求書をリアルタイムで発行して課金する事が可能です。
そしてスマートコントラクトを用いる事で「延滞料・前払い・税金」などに対応させる事ができ、要求されれば即座に実行できます。

会計と監査


引用:Request.Network公式サイト

ブロックチェーンを駆使してリアルタイムでの会計やスマート監査を呼ばれるアルゴリズムを提供します。
このRequest Networkが一つのデータプラットフォームとなり、企業は同プラットフォームを利用する事で即座に会計や監査関連のサービスを受ける事ができ、従来よりもコストを削減する事ができます。

IoT


引用:IoT.Request.Network

Request Networkでは、上述したような分散型決済や請求書の機能を利用することでIoT(Internet of Things)への応用も構築されています。
上述したように決済は仲介会社を排除し、請求書の支払い等はスマートコントラクトによって自動的に処理する事ができるので、これを応用して様々なモノをインターネット化するIoTデータサービスを提供します。
様々なモノと言いましたが、まず身近に考えられるのが家の鍵や車の鍵、リモコン、水道、電気メーターなどでしょう。

これらのものを一つのデバイスに集約する事で管理が非常に楽になり、電気代や水道代などを即座に支払いする事もできます。
このように、Request NetworkはIoTによって第三者を信頼することなく便利に利用することができるデータ提供を目指しします。

Request Network(REQ)を購入出来る取引所とチャート


引用:coinmarketcap

REQを購入出来る取引所は、主に「Binance」「Huobi」となっています。
大手取引所Binanceは手数料が0.1%と安価であり、同じく大手取引所のHuobiは日本語に対応しておりアルトコインも豊富に取り扱いされています。

なお、REQの価格推移ですが下記チャートの通り、2018年1月をピークにその後は右肩下がりに価格を落としています。


引用:coinmarketcap

現在は1REQ=15円程で推移しており、時価総額は125位となっています。

Request Networkのパートナーシップ


引用:Request.Network公式サイト

同プロジェクトはオランダのING銀行やカルフォルニアのベンチャーキャピタル(VC)であるY Combinatorなどから支援を受けています。
他にも公式サイトを見ると、ロンドンの総合コンサルティングファームである「pwc」や、分散型取引所DEXを構築する「KyberNetwork」、分散型コンピューティングサービスを提供する「iE.ec」などもパートナーとして記載されています。(※詳しくはRequest Network公式ブログに記載)

分散型取引所KyberNetwork(カイバーネットワーク)とは?KyberNetwork(カイバーネットワーク)とは? 引用:KyberNetwork公式サイト KyberNetwork(...
仮想通貨iEx.ec(アイエグゼック/RLC)とは?その特徴と将来性仮想通貨iEx.ec(RLC)とは? 引用:iEx.ec公式サイト 仮想通貨iEx.ec(RLC)とはイーサリアムのスマートコントラ...

今後は実需を生み出すプロダクトを展開出来るかが一層重要となってきますが、実際に協同でサービスを提供できるような企業と提携を交わせば、その価格は高騰する可能性もあるのではないでしょうか。

Request Networkの将来性


以上がRequest Networkについてでしたが、IoTサービスに関しては他にも現在時価総額10位に位置している「IOTA」という仮想通貨が存在しています。
このIOTAもIoTデバイス間の支払いの効率化を目指す仮想通貨であり、時価総額は4,000億円を超えています。更にIOTAは既にIT企業およそ20社と契約を交わしている為、大きな差を付けられているというのが現状でしょう。

しかし、IOTAもロードマップの先行きがどうなるかは予想が出来ず、政治的なパートナーシップや開発進捗で大きくその差は縮まっていく可能性もあります。

いずれにせよ、今後あらゆるものがネットワーク内で完結するようになれば便利であるという事は確信的でしょう。
物理的なモノは、無くす恐れがあり管理も面倒な所があります。
そこで、このRequest Networkによる決済とIoTのシナジーに注目して置きたい所です。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。