草コイン

Docademicにより無償で医療を受けられる時代に

病院にわざわざ訪れる必要がなくなるのか

あなたはDocademic(ドカデミック)をご存知でしょうか。

DOCADEMICは既に世界20カ国で利用されており、ブロックチェーンとAI(人工知能)により医療を無償で提供をし,ヘルスケア製品とサービスに特化したプロジェクトのことです。

既に4月6日にICOによる資金調達を成功しており、MTC(メディカル・トークン・カレンシー)と呼ばれるトークンが販売されました。

ICO基本情報
ステータス成功
トークン記号MTC
開始日時2018-03-06
終了日時2018-04-06
初回価格1 MTC = 0.000035 ETH
トークン供給数350,000,000

3つのMTCトークンの役割

1:保有者はDOCADEMIC PLATFORM上の製品とサービスの決済に利用できます。

2:患者さんとお医者さんとの対話通貨として診察の料金に利用されます。

3:取引所において取引可能な通貨です。

MTCはヘルスケアの他にも金融や他の業界にも参入するにあたり、全ての会社、団体、個人がMTCをBitcoin,Ethereum,Rippleなどの仮想通貨として利用できるよう努力していきます。

DOCADEMICの成長を期待する思いが強まると共にMTCの利便性も高まり、あなた達はパートナーからのサービスや我々の機能をMTCにより利用することができるでしょう。

引用:https://goo.gl/twP4Q1

DOCADEMIプロジェクトについて

DOCADEMICプロジェクトは、DOCADEMIC APP(ビデオ遠隔医療サービス)と世界中の利用者が使用するAI支援ツール医学界のためのSocial Network(医者のための情報管理)がDOCADEMIC PLATFORMを構成しています。

引用:https://ico.docademic.com/

この2つの技術を組み合わせる事でレベル高い基本的な医療を無償で受けることが可能となり、私たちはSNSや開発中のアプリから現在の医療の利点と、知識にアクセス・共有することができます。

引用:https://ico.docademic.com/

健康に何かしらの問題を患い、アドバイスや診断をしていただきたい人は、その国から患者と医者を無償で橋渡しをするワンタッチシステムによりアプリを見るだけで医療情報を取得でき、必要とあれば医者とオンライン上でビデオテレメディシンにより、診察が可能です。

そして、各患者さんの情報である個人情報はブロックチェーン上で厳重に管理されているため、不正や改ざんが不可能になり、医者によるミスの隠蔽が予防でき、お医者さんは情報共有が可能であり、適切なアドバイスを下すことが可能です。

またDOCTORSソーシャルネットワーク上で進行中の医学教育や医療中の紹介、疫学データのリアルタイムレポートの提供、医師のためのツールなどを提供しています。

難病にかかってしまった際や、かかりつけ医から断られた場合でも情報収集して最善な策を見つけるのに適しています。

MCTを購入ができる4つの取引所

現在MTC(メディカル・トークン・カレンシー)は

HitBTC

IDEX

Stocks.Exchange

Sistemkoin

にて上場され取引されています。現在はビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),ドル(USDT)のみ扱い種類がないため、購入する場合は一度こちらの通貨に変えていただいてから4つのうちどれかの取引所で購入していただくことをおすすめします。

HitBTCにおける利用方法についてはこちらになります。

HitBTCの評判は?事前に知っておくべき特徴と基本的な使い方HitBTCは世界9位の出来高を誇る取引所 出典:https://hitbtc.com/ HitBTC(ヒットビーティーシー...

上場してから現在は$0.40で取引されており、最も取引量の多い香港のHitBTCでは13億円もの取引がされています。

引用:https://hitbtc.com/exchange/MTC-to-BTC

あのJohn McAfee氏がアドバイザーに

John McAfee氏は仮想通貨市場において、大胆な預言者として常に注目されている人物ですが、DOCADEMICプロジェクトにおいては、顧問を勤めています。

この他にも企業家から医学関係者などが関わっており、既にプロジェクトも始動していることから大変期待の高いプロジェクトだとうかがえます。

引用:https://ico.docademic.com/

最近の彼のツイッターではMCTをはじめとする5種類の仮想通貨上昇について言及しており、MCTに関しては7月までに現在の$0.40から$2.50に上昇すると予想しています。

そんなMcAfee氏は、予測が外れた場合、彼自身はこのように発言しています。

MCTをはじめとする通貨の上昇は未だ動きを見せていませんが、これからの動向に目が離せないことに違いはありません。

DOCADEMICの将来性

Docademicの他にもヘルスケア、医療においては、AI人工知能医療に特化したNAMコインやDentacoinが存在しています。

また公式サイト上のロードマップを見ますと、Docademicはグローバルなヘルスケアサービスの構築を目指し、トークン保有者が誰でも参加可能なプラットフォームを目指していることがわかります。

引用:https://ico.docademic.com/

今後はアメリカ、欧州、アジアとプラットフォームの開設して規模が大きくなるようで、ユーザーが高まりMCTトークンが診療報酬として利用されるようになれば価格が今よりも高騰するかもしれません。

誰でも平等な医療を受けられ、不正のない医療を受けられる世の中になれば人々は今よりも快適な人生を送ることができるはずです。

アジアなど途上国において、モバイルの普及率が年々高まる中、アプリによりその場で適正な情報を取得できるというのは大変素晴らしい技術であり、ブロックチェーン技術がより問題解決していくことを見守りましょう。