仮想通貨

Tron(TRX)が独立にためのOdyssey2.0プロジェクト始動

Tron(TRX)がEOSと共に、ERC-20から独立

引用:https://tron.network/

Tron(TRX)のCEOであるJustin Sun氏がTwitter上で長年取り組んだアップデートを5月31日にリリースすることを発表し、TRON保有者は非常に興奮状態でその日を今か今かと待ち望んでいます。

このアップデートとはEOSと共に独自のと共に独自のブロックチェーンを設立し、ERC-20からトークン移行してEthereumやトークンの依存性を排除し独立性を獲得する内容です。

イオス(EOS)が0円になってしまった訳とはもしかしてEOSを購入してそのままにしていませんか 引用:https://eoscountdown.com/ 去年の7月から...

Odysse2.0が導くTronの未来とは

メインネットであるOdyssey2.0はブロックの高性能、可用性やスケーラビリティの基準を高めて新しい時代を開いていくことで、仮想通貨業界の中では非常に注目を集めていました。

Sun氏はTwitter上でFAQ(頻繁に尋ねられる質問への答え)を提供し,アップグレードへの保証、堅実な技術を保持していることを伝えました。

https://twitter.com/justinsuntron/status/1001481341785927685

主な質問内容としてはリリースを控えるメインネットに関する事項です。

5月31日から6月24日の25日間、メインネットであるOdysse2.0は完全に独立したことを発表する前に、一般に公開されている厳たるテストに耐える必要があります。

それに合格した6月25日にはコミュニティーの同意に基づき、Genesisブロックが生成され独立したTronプロトコルが始動することが承認されるでしょう。

今回のメインネットをリリースすることは、あくまでも技術的な意味で、一つの節目に過ぎず、6月25日に独立することがさらに大規模な運営となります。

更なる段階としては、Tronのコミュニティーを統合し、Odyssey2.0にそのコミュニティーが集うことがフィナレーへの架け橋になります。

投資家とユーザーにはメインネット、Odyssey2.0との同期、ダウンロードを実行するための十分な時間が与えられており、彼らはメインネットのアップグレードされたバージョンを知ることで、精通することが求められてきます。

更に驚くべきことに、Justin氏はトークン移行に関する質問対してこのように述べました。

提携している取引所が、トークン移行に対して責任を持って行うため、あなた方、保有者がEOSと違って、5月31日の日にトークンを処理するなどの必要はありません。

また移行の際にはあなた方の元へ通知が行われます。

Tronは世界中で50以上の取引所と連携しており、このように早い段階で声明を出すことは彼らに十分な適応するための時間を与えることにも繋がります。

テストを行う25日間の間、Tronのコミュニティーと、技術チームは各開発者、代表者、取引所と連携を取り、完全なメインネットの準備と6月25日にTronプロトコルを独立するための準備が行われます。

このTron議定書は厳格なテストを経て作成されており、その数なんと216回に及ぶ回帰テストを技術チームにより取り組まれてきました。その後彼らは15種類のTronブロックチェーンと102種類のウォレットアプリが構築されており、多様なメインネットに加えています。

この他にも世界中に広がるコアデベロッパーをコミュニティーによる貢献によりTronプロトコルには102の新機能が盛り込まれます。

現在のTronの価格推移と最近のリリース内容

Tron(TRX)は長い間時価総額9位を維持してきたが、ここ最近の市場下落傾向には耐えきれず、一時数時間ではあるが順位を落としてきました。それでも今週に渡り24.92%もの上昇を見せるなど記録しました。

引用:https://www.coingecko.com/

また技術進歩をオープンとしているGitHub上では新しいプロトコルとネットワーク変革に関しての情報共有により、5月21日時点でGitHubコミットランキングで239回トップに返り咲き非常に関心が集まっていることが分かります。

また5月24日には全く新しいオープン百科事典であるTron wikiをリリースしました。これにより、Tronの主要な活動、技術的進歩が記録され、開始後のTron独自のパブリックブロックチェーンテクノロジーや関連情報を誰でも閲覧することが出来ます。

TRONの開発状況を記録出来るTRONWikiがリリース 5月24日にインターネット百科事典であるWikipediaがTRON文書のオープンプロジェクトに関連する情報を発表しました。 ...

5月25日にはホワイトペーパーのロードマップに基づき彼ら独自の仮想マシン(TVM)立ち上げています。

またvSportsとの連携を締結したことにより、Tronはスポーツ業界へ移行するなどの快進撃を見せています。これによりリソースの共有や技術的課題の共同作業、コミュニティー構築の合意によりスポーツ産業においてもブロックチェーン技術普及が予想されます。

仮想通貨トロン(TRON)とは?分散型プラットフォームの今後を考察期待の仮想通貨トロンとは? トロン(TRON)とは、ブロックチェーン技術を駆使して世界中の動画やゲームのクリエイターが活躍するステ...