ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ついにビットコイン(BCH)に価格変動の兆候があらわれたのか

ビットコインとVIXの関係性とは

Equity Armor Investment社のBrian Stuland氏はビットコインチャートが、Volatility Index(VIX)に非常に類似していると指摘しました。

このVIXは、1991年以来株式市場で暴落を兆候する恐怖指数として恐れられてきており、米国株式取引所で上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価の平均を表すS&P500の加重価格を総計することで株式市場の価格変動を表します。

投資家たちはこのS&P指標を参照しながら米国株式市場の一ヶ月の予想を立てています。

引用:https://jp.tradingview.com/

赤いチャートがVIXであり、緑のチャートがビットコインのチャートの相関図になります。

Volatility Index(VIX)は基本的に

日本銀行に当たる(連邦準備制度理事会)FRBが市場予想以上に利率をあげる

トランプ大統領が取引所に対して影響力を行使して悪影響を与える

現在の市場評価に対する不信感が漂う

などの要因により変動しており仮想通貨も世界経済によって影響を受けていると考えられています。

そのためこれらの指標を参考にしてビットコインの価格を予想するのは決して不可能という訳ではありません。

市場の信用リスクを測定し始めており、適正価格が判明するにつれ、仮想通貨の価格変動が起こっています。Brian Stuland氏は仮想通貨市場にはまだ規制されていないため、投資家が資本を移転していると述べました。

ついにNASDAQが動き出した

そんな中米国最大取引所の一つのNASDAQはBitcoin(BTC),Litecoin(LTC),Stellar(XLM)が米国取引所上に置いて期待性の高い通貨としてこれらの通貨を支援すると発表しました。

NASDAQをはじめとした、株式取引所は今後仮想通貨市場にも進出をもくらみつつ、仮想通貨取引所を運営する予定まで流れています。

The high-profileのCEOであるAdena Friedmanは現在取引所の開発計画が進行中で進行中ではあるが詳細な情報についてはどのマスコミにも知られていないと明かしました。

しかしいくつかのニュースによりますと、NASDAQが先ほどのBitcoin,Litecoin,Stellarなどが上場している米国初のライセンス取得したGemini 仮想通貨取引所を全面的にサポートしており、彼らの連携はGemini取引所がナスダックの技術とツールを応用してリアルタイムの取引活動の監視やセキュリティー強化が可能な次世代のプラットフォーム作りに着手しています。

あわせて読みたい
仮想通貨で億万長者になったウィンクルボス兄弟の軌跡と野望を紐解く仮想通貨で億万長者に仲間入りしたウィンクルボス兄弟 仮想通貨元年の2017年、「億り人」と呼ばれる人が続々と誕生した年になりました...

仮想通貨市場が誕生し,世界最大の仮想通貨であるBitcoinは、現在13兆円の時価総額一位を誇っていますが、5月中旬ごろから弱気な動きを見せ現在80万円を切るなど低迷を見せています。

引用:https://www.coingecko.com

その一方でStellar(XLM)は市場において期待以上のパフォーマンスや、IBMやKin Foundationとの共同作業による大規模な取引が非常に好意的に評価されています。

そのおかげで現在Stellarは時価総額8位を維持しており、低迷な仮想通貨市場の中で一貫した安定性を見せています。

現在様々な仮想通貨への価格予想が飛び交っていますが、何かしらの要因により価格変動してくることには間違いがないため、異なった市場における情報収拾が求められてくる時代になるでしょう。