アルトコイン

草コイン有望銘柄5選。2018年に投資すべきマイナーな仮想通貨とは

熱い視線が集まる草コイン

2017年、ビットコインをはじめとする仮想通貨は躍進しました。日本では仮想通貨取引で億単位の利益を得た人々も多く、「億り人」なる言葉まで誕生しました。そんな中、ビットコインが金融商品としては比較的短期間でその価値を爆発的に伸ばした事実を受け、有望なポスト・ビットコインに狙いをつけて投資をする動きがあります。

ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれますが、その中でも「草コイン」と呼ばれる仮想通貨は、主に投機のみの目的で一部から熱い視線が注がれています。つまり、現状ではほとんど無価値の草コインに投資をしておくことで、数ヶ月後か数年後か、その草コインが値を上げた時に莫大な利益を得ようというわけです。

しかしながら、2018年に入ってビットコインを含む代表的な有名仮想通貨が相次いで値を下げたこともあり、仮想通貨投資にもより慎重な判断が必要になってきました。そこで、この記事では、草コインで利益を得たいとお考えの方のために、有望と思われる草コインを5つ厳選して紹介します。

2018年に投資すべき有望な草コイン5


ここからは、2018年に躍進が期待される有望な草コインを5つをピックアップします。

ここで注意しておきたいのは、草コインは現段階ではあくまで将来性が不確実な仮想通貨にほかなりません。草コインの投資はご自身の判断で実行してください。

だし、以下に草コインを5つ紹介するにあたっては、現在の一過的な盛り上がりや価格の上昇を有望であるか否かの判断要素にはしていません。本当にポテンシャルの高いものだけを吟味しました。

これから紹介する5つの草コインは、草コイン自体の基本情報や理念によって、それが有望であるか否かを判断して選び抜いています。また、5つの草コインについては、それぞれどこの取引所で購入できるのかについても言及しています。

1. アイエックスレジャー(iXledgerIXT

引用:https://ixtechnology.com/ixledger/

アイエックスレジャーを有望銘柄に位置付ける理由は、保険業界の課題を解決し、保険ビジネスの効率化を図る使命を託された仮想通貨だからです。2015年における全世界の保険会社の保険料総額は、39,000億円です。これは世界経済全体の成果の5.7%をも占めるため、保険業界の影響力は絶大なものと分かります。

一方、現行の保険業務では、独立した複数当事者が契約データを個別に管理しているため、スムーズな作業が困難であるとともに、間接的な管理費が膨張する悪循環が指摘されています。アイエックスレジャーは、こうした非効率な状態をブロックチェーン技術により改善させることで、保険業務の迅速化を実現させ、保険のグローバル市場をさらに拡大させます。

まだまだ草コインとして見られるアイエックスレジャーですが、急速な成長もあり得るため、この有望銘柄には今のうちから目をつけておくのが賢明です。数年後にはイーサリアムやリップルと肩を並べる有望銘柄に成長する可能性も少なくはないからです。

アイエックスレジャーを買える取引所

20182月現在、アイエックスレジャーを購入できる仮想通貨取引所としては、以下の3つです。特にyoBitは日本でも一部では知名度の高い海外の取引所となっています。

HitBTC
https://hitbtc.com/
EtherDelta
https://etherdelta.github.io/
yoBit
https://yobit.io/en/

2. アップコインズ(AppCoinsAPPC

引用:https://appcoins.io/ja

アップコインズは、スマートフォン等のアプリストアをブロックチェーン技術の適用により効率化させることを目標とする草コインです。現状のアプリストアでは、関係のない広告が画面下に表示されたり、アプリを認証する方法が私たちには見えにくかったりするなど、ユーザビリティにそぐわない改善点が見られます。

アップコインズは、アプリストアにある現状のこういった課題を、イーサリアムのブロックチェーン技術を適用させることでスマートに解決することを目的に生み出されました。アップコインズは、仲介業者の存在しないストア環境を作り出し、アプリをダウンロード「したい人」と「させたい側」をスムーズに繋げるため、アプリ市場に理想的な売買サイクルが生まれるのです。

アップコインズが草コインとして有望と言えるのも、やはり一般社会からの要請に応えようとしているからにほかなりません。

アップコインズを買える取引所

20182月現在、アップコインズを購入できる仮想通貨取引所としてはBinanceのみです。Binanceは取引通貨が世界第二位であることを鑑みても、信頼性の高い取引所と判断して間違いありません。

Binance
https://www.binance.com/indexSpa.html#/trade/index?symbol=APPC_BTC

3. シールド(SHIELDXSH

引用:https://shieldcurrency.com/

シールドは、匿名性や送金スピードもその特徴として挙げられますが、特筆すべきは、近い将来に完成するとされる量子コンピュータからの脅威対策が装備されている点です。というのも、量子コンピュータが完成した暁には、ブロックチェーンの暗号技術も意味をなさないとされており、その防衛策を持たない仮想通貨は存在意義を無くしてしまうのです。

一方、シールドは、非常に高度な数学の導入により、量子コンピュータにも打ち勝つセキュリティを備えていると言われ、数ある草コインの中でも有望銘柄と見られてきました。また、2017年の1年間で10,000倍以上の値上がりをみせたヴァージから派生した仮想通貨ということもあって、有望な草コインらしい爆発的な伸びが期待されます。

事実、これまでには、ヴァージの高騰に伴ってシールドが大きく値を上げたこともあるため、有望な草コインを狙うならば、シールドを検討しない手は無いでしょう。

シールドを買える取引所

20182月現在、シールドを購入できる仮想通貨取引所としては、代表的なもの次の3つです。

Stocks.exchange
https://stocks.exchange/
Tradesatoshi
https://tradesatoshi.com/
Coinsmarkets
https://coinsmarkets.com/

どの取引所も日本では馴染みの無い名前ばかりですが、ユーザビリティに優れた取引所もあるのでこの機会にチェックしてみることをおすすめします。

4. アイオータ(IOTAIOT

引用:https://iota.org/

アイオータも現代の需要に応えた画期的な仮想通貨ですが、ブロックチェーン技術を駆使するものではなく、ITに特化している点で他の草コインとは一線を画します。アイオータは、IoT(インターネット・オブ・シングス)、つまり「モノとモノをインターネットに接続して何らかのアクションを起こす概念」のための仮想通貨なのです。

具体的には、現状のIoTではデバイス間の通信によりアクションが成立しますが、通信料の発生が妨げられないデメリットがあります。アイオータはこの課題を解決する仮想通貨であり、「Tangle」という送金システムの採用により、送金手数料の負担なくスピーディーに取引を完結させることができます。

アイオータの革新性はMicrosoft社や富士通も注目するほどであり、将来性のある有望な草コインであることは間違いありません。草コインによる仮想通貨取引で差益を狙う方は、価格が暴騰する前にアイオータを手に入れておくことをおすすめします。

アイオータを買える取引所

20182月現在、アイオータを購入できる仮想通貨取引所としては、以下の2つです。どちらも世界的に有名な仮想通貨の取引所ですね。これだけ有名な取引所に上場していることから、世界的にも注目と信頼を集めている銘柄と考えて間違いはありません。

Binance
https://www.binance.com/indexSpa.html#/trade/index?symbol=APPC_BTC
Bitfinex
https://www.bitfinex.com/

5. ネブリオ(NeblioNEBL

引用:https://nebl.io/

ネブリオの面白い所は、ネブリオ自体のブロックチェーン技術を売り出すというよりも、企業によるブロックチェーン技術活用の「支援」に重点を置いている点です。近年、金融業界をはじめとして、仮想通貨の核心技術であるブロックチェーン技術をビジネスに適用しコスト削減を図ろうという世界的な動きがあります。

ネブリオには、ブロックチェーン技術に関心を持つ企業をターゲットに見据え、コスト削減や業務効率化という狙いを企業が実現するためのサポートをする仕組みがあります。ネブリオが草コインとして有望な理由は、ブロックチェーン技術の需要が今後さらに高まっていくことは想像に難くなく、それに伴う副次的な成長が期待できるからです。

このように、マーケティングの観点から見てもネブリオは非常に合理的な仕組みを持っているので、草コインといえど有望銘柄として多くの人が注目する日も近いかもしれません。

ネブリオを買える取引所


20182月現在、ネブリオを購入できる仮想通貨取引所としては、以下の3つです。特にCryptopiaは大きく注目を集めている取引所ですね。また、先述したBinanceでも取引されていることから一定の信頼を置ける銘柄なのがわかります。

Binance
https://www.binance.com/indexSpa.html#/trade/index?symbol=APPC_BTC
HitBTC
https://hitbtc.com/
Cryptopia
https://www.cryptopia.co.nz/Home

最高のローリスク・ハイリターン商品

今回の記事では、草コインの有望銘柄を5つ厳選して紹介しました。

ビットコインやイーサリアムといった有名仮想通貨が高額な金融商品となった今、アルトコインの中でも草コインに焦点を当てて、有望銘柄を発掘するのは合理的な選択です。

事実、リップルやネムについては言うまでもなく、かつては草コインと呼ばれていたADAのように短期間で大きく価格を上げたという事例はいくつも存在します。

草コインの有望銘柄を上手く掘り当てられれば、それ以上にローリスク・ハイリターンを期待できる金融商品は現状存在しません。ただし、数千種もある仮想通貨の中から少数の有望な草コインを見つけ出すのは簡単ではありません

この記事をご覧の皆さんが草コインを選び抜くにあたっても、信頼できる発信源からの正しい情報収集を入念に行ってください。

関連記事