仮想通貨

仮想通貨のショートとは? 空売りのやり方から注意点まで徹底解説

まだ仮想通貨市場で稼ぐことは出来ます

2018年になり、仮想通貨は2017年のような爆発的な値上がりは見られなくなり、市場は落ち着きを見せているといわれています。

仮想通貨投資で稼ごうと考えていた方の中には「じゃあもう稼ぐのは難しいのでは?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、仮想通貨の相場は、全体的に上昇傾向と下落傾向を繰り返し、「安く買って高くなったら売る」という方法だけでは儲けることは難しいです。

しかし、仮想通貨投資には「ショート」という稼ぎ方があります。この方法を使うことで、相場の下落時にも利益を出すことができるのです。

本記事では、この「ショート」について詳しく解説していきます。

仮想通貨投資のテクニック「空売り 」の仕組みとは

仮想通貨投資の方法には、「ロング(ロングポジション)」と「ショート(ショートポジション)」があります。ロングとは相場が安いときに仮想通貨を購入し、高くなったタイミングで売却することです。

それに対し、ショートは相場が高いときに売却した仮想通貨を、安くなった時点で買い戻すことをいいます。

「ショートをするには、最初からある程度仮想通貨を用意しておかないといけないのでは?」と思った方もいらっしゃると思いますが、必ずしも仮想通貨を保有している必要はありません。

ここで用いるのが「空売り」というテクニックです。

空売りとは、他の仮想通貨ユーザーから仮想通貨を借りて、それを売却することです。

「証拠金取引(=証拠金を取引所に預け入れて、それよりも大きい金額で行う取引)」を行う場合に使うことができます。証拠金取引にはFXと信用取引の2種類があります。

証拠金が少ない方でも、レバレッジを効かせることによって、証拠金の何倍も大きな金額で取引できるようになります。たとえばレバレッジが5倍の場合、10万円の証拠金で50万円の取引が可能です。

ホールドに対するメリット、デメリット

仮想通貨で利益を獲得するもう一つの手段に「ホールド」というものがあります。こちらは自分で購入した仮想通貨を保有したままの状態でいることです。

仮想通貨の価値が上がることで、持っているだけでも稼ぐことができるのです。

落ち着きを見せたとはいえ、仮想通貨はまだまだ成長するジャンルだといわれており、その価格は全体的に値上がりしている状況です。したがって、ホールドで利益を挙げられる可能性は依然として高いという意見は多いです。

しかし、ホールドは十分な利益を得るまでに時間がかかる上に、法規制などで大幅に価格が下落すると、損失となるリスクもあります。

一方、ロングまたはショートの場合は、短期間で利益を獲得できます。

また、大きな値動きがあったときにすぐに売買することができるので、ホールドに比べて影響は少なく済みます。

しかし、取引のたびに手数料やスプレッド(=買値と売値の差額)が発生し、利益が削られやすいです。また、リターンと同じくらいにリスクも存在するため、ホールドに比べてギャンブル要素が強いというのも否めません。

「こちらが良い」という正解はありませんが、一長一短があるということを覚えておきましょう。

日本のどの取引所において、空売り(ショート)出来るのか

仮想通貨でショートをするためには、証拠金取引ができる取引所で口座を開設する必要があります。といっても、国内の主要な取引所はどこでも証拠金取引ができますので、それぞれの特徴を吟味して決めるといいでしょう。

bitFlyer

引用:https://bitflyer.com/ja-jp/

言わずと知れた国内大手の取引所です。運営会社の信頼性が高く、FXの取引量が国内最多なので、初心者にオススメです。手数料はポジションの0.04%でレバレッジは15倍まで選択できます。追証となる証拠金維持率は80%で、ロスカット率は50%です。

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方や手数料・入金・出金を解説国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer) 仮想通貨へ投資する際には「仮想通貨取引所」を利用する必要がありますが...

Zaif

引用:https://zaif.jp/

こちらも大手の取引所です。bitFlyerがビットコインだけなのに対し、こちらはモナコインも取り扱っています。手数料はポジションの0.039%でレバレッジは7.77倍まで選択できます。追証がなく、ロスカット率は30%と低めです。サーバーが落ちやすいというのが欠点です。

Zaif(ザイフ)の評判は?使い方や登録方法、手数料を徹底解説ホリエモンも注目する仮想通貨取引所「Zaif」 出典:https://corp.zaif.jp/ 「Zaif(ザイフ)」とい...

DMM Bitcoin

引用:https://bitcoin.dmm.com/

FX業界でナンバー1の実績を誇る有名企業です。そのノウハウが仮想通貨取引でも活かされており、十分に信頼できます。

ビットコイン以外にもイーサリアムやリップルなど、取り扱っている仮想通貨の種類も豊富です。手数料はポジションの0.04%、レバレッジは5倍で固定されています。Zaifと同様に追証がなく、ロスカット率は80%と高めです。

DMM Bitcoinへの口座開設がおすすめ。レバレッジFXや手数料も解説DMMビットコインはおすすめ取引所 出典:https://bitcoin.dmm.com/ 2018年に入って早々に約5...

追証とロスカット

ちなみに、追証とは証拠金が不足した場合に追加する証拠金のことで、ロスカット率は証拠金がさらに不足した際の強制決済(=ロスカット)が行われる証拠金の維持率のことです。

たとえば、1BTC=100万円と仮定すると、bitFlyer10倍のレバレッジをきかせた1BTCの証拠金取引をする場合、必要な証拠金は10万円です。これが8万円となった場合に追証が適用され、5万円になった場合にロスカットが適用されることになります。

追証を入れなければ、注文ができなくなる上に、売買が成立していない注文がキャンセルになってしまいます。取引所を選ぶ際には、追証があるかどうかも確認しましょう。

また、ロスカット率が低いと強制決済の可能性は少ないですが、損失が大きくなりやすいというデメリットがあります。反対に、高い場合は強制決済されやすくなりますが、損失は抑えられます。追証の有無と一緒に、ロスカット率も確認しておきましょう。

仮想通貨ショート(空売り)のやり方

では、ショート(空売り)の手順を説明していきます。今回はDMM Bitcoinを例に見ていきましょう。

引用:https://bitcoin.dmm.com/mypage

口座を開設してログインしたら、まずは左側のメニューから「トレード口座」を選択します。

引用:https://trade.bitcoin.dmm.com/

取引の画面が表示されます。今回はビットコインのFX取引をしますので、「レバBTC/JPY」を選択します。

注文タイプはいろいろありますが、今回は「指値」を選択します。これは「指値注文(=あらかじめ価格を設定する注文方法)」のことを指します。

次に、「数量」の欄に空売りしたいビットコインの数量を入力します。すると、必要な証拠金の目安が表示されます。

「売買」のところは、売りから入りますので「売」を選択します。

「注文レート」の欄に、注文したい金額を入力します。

「決済同時発注」のところでは、最後に利食いと損切りを設定します。ONOFFの切り替えが可能です。

最後に「注文」をクリックして、空売りの操作は終了です。

ショート(空売り)をする上で気をつけたいこと

取引を行う際は、決して勘だけで予測してはいけません。予測と逆の動きになると損失になりますので、必ず「テクニカル分析」を使って予測するようにしましょう。

テクニカル分析とは、過去のレートの動きが表示されたチャートを使って、その後の値動きを予測する手法のことです。

チャートの動きには似たようなパターンがあることが過去のデータからわかっており、「このパターンならこういう動きをする可能性が高い」という判断基準になります。

もちろん、これも100%の正確性はありませんが、何となく予測するよりも利益を獲得できる可能性は上がります。いろいろなサイトやアプリでテクニカル分析が行われているので、ぜひ活用してみてください。

仮想通貨取引により生じる税金はいくらか

仮想通貨の取引で発生した利益は「雑所得」として扱われ、「総合課税(=他の所得と合計した額に所得税が課税されること)」となります。仮想通貨投資の所得は以下の式で計算されます。

雑所得=売却価格-(購入価格+手数料)

また、所得税は累進税率が適用されています。したがって、利益が大きくなるほど、税率も上がっていきます。

引用:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

確定申告に備えて、取引の記録はしっかりとまとめておきましょう。

仮想通貨を現金化する3つの方法。発生する税金や手数料を知る仮想通貨の現金化を分かりやすく解説 仮想通貨の取引はリスクもありますが、利益を得ることが可能です。また、将来性が有望視される仮想通...

ショート(空売り)を活用して多様な資産運用に向けて

劇的な値上がりが見込めなくなった現在において、ショートで稼ぐという手法は重要になってきます。

証拠金取引は、リターンこそ大きいですが、それと同じくらいリスクがあります。安易な判断で取引を行わず、必ずテクニカル分析を利用して、計画的に投資していきましょう。

ショートをマスターすれば、仮想通貨投資の引き出しが増え、稼げる可能性が広がります。ぜひ、挑戦してみてください。