草コイン

仮想通貨mine(マイン)とは?ICOで創るマイニング経済圏の特徴

仮想通貨mine(マイン)とは?

仮想通貨「mine」とは、仮想通貨を広く普及させる事で、誰でも仮想通貨で簡単に決済が出来る経済圏を作り出す為のプロジェクトです。
このmineではICOによって調達した資金で巨大なマイニングファームを建設し、マイニングによって生み出された仮想通貨をmineホルダーヘと毎日分配する構想を描いており、それを運営側は「マイニング経済圏」と呼んでいます。

mineは現在日本でも大規模なプロモーション活動がされており、東京の電車広告や看板広告、更には書籍まで出版されました。

 

最近行われる大半のICO案件はネット上でのプロモーションのみですが、このmineようなリアルな書籍、新聞広告、看板などでプロモーションを手掛けるプロジェクトは異例と言って良いでしょう。

なお、日本で人気のYouTuberであるラファエル氏もmineのマイニングファームへ招待されています。

では、そんな今話題のmineについて、以下よりその具体的な特徴などを見ていきます。

mine(マイン)経済圏の大きな2つの特徴


このmineは、上述したマイニング経済圏を構築するにあたって他の通貨には無い大きな2つの特徴を持っています。

  • mineを保有しているだけで仮想通貨が毎日増える。
  • 再投資が自動で繰り返される為に価値が絶えず上昇する。

流れとしては、まず上述したように巨大なマイニングファームから得られるマイニング収益は毎日分配されます。
これは、言わば運営側が生み出した事業収益をトークンホルダーに配当として分配していく仕組みであり、「mineをマイニングしている」というわけではありません。

そして、このマイニングファームでは再投資(Re-mining)が自動的に繰り返され、その価値は絶えず上がっていくとされています。

この2つがマイニング経済圏を作る根幹となる部分であり、モノを購入したり、デビットカードで決済をすればする程仮想通貨が増えていくという仕組みをmineは目指していますが、これは運営側の「with mine(私と一緒に)」といった考えに基づいています。

なお、そのような経済圏を構成を支えるのが以下より紹介する4つの基本要素です。

マイニング経済圏を構成する4つの要素

1.マイニングファーム


mineでは上述した通り仮想通貨を採掘する為にマイニングファームを建てていますが、現在は最新のGPUにてイーサリアムを採掘しています。
このマイニングファームに運営側は既におよそ20億円を投資しており、中国・内モンゴル自治区にてその場所を確保しています。


このmineのメインマイニングファームは2,500㎡規模とされており、日本のDMMやGMOのマイニングファームと比較しても5倍ほどの大きなスケールを持っています。


なお、今後はASICの導入も検討するとされています。

あわせて読みたい
マイニングで使われる「ASIC」とは?その特徴や優位性を解説プルーフオブワーク(PoW)は莫大な計算力が求められる ビットコインでは、ブロックチェーン上で取引が正しく行われたかを検証する...

2.mine wallet


mine walletはmineに付随するウォレットであり、これはmine経済圏での毎日分配の受け取りに利用されます。
このウォレットはmine以外にもBTCやETHなどの通貨も保管することができ、残高を手軽に確認する事ができるアプリケーションも開発される予定です。

このようなmine walletは、将来的にmine経済圏を支える銀行のような役割を果たすとされています。

3.mineデビットカード


mineトークンの保有者はウォレットに加え、VISAデビット機能が付随した「mineデビットカード」を利用する事ができます。
このカードはmine walletに連動しており、カード決済をする際は利用額の5%の手数料が引き落としされます。

そしてその5%の内の3割が運営側の報酬となり、残りの7割については同じ価値のmineが新たに発行され、それがユーザーのmine walletへ還元されます。
この仕組みによって利用者はそれ使って多く決済するインセンティブが生まれます。

なお、このデビットカードにはグレード別で3種類に分かれており、それは下記図の通りです。


ベーシックなデビットカードでは年会費が30ドル相当のmineトークン、そして使用上限が一日500ドルとなっています。

また、同デビットカードは既にコモロ諸島にある銀行ライセンスを取得済みとされており、ウォレットの開発が完了次第順次発行できる状態にあります。

4.MoT(Mining of Things)


MoT(Mining of Things)とは「モノのマイニング化」といったニュアンスの造語であり、これは上述した「マイニングファームで得た仮想通貨をmineホルダーに分配する」というプロセスを「モノ=商品」にも応用して付与していくことを言います。
この「モノ」とは、文房具から家電、自動車まであらゆる範囲を指しており、mine経済圏の中で「モノを買うとmineが入ってくる」といった大きな還元を実現させます。

なお、まずこのサービス企画の一弾目として、mineを貯める事が出来る「MoTハードウェアウォレット」がリリースされる予定となっており、このウォレットを利用して支払いをするとmineトークンが付与されるようになります。
運営側は、この機能を利用して将来的には自動車を買うとMoTの分配によってガソリンを購入したり、マンションの家賃をMoTの分配によって賄えるかもしれないといった構想を描いています。

mineトークン


mine経済圏で流通するのがマイニングによって資産価値が裏付けされている「mineトークン」です。このmineトークンを保有することで、運営側からmine保有者へ配られる配当を受け取る権利を得ます。

そして、後述するmineのICOで調達されたmineトークンの内の3割を開発費用へ充て、残りの7割をマイニングファームへの建築へ投じられマイニンに使用するとされています。


なお、下記の図の通りこのマイニングの収益から20%に相当する仮想通貨をmineホルダーへ還元する仕組みとなっています。

mineのICOとトークンの購入方法


このmineは今後ICOを行う予定ですが、mineのICOは通常のICOとは異なっている点があります。
mineのICOでは発行元がmineトークンを所有する事なく、発行された100%をトークンセール参加者へ配布するのです。

そして発行元は投資家との公平性を保つ為に自らトークンセールへ参加し、自らで500万ドル相当のmineトークンを購入する予定です。

なお、mineトークンの概要は以下の通りです。

 

また、mineトークンは2018年の5月27日からトークンセールを開始しており、下記の図の通り「トークンを購入する」から購入できます。

実際にクリックすると以下のようにメールアドレスを入力するフォームが出てくるのでアドレスを入力して「登録」へ進みます。

登録後は入力したアドレス宛にメールが届くので、下記図の通り個人情報を入力しましょう。

次に、支払いに使う仮想通貨の選択画面が出てくるので、「ETH」「BTC」「ADA」「XRP」の中から選んで次に進みましょう。

その後は下記図のように、➀購入したい金額を選択し、➁「利用規約に同意する」をチェックして最後に「確定」をクリックします。

チェックを押すと最後に送付先のアドレスが表示されるので、下の赤枠にあるアドレス宛に送金するようにしましょう。

これで購入は完了です。

mineの懸念点

開発陣の不透明さ

このmineの懸念点として、運営元である「ETHPool Technology Labo Inc」のプロジェクトメンバーの経歴がやや不透明と言えます。


上記のプロフィールを見ると、どうも曖昧な部分が目立ち、具体的に何をやっていたのかが書かれていなかったり、「人生経験が豊富」と漠然としたプロフィールだったりと、経歴に具体性が無いのではないかと考えられます。

このようなICOプロジェクトでは、株式会社が発行する株式に投資するのと同様で、発行元の信用は必要不可欠です。

つまり、経営者や財務基盤がしっかりしているかが投資の判断基準として非常に重要なのです。

マイニングファームの収益性

なお、毎日分配を得る経済圏維持の為には専らmineのマイニングファームに依存しなければならず、中央集権的であると言えます。
言うまでもなくマイニング収益の採算が合わなくなれば毎日分配もままならないまま破綻してしまいます。

mineは現在GPUでイーサリアムをマイニングしているとの事ですが、多機能プラットフォームを構築するイーサリアムはPoSアルゴリズムへの移行と共に高速化を図っており、PoWのみではスケーラビリティの問題からその機能性をフル活用できません。
よって、今後mineはどのPoW通貨でマイニングシェアを獲って行くのかも非常に重要となります。

そして、mineのマイニングファームは上述した通り、2,500㎡規模の工場から、他にもたくさんのマイニング工場を維持しなければなりません。
mineではマイニングの収益性に左右されるので、常にある特定のPoW通貨でマイニングシェアを獲っているかが肝となるのです。

mineの将来性


以上がmineについてでしたが、このmineのゴールは日常生活で使用するモノとマイニングを繋げ、持続可能な「マイニング経済圏」を作る事でした。

しかし、これを将来的に実現させる為に最も重要なのは上述した「マイニングファーム」であると言えるでしょう。
これがmineプロジェクトの「価値の源泉」となり、mineが毎日配当というシステムを維持する為には、現在マイニングしているイーサリアムのマイニングのシェアを維持し続ける必要があります。
上述のように開発陣等の不安要素が残りますが、ホワイトペーパーにも記載の通りマイニングファームの稼働が既になされている点は大いに期待ができるでしょう。

実体の何もないICOプロダクトとは違い、mineには実際に価値を生み出すマイニングファームが存在しているからです。
大規模なプロモーションをしているだけに、今後の開発進捗にも期待したい所です。

※参考サイト・引用画像
mine公式サイト

mineホワイトペーパー

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。