イーサリアム

1億回以上検索されるイーサリアム(Ethereum)の裏側とは

Ethereumが誕生したことで国際的な注目と牽引力を発揮し続け、Ethereumに基づいたアルトコインが生まれ、スマートコントラクトによる分散型アプリケーション(DApps)による影響力を考慮すると、Ethereumが誕生していなかった場合、果たして今の仮想通貨業界はどうなっていたのでしょうか。

イーサリアムの今後は?その価格推移と通貨の特徴・将来性ポテンシャルが高いイーサリアム現在の仮想通貨市場で時価総額2位となっているのがイーサリアムです。 イーサリアムの時価総額は20...
イーサリアムのERC20とは?その発行トークンやウォレットについて解説イーサリアムで独自トークンを発行できる「ERC20」仮想通貨の種類は現在1,000を軽く超えており、代表的なビットコインやイ...

そこでEthereumが与える影響力をデータに基づき検証して見ましょう。

Ethereum上で分散型アプリケーション(DApps)を構築を手がけるBlock chain ベンチャー スタジオのConsenSysは、6月2日に自社サイトの方でEthereumがいかに影響力を与え、仮想通貨全体の発展に尽くしたのかここで記されています。

ブロックチェーン技術とEthereumブロックチェーンに関する関心を数ヶ月抱き続けた結果、過去のロードマップを提供するために、ネットワーク全体から統計を集めました。

引用:https://media.consensys.net/

Google上では、「Ethereum」のキーワードが、過去2年間で1億1000万回以上も世界中で検索されていることが調査により明らかになっています。

またTwitter上では、#ethereumが平均値として毎日20,000回もtweetされています。

ETHネットワーク上では過去に2億4000万件も処理されており、去年の1月4日の24時間の間だけで130万件の取引がされていたことが記録されていました。

引用:https://media.consensys.net/

この膨大な取引を支え、Ethereumブロックチェーンを動作するノードと呼ばれる方は6大陸で約17,000人に達し、最も協力数が多いブロックチェーンプラットフォームとなっています。

引用:https://www.ethernodes.org/network/1

そのため取引や送金する際に使われるEthereum Walletの固有アドレス数も3500万も存在し、1月4日時点では100万件のアドレス数が確認され、当日だけで350,000件以上のアドレスが作成されました。

引用:https://media.consensys.net/

ここまで規模が拡大した理由の一つにスマートコントラクトという技術がプラットフォームに関与しており、今日のテクノロジー業界において最も革新的なツールの一つであります。

そのため、時価総額に基づく上位100の仮想通貨の94%がEthereumを応用して誕生したものであり、上位800においても87%が同じくEthereumum上で構築されています。

Ethereumの発展に貢献してきた250,000の開発者たちは同時にブロックチェーン開発コミュニティーを成しており、Truffleは2017年10月時点で20万回ものダウンロードがなされ、そしてGithubでもEthereumへのコミットが220,000件確認され、リポジトリと呼ばれる場所にて14,000回者ファイルやディレクトリが記録されてきました。

Ethereumの認知度が世界各国

将来性を感じた財団や団体、企業はEthereum運営による恩恵を受けるべく、提携を繰り返し、Ethereum Enterprise Allianceは1年間で500人以上メンバーの拡大に成功しました。

政府もブロックチェーン技術を活用しようと、主にEthereumを使用しており今年は、ブラジルが仮想通貨業界のネットワークに請願書を提出しています。

スイスではEthereum上に登録されたデジタルIDを提供しており、チリはEthereumを用いて、エレルギー配給網データを追跡するシステムを運営しています

またカナダでは政府補助金が腐敗されたり、不正されないように市民がこれらの情報にアクセスできるためのテストも実施されており、ドバイでは2020年までにブロックチェーン都市を目指していますが、先にエストニアがエテリアムと呼ばれるシステムによりデジタル共和国となりました。

分散型アプリケーション(DApps)の開発過程について

Ethereumの特徴の一つである分散型アプリケーション(DApps)により、開発者はスマートコントラクトを作成することが出来、予想市場からゲームまで全てのものを構成することが出来、ネットワークの改善とともに成長し続けています。

それにより1552件のDAppsが開発されており現在も多くの開発が進んでいます。

一方で多くのスケートビリティープロジェクトはブロック間プロトコルとも呼ばれるレイヤー 2 ソリューションを提供していることを検討しており、代表的な例としてはライトニングネットワークがあります。

Cosmosと呼ばれる開発者のための許可のいらないネットワークはLoom NetworkのようにEthereum上にレイヤー 2 ソリューションを開発し、Ethereumのコアセキュリティーと分散化に依拠しつつゲームととソーシャルDAppを拡張できるように、ブロックチェーンにおける相互運用やスケーリングを可能にします。

この技術によりDAppsを拡張することが出来、CryptoZombiesは誰でもスマートコントラクトのコードを学べるライブアプリや、OmiseGoのようにプラズマを用いて国境を超えた取引を従来よりも高速に可能となるアプリが生み出されています。

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...
ERC20,223,721とは?イーサリアムで用いられる技術仕様の仕組みトークンを取り巻くプラットフォームの現状近年仮想通貨市場ではあらゆるICOトークンが市場に出回るようになり、その種類は仮想通...
関連記事