取引所・販売所

Zaif(ザイフ)取引所の取り扱い通貨はどれくらいあるのか

Zaifの特徴

引用:https://zaif.jp/

 

Zaifは金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所だけでなく、取り扱い通貨も豊富であります。

取り扱い通貨が豊富であるという理由で、日本に住む多くの仮想通貨ユーザーからの人気は高いですが、他の取引所とは何が違うのかも気になるところです。

ここでは、Zaifが扱う取扱銘柄と、他の取引所と比較していて何が違うのかについて、解説していきます。

仮想通貨の初心者でも気軽に利用できるというのがメリットですが、本人確認が遅い、問い合わせの返信が遅いというデメリットもあります。しかし、デメリットに関しては徐々に改善していっているとのことです。

仮想通貨の初心者でも気軽に利用できるのがメリットについてですが、成行注文ができるのと、Zaifコイン積立というサービスにあります。

成行注文とは、購入したい仮想通貨の数量を設定するだけで購入できるというもので、指値注文がわからない人には向いているというものです。

一方、Zaifコイン積立とは、簡単に言えば投資信託みたいなものであります。

毎月どれくらい積み立てるのかを設定できるので、経済的な負担を考慮して選択することができるということです。低リスクで積立できる一方、損失を被る可能性があるということを理解しましょう。

Zaifの取り扱い硬貨一覧

Zaifが扱う通貨を次に挙げて、現在の状況などを含めて詳しく解説していきます。

主要通貨

イーサリアム(ETH

イーサリアムの今後は?その価格推移と通貨の特徴・将来性ポテンシャルが高いイーサリアム 現在の仮想通貨市場で時価総額2位となっているのがイーサリアムです。 イーサリアムの時価総額は20...

ネム(XEM

仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?今後の展望とPoIの仕組み仮想通貨ネム(nem/Xem)が目指すのは「富の分配」 ネムの正式名称は「New Economy Movement」、そして「Xe...

ビットコイン(BTC

ビットコインと仮想通貨って何?いまさら聞けない違いと仕組みビットコインとは 近年、話題となっている仮想通貨ですが、何の知識もなく買おうとしていませんか? 知識もなく始めてしまうと、大事な...

ビットコインキャッシュ(BCH

ビットコインキャッシュの将来性は?コインの特徴と今後の見通しビットコインから派生した「ビットコインキャッシュ」 仮想通貨の中でもよく目にするものの一つに「ビットコインキャッシュ」があります。...

モナコイン(MONA

モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とはオタクが億を作り出したモナコイン 「モナコイン」とは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチー...

ビットコインとイーサリアムとビットコインキャッシュはどの国内取引所でも扱っていますが、ネムに関しては、現時点でZaifしか扱っておりません。

Xtheta(シータ)という国内取引所も扱っていますが、サービスが現在でも開始されていないので、実質的にZaifのみの取扱銘柄となります。

コインチェックも扱っていますが、金融庁の認可を受けていない「みなし業者」のため、対象から外しました。

トークン

カイカコイン(CICC

 

カウンターパーティー(XCP

 

ザイフトークン(ZAIF

 

ストレージコインエックス(SJCX

 

ゼン(JPYZ

 

ネクスコイン(NCXC

 

ビットコインクリスタル(BCY

 

フィスココイン(FSCC

 

ペペキャッシュ(PEPECASH

 

Zaifが扱っているトークンの中で特徴的なのは、ザイフトークンとゼンです。

ザイフトークンはCOMSA(後ほど解説)のコムサトークンを購入するのに欠かせないトークンですが、ビットコインとイーサリアムとネムでも参加できます。

Zaif(ザイフ )トークンとは?その将来性と今後の展開巷で話題のトークンとは 仮想通貨関連のニュースでは、「トークン」という単語がよく登場します。代表的な仮想通貨にはビットコインやイー...

もうひとつはゼンです。ゼンの場合は価格変動が全くないのが特徴ですが、目的は日本円と同じ価値の仮想通貨を作ることにあります。

日本円とゼンが連動することで、仮想通貨の特徴である激しい変動をなくすことが可能です。ビットコインは確かに決済として利用できますが、価格の変動が激しいという残念な一面を持ちます。

ゼンであれば、激しい変動がないので決済に利用できるだけでなく、ゼンを使ったサービスの展開に期待が見込めるというわけです。

現時点でまだ「社会実験」の段階ですが、今後どうなるかが注目でしょう。

COMSAとは

引用:https://comsa.io/ja/

COMSAとは、テックビューロ株式会社が運営するICOソリューションです。

テックビューロ株式会社とは、Zaifを運営する会社でもあり、仮想通貨関連の業務に携わっています。そのICOソリューションの目的は、ICOを企画して仮想通貨で資金調達をしたい企業を支援することです。

株式上場ほどハードルは高くないにせよ、企業がCOMSAの支援を受ける場合は審査を受けなければなりません。

その審査を通過することで、COMSAを利用した資金調達が可能になるというわけです。

そのトークンセールに参加するためには、ザイフトークン、ビットコイン、イーサリアム、ネムなどでコムサトークンを購入する必要があります。

購入したコムサトークンはZaifに送金して、日本円に換金することが可能です。

ちなみにですが、2018年に入ってから、COMSAを利用したICOが一度も開催されていません。COMSAに参加したい場合は、気長に待つ必要があります。

国内でICOに成功したCOMSA(CMS)トークンの将来性と可能性ICOプラットフォーム「COMSA」とは? 引用:COMSA公式サイト COMSA(コムサ)とは日本発のICOプラットフォー...

Zaif以外の取引所の取り扱い通貨を比較

Zaif以外の取引所といえば、ビットフライヤーとビットバンクが挙げられますが、この二つは金融庁の認可を受けた取引所だけでなく、Zaifにはない仮想通貨を扱っています。

ビットフライヤーとビットバンクの取り扱い通貨はこんな感じです。

ビットフライヤー

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン、リスク

ビットバンク

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン、リップル

なぜこの二つを挙げたのかというと、ビットフライヤーは金融庁の認可を受けている国内取引所で唯一リスクを扱っている一方、ビットバンクはZaifが扱っていないライトコインとリップルを扱っているからです。

ビットフライヤーもライトコインを扱っていますが、スプレッド方式の取引しか注文できないというデメリットがあります。

Zaifの弱点といえば、ライトコインとリップルを扱っていない一方、ビットフライヤーとビットバンクの弱点はZaifのようにネムやトークンなどを扱っていないというところです。

筆者の考えになりますが、仮想通貨に新規参入する初心者ユーザーは、Zaifとビットフライヤーとビットバンクの口座を開設したほうが無難と言えるでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方や手数料・入金・出金を解説国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer) 仮想通貨へ投資する際には「仮想通貨取引所」を利用する必要がありますが...
ビットバンク(bitbank)の評判は?手数料やその使い方を調査国内の仮想通貨取引所「bitbank」 出典:https://bitbank.cc/ ビットコイン(Bitcoin)やイーサ...

Zaifの現在の評判

2017年の話しになりますが、Zaifは取り扱い通貨が豊富であるという一面を持っている一方、問い合わせの返信が来ない、本人確認を申請してから完了までに数ヶ月かかったという理由で、評判はよくなかったです。しかし、色々と改善しつつあるとのことで、特に本人確認完了までに1週間程度と早くなったとされています。

Zaifは取り扱い通貨も豊富な上に初心者にもオススメできる

Zaifは初心者にオススメできる仮想通貨取引所です。取り扱い通貨も豊富なので、幅広く仮想通貨やトークンに投資したいという人には欠かせない取引所といっても過言ではないでしょう。

COMSAについては、企業や団体などの法人がCOMSAの支援を受けながらICOを企画して資金調達を行うことが可能で、仮想通貨ユーザーはザイフトークンなどでコムサトークンを購入するという形で参加できます。

個人から法人まで、目的に応じてZaifを幅広く利用できるということです。