仮想通貨

ハードウェアウォレットは仮想通貨を安全に管理するための必需品

ハードウェアウォレットとは、外部の端末機器を利用した仮想通貨ウォレットです。外部の端末を利用することで、インターネットから切り離した状態で安全に仮想通貨を管理することができます。そのため、ハッキングを恐れている仮想通貨ユーザーにとっては必需品だと言えるでしょう。ここではハードウェアウォレットの仕組みやその使い方、オススメできる機器などについて、解説していきます。

ハードウェアウォレットの特徴と仕組み

ハードウェアウォレットの特徴は、インターネットどころかインターネットを使用する端末(パソコンなど)を切り離し、仮想通貨を管理できるというところです。ハッキングのレベルが年々向上しており、量子コンピュータの存在を考えると、安心してオンラインウォレット(取引所のウォレットなど)に預けておくことができません。

しかし、ハードウェアウォレットであれば、インターネットとその端末を切り離して仮想通貨を安全に管理できるので、そのセキュリティは強力です。なぜなら、ハッキング対象がインターネットにつながなければ、ハッキングできないということになります。

具体的な仕組みなのですが、ハードウェアウォレット内部に秘密鍵があるだけで、仮想通貨そのものをハードウェアウォレットに入れるわけではありません。わかりやすく説明すると、秘密鍵そのものを持ち歩いて管理するというものです。

ハッカーの目的は秘密鍵そのものをハッキングすることにあります。秘密鍵をハッキングするということは、その秘密鍵に対応するウォレットの操作、例えば外部のウォレットなどに送金することができるということになるわけです。

そうさせないためにセキュリティを年々向上して進化し続けていますが、秘密鍵そのものがインターネットから切り離されたオフライン状態である時点で、いくら優秀なハッカーでも、手が出せないということになります。ハードウェアウォレットはそれを実現した外部端末であるということです。

ハードウェアウォレットの使い方を解説

まずはパソコンを用意し、インターネットに接続してください。USB環境があるパソコンであれば、ノートでもデスクトップでも構いませんが、OSWindows10でプラウザはGoogleChromeのほうが適応しやすいので、その環境が備わっているパソコンであることをおすすめします。

加えて、ハードウェアウォレットはひとつだけでなく複数存在し、使い方も多少は異なるかもしれませんが、ほとんどが同じと言っても過言ではないでしょう。そのハードウェアウォレットの種類は後ほど解説いたします。

次はハードウェアウォレットに対応したアプリをデスクトップにインストールするのですが、そのハードウェアウォレットを扱っている公式サイトから、そのアプリをダウンロードすることができます。これは、パソコン上でハードウェアウォレットを操作するために必要なアプリで、ハードウェアウォレット単体で操作するのは不可能です。

すべての準備を終えたら、次はハードウェアウォレットをUSB端子に差し込み、ハードウェアウォレットのアプリを起動します。各種ハードウェアウォレットによって操作方法は異なりますが、マニュアル通りに操作すれば問題ありません。取引所のウォレットから、このハードウェアウォレットに送金します。ただし、注意点としては、入金用アドレスが統一されていないことです。

ビットコインはビットコイン用のアドレスに入金しなければならないことについては説明するまでもありませんが、アルトコインも同様に、安全に送金するためには、送金する前に入金用アドレスを確認するようにしましょう。

初期設定は必ず自分で行うこと

説明する前に重要なことをお伝えします。ハードウェアウォレットの操作は、いかなる理由があろうとも、必ず自分でやるようにしましょう。パソコンの操作がわからない、説明書を読んでもハードウェアウォレットの使い方がわからない、わからないからパソコンなどに詳しい他人に手伝って、操作してもらうと考えているユーザーは、仮想通貨から手を引いてください。

理由は、他人に教えるという時点で、セキュリティもハッキングも一切関係なく、その他人に財布を預けている、仮想通貨を譲渡するようなものだからです。パソコンの基本的な操作さえできれば、他人に頼らなくてもウォレットを操作できると考えているので、仮想通貨に参加したい場合はまず、パソコンの基本操作から始めましょう。

なぜこの厳しめの言葉を述べたのかというと、初期設定にはPINコード設定とリカバリーフレーズを覚えなければならないからです。PINコードはハードウェアウォレットをパソコンにアクセスして起動するため、リカバリーフレーズはハードウェアウォレットになにかあったときに備えたバックアップシステムでもあります。

他人がPINコードを知らなくても、他のハードウェアウォレットでリカバリーフレーズを使用すれば、ハードウェアウォレットを乗っ取り、ハードウェアウォレットにある仮想通貨を根こそぎ盗み出すことができるということです。

ハードウェアウォレットを紛失や破損にあった場合は

ハードウェアウォレットを無くしたら、そのハードウェアウォレットに入っている仮想通貨が戻らなくなるかもしれないという不安を抱くユーザーは多いといっても過言ではありません。しかし、リカバリーフレーズを利用することで、再設定しなければなりませんが、元に戻すことができます。

逆に言えば、PINコードとリカバリーフレーズを知らないと、例え自分が持ち主でもハードウェアウォレットにアクセスすることができないということです。

おすすめのハードウェアウォレットを比較してみた

人気の高いハードウェアウォレットを3つ挙げて、解説していきます。なお、公式サイトのURLを掲載しますが、すべて日本正規販売店のサイトですので、安心して参考にしてみてください。

TREZOR

引用:http://hardwallet.store/

価格:15,800円~

対応通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインテストネット、ジーキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ユービック、エクスパンセ、ネームコイン、ドージコイン、モナコイン、ネム、ERC20トークン(トロンなど)

特徴はネムとモナコインをハードウェアウォレットで管理できることです。この2つの仮想通貨は他のハードウェアウォレットで扱っていないことが多く、それらを対応しているTREZORは貴重といっても過言ではないでしょう。トロンなどERC20トークンにも対応しているのも強みです。

Ledger Nano S

引用:https://hardwarewallet-japan.com/

価格:15,800円~

対応通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、FIDOU2F、ドージコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、ストラティス、リップル、HELLOPOSW、コモド、アーク、エクスパンセ、UBIQ、ヴァートコイン、ネオ、ステルスコイン、ステラ、HCASH、デジバイト、QTUM

特徴は、「Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins」、「Ledger Wallet Ethereum」、「Ledger Wallet Ripple」という3つのアプリがあることです。この3つはすべてGoogleChromeウェブストアにあり、内容はアプリのタイトル通りであります。

ビットコインと多くのアルトコインに対応したいなら「Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins」、イーサリアムの管理に特化したいなら「Ledger Wallet Ethereum」、リップルの管理に特化したいなら「Ledger Wallet Ripple」ということです。

Digital Bitbox

引用:https://www.digitalbitbox-japan.com/

価格:8,980円~

対応通貨:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ERC20トークン(トロンなど)

製品の特長はMicroSDカードを使用することです。MicroSDカードを使用するハードウェアウォレットは非常に珍しく、それが原因で価格は他のハードウェアウォレットより安いと考えられます。とはいえ、そのMicroSDカードが購入時に付属としてついてくるようです。

もうひとつの特徴は、二段階認証を導入しているところです。ハードウェアウォレットを管理するとき、二段階認証を導入しているウォレットは少ないと考えています。セキュリティが他のハードウェアウォレットより強力だということでしょう。

ビットコインはすべてのハードウェアウォレットに対応している

ビットコインに対応していないウォレットはほとんどないと言っても過言ではありませんが、対応していないウォレットはあります。マイイーサウォレットです。イーサリアム系列の仮想通貨に特化したものですが、ICO参加のときに重宝します。

話しを戻しますが、ビットコインを管理したいなら、3つ挙げたハードウェアウォレットのどれかがいいでしょう。

リップルに対応するハードウェアウォレット

リップルを積極的に投資している仮想通貨ユーザーをインターネット上では「リップラー」と呼んでいます。文字通りの意味ですが、億単位のリップルを保有しているユーザーは、リップル対応のハードウェアウォレット(Ledger Nano Sなど)でリップルを管理している傾向にあるようです。

ハードウェアウォレットジャパンについて

ハードウェアウォレットジャパンとは、フランスの企業にしてLedger Nano Sを製造と開発を行っているLedger社の公認を受けて、Ledger Nano Sを正規に販売している会社です。

なぜここで、ハードウェアウォレットジャパンを挙げたのかというと、ハードウェアウォレット選びに迷ったら、Ledger Nano Sをおすすめしたいと判断したことにあります。使い方もシンプルかつわかりやすく、管理しやすいといっても過言ではないのが理由だからです。

ハードウェアウォレットは公式サイトで購入しよう

ハードウェアウォレットはAmazonでもメルカリでもヤフオクでも販売されていますが、多くが本物でもあります。ただし、開封済みものと判断しましょう。なぜなのかというと、販売する人達の目的は、リカバリーフレーズまたはシリアル番号を確保することが目的だからです。

リカバリーフレーズやシリアル番号、つまりバックアップできる体勢を整えてから販売し、使用者の仮想通貨を最終的に奪うのが目的であると考えています。確かに、公式サイトよりは安いですが、多少高くても安全のために公式サイトから購入したほうが無難と言えるでしょう。