仮想通貨

Tron(トロン)創設者Justin Sunが老舗ソフトウェア会社買収に成功

Tron(トロン)の最終目標に向け順調に進展

分散型プラットフォームによりクリエイター保護を目的としたTron(TRX)の創設者であるJustin Sun氏はP2P(ピアツーピア)ファイル共有プロトコル開発を管理するためBittorrent Incを買収しました。

仮想通貨トロン(TRON)とは?分散型プラットフォームの今後を考察期待の仮想通貨トロンとは?トロン(TRON)とは、ブロックチェーン技術を駆使して世界中の動画やゲームのクリエイターが活躍するステ...

BitTorrent(ビットトレント)とは

https://www.bittorrent.com/lang/ja/

Bram Cohen氏によって2004年に設立されPeer to Peer(P2P)を用いたファイル転送用規定、通信を行うソフトウェアの名称であります。

従来のP2Pネットワークが有効活用されず、信頼性が低いことに不満を感じたBram氏はその欠点を解消するため、2001年に1人で取り組み始めました。

その成果が2年後の2003年にソフトをリリースすると3日間で3万ものISOイメージが配布されたことで注目となりました。

これまでのソフトウェアと異なる点は人気のファイルであればあるほど、ダウンロードが早くなるという特徴であります。

また現在ではBitTorrentプロトコルは世界中の何億人もの人によって使用されており、全てのインターネット回線の大部分を占めていますが、マーケティング力に乏しくここ14年間で35億ほどしか資金を調達できていません。

現在はRainberryに改名しています。

Justin Sun氏が思案するTronの成長ストーリーとは

https://www.facebook.com/justinsuntron/

Justin Sun氏とRainberry(BitTorrent)社間の交渉は、先月の5月に明るみになりました。

その際Sun氏は、Rainberry社を買収するにあたり、no-shop条項である他社との取引交渉を禁じる条項を意図とした手紙を送ったと伝えられています。

しかしRainberry社は条項に違反し、手紙内容に関して失効する日を狙い、他社と交渉を行おうと試みたため、Sun氏は同社を訴えています。

また同日にSun氏は”Rainberry Acquisition”という名の会社を登録しました。これはRainberry社との法廷闘争に備え、牽制する動きだと見られます。

法廷闘争の末、Sun氏率いるRainberry Acquisition.IncとBitTorrent率いるRainberry.Incが、カリフォルニア州務長官による合併の提案を合意しました。

BitTorrent取得契約にあたりSun氏は、メディアに詳細を流さないように従業員に通知しているため買収案の財務的なプロセスについては公表されていません。

仮想通貨業界が、次世代を築き上げる時代となるのか

Sun氏が取り組んでいるTron,BitTorrentの事業を比較していくと、確立されたテクノロジー業界と仮想通貨プロジェクトが関係性を持ったときの影響の大きさを感じることが出来ます。

TronはBitTorrentの乏しい資金力とは対照的に3000億円の時価総額を有しており、Tron財団は1700億相当のTRXを保有していると伝えられています。

そのため買収できる余裕は十分にあります。

つい先月の5月31日には、ホワイトペーパー通りにERC-20トークンからの独立を果たしています。

Tron(TRX)が独立にためのOdyssey2.0プロジェクト始動Tron(TRX)がEOSと共に、ERC-20から独立引用:https://tron.network/ Tron(TRX)...

Tron保有者を始め人々はTronが分散型のウェブプラットホーム構築が実現すると期待を持っていますが、これは今回のように仮想通貨業界が老舗の会社を引き継ぐということを意味します。

BitTorrentは、かつてスタートアップ企業が集うシリコンバレーにおいて注目の高い新プロジェクトでしたが、海賊版コンテンツ出現により、多くのユーザーを失いました。

そのため今回のSun氏による買収は、BitTorrentを窮地から救ったとも言えるかもしれません。

TronのホワイトペーパーにおいてもBitTorrentについてについて8つ興味深い言及をしており、Sun氏率いるTronの最終目標は分散型インターネット構築によりブロックチェーンプロジェクトを創造することです。

BitTorrentが得意とするP2P技術を応用すれば分散型実現する過程として非常に必要性が出てくることでしょう。

今後はSun氏が自身が率いるTronとRainberryをどのように統合するのか、ソーシャルメディアに対する何らかの発表が期待できると見られます。

関連記事