仮想通貨

仮想通貨のテクニカル分析とは?その種類や方法、便利なツールなどを紹介

仮想通貨を分析して取引する事の重要性

2018年に入り、昨年とはまるで違った価格の動きを魅せる仮想通貨市場。
昨年のように「買えば儲かる」というフェーズから、どんどんと本物だけが生き残っていくというフェーズにシフトしているようにも思えます。

なぜなら、市場原理によって全ての銘柄が最終的に全て生きたままであるという事は恐らくないであろうと考えられるからです。

そこで、仮想通貨に投資をする為に私達がしなければならないのが「分析」です。
仮想通貨投資において今後金融のプロ達が本格的に市場に参入する事となれば、どんどんと投資のハードルが上がるでしょう。

そもそも既存の株式市場もプロが市場で売買する事で株価に絶妙な価格が付いており、少しでも割安の株があれば買われ、少しでも割高な株があれば売られるのです。

では、そのようなトレーダー達は何をロジックとしてトレーディングしているのかというと、後述する「テクニカル分析」と呼ばれる手法です。

テクニカル分析のメリットや種類とは?

さて、株式投資やFXなどでは「テクニカル分析」と呼ばれる相場の分析方法がありますが、それはファンダメンタルズ分析とは違ってチャートの値動きを分析し、トレンドやパターンを見て価格を予想する手法です。

ファンダメンタルズ分析とは?

財務状況や業績をもとにしてその投資先の本質的な価値を分析すること

テクニカル分析によって自分のロジックを確立させられる

このテクニカル分析のロジックを用いる事で、自分自身にロジックに沿ったルールを与える事が出来るメリットがあります。
これによって「雰囲気だけで投資する」といったような危険な心理状態になる事を防げるのです。

また、ビットコインのような非中央集権型の仮想通貨にはそれを運営する企業などが存在しない為、上述した運営企業の本質的価値を見るようなファンダメンタル分析は用いる事ができません。

なので、一層仮想通貨においてはテクニカル分析が重要となるのです。

そして、このようなテクニカル分析は大きく2つに分けると「トレンド系指標」「オシレーター系指標」に分別できます。以下、それらを順に見て行きましょう。

トレンド系指標とは

トレンド系指標とは?

値動きのトレンドやその強さを分析する為の指標

トレンド系の指標は相場が上向きか下向きか、どちらの方を向いて動くかなどを捉え、出来る限りその相場の波に乗りながらトレードをしていく為の指標です。

基本的に上昇時も下降時も一直線にその価格が値下がりするのではなく、短期的な上げ下げを繰り返している為、その投資対象の規模がどうなろうともトレンドを予測する事で利益を得る事ができるのです。

なお、主なトレンド系の指標は下記通りです。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • MACD

オシレータ系指標とは

オシレータ系指標とは?

現在の相場において買われ過ぎなのか・売られ過ぎなのかを判断する指標

トレンド系の指標に対して、現在決まっている値段が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断する分析手法がオシレータ系の指標です。

この指標は価格水準とは関係なく、市場の売買の状況を見て「逆張り」をする為に用います。

逆張りとは?

相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという手法

なお、逆張りの反対が「順張り」であり、これは上昇局面で買い、下落局面で売る手法です。
そして主なオシレータ系の指標が以下です。

  • RSI
  • ストキャスティクス
  • RCI

以上、具体的な全ての指標の内容についての説明は割愛しますが、以下より実際にツールを使ったテクニカル分析を紹介します。

仮想通貨のテクニカル分析ツール「Trading View」

上述した仮想通貨でテクニカル分析を行う為に活用できるのが「Trading View」と呼ばれるトレーディングツールです。

このツールでは仮想通貨以外にも株式やFX、商品先物などの高機能チャートが見られるようになっており、無料ツールと有料ツールで分かれています。


引用:Trading View

同ツールは仮想通貨取引所の「Zaif」や「bitbank」でも連携しているので、ある程度ツールの機能を覚えておいて損はないでしょう。

移動平均線を引く

ではまず、基本的なトレンド系の指標である「移動平均線」を引いて見ましょう。

移動平均線とは?

一定期間の価格の平均値を線でつなぎ合わせたグラフの事

実際にTrading Viewで移動平均線を引くには、チャート画面上にある「インジケーター&ストラテジー」をクリックします。

すると上記の画面のような画面が表示されるので、検索スペースから「移動平均線」と検索して見ましょう。このインジケーターから検索すれば他にも多くの分析手法を使えます。

実際に挿入すると、以下のように表示されます。

この線は任意で定めた期間の平均値を繋げてグラフ化でする事ができ、大まかな相場の方向性を見る事ができます。

なお、他にもトレンド系指標を用いた分析手法はありますが、その他の詳細は以下の記事でTrading Viewを用いているbitbankのチャートを使って詳しく記載しています。

【図解】仮想通貨チャートの見方や分析、予測方法を初心者向けに徹底解説「買えば儲かる」というフェーズの終焉 2017年に空前の盛り上がりを魅せた仮想通貨ですが、その状況は日々変化しており、あらゆる投資...

RSIを用いて分析する

続いて、オシレータ系指標である「RSI」を見てみましょう。

RSIとは「Relative Strength Index(相対力指数)」の略であり、上述したように「買われ過ぎ・売られ過ぎ」の度合いを確認する為に使用出来ます。

その手順としては、前述した移動平均線の時と同様に「インジケーター」を開き、「RSI」と入力して指標を表示させます。

すると以下のように、下赤枠部分のように別のチャートが表示されます。

このチャートはある一定数値の範囲内が紫色で囲まれているのですが、詳しく見るとその数値は30〜70%の範囲である事がわかります。

この指標よりチャートが70%を超えると「買われ過ぎ」と判断でき、逆にチャートが30%を下回ると「売られ過ぎ」と判断する事ができます。

例えば上記のBTCチャートの場合、売られ過ぎの場面では価格が下落し、買われ過ぎの場面では価格が上昇している事が分かります。

このように、RSI指標を使って「買われ過ぎたら売る」「売られ過ぎたら買う」というロジックを用いる事ができます。
今回のチャートだと概ね下落直後は価格が少し上がり、上昇直後は少し下がっていますね。

しかし、これは必ずロジック通りに動くという事は保証されておらず、買われ過ぎた後も再び上昇するケースもあるので注意して分析するようにしましょう。

SNS等でテクニカル分析をしているインフルエンサー

では次に、このようなチャートを用いたテクニカル分析や相場に対する見解を自身のSNSで発信する仮想通貨インフルエンサーを紹介していきます。

「墨汁(Not giving away ETH)うまい」さん

墨汁(Not giving away ETH)うまいさんは、自称日本最速でイーサリアム、ビットコイン、取引所の情報配信をしているとされている仮想通貨界のインフルエンサーです。

この方は「ETHEREUM JAPAN」というブログを運営しながら他媒体にもライターとしてテクニカル分析系の記事を寄稿しており、自身のTwitterでもチャート画面を使って解説されています。

また、速報系のツイートも多く発信されており、その素早い情報提供からフォローする価値のあるインフルエンサーだと言えるでしょう。

 

「henashamp」さん

henashampさんは「Technical Analyst. Crypto Trader」とプロフィールで称されており、Twitter上で頻繁にチャートを用いた解説をしています。

 

このように独自のチャート分析を小刻みに展開しており、フォロワーも4万人を超えています。

なお、Twitter上のみではなく、自身のYoutubeチャンネルでもテクニカル分析の動画を投稿しています。

「ナナフシ」さん

ナナフシさんは株やFX・仮想通貨のトレードで生計を立てている方であり、後述しますが神王リョウさんと共演で「神王TV」というYouTube番組の株・仮想通貨チャンネルにも出演しています。

ナナフシさんは自身のツイートでチャートの画像を使った解説ツイートを多くしており、ユーモア溢れる表現で解説しているのが特徴的です。

 

神王TVの「週刊仮想通貨」

こちらはTwitterとは違い、YouTubeでの動画配信です。
神王TVとは、株で30億円を稼いだ「神王リョウ」さんとTwitterでも紹介したナナフシさんとの共演で放送されている仮想通貨番組です。

こちらではナナフシさんがTwitterよりももっと具体的に各銘柄の値動きをテクニカル分析を用いて解説してくれています。

なお、ただ分析動画を淡々と続けている訳ではなくバラエティ性が豊富で時に笑いが生まれるような楽しい動画構成となっています。

雰囲気での投資はもう危険?

以上がテクニカル分析についてでしたが、2018年に突入してからほとんどの銘柄が単純な右肩上がりではなくなりました。
今までは「何となく上がりそう」と思って買った銘柄でも一夜にして数倍に膨れ上がったりしましたが、だんだんと「淘汰のフェーズ」は訪れています。

よって、今後は本物を見極める為のファンダメンタルズ分析、そして市場で変化する短期間の差益を狙ったトレードが大切になって来るのです。

そして、今後ビットコインの価格がいくらになったとしても(例え1万円になっても)価格が変化する相場がある限り、短期トレード、いわばビットコインFXのような投資の需要は残るでしょう。

だからこそ、相場を分析する力をつけておいて必ず損はありません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。