ビットコインキャッシュ

GithubがリリースしたGitcash.ioは世界を変えるのか

Github新たなアプリケーションをリリース

引用:https://gitcash.io/

6月22日にGitcash.ioと呼ばれる新たなビットコインチップアプリケーションが発表されました。

この新しいプラットフォームにより、Github登録ユーザーは、Gitcash.ioサービスにつながれたWebベースのホスティングサービスを使用して、BitcoinCash(以下、BCH)をチップとして扱えるようになりました。

これは、日本の2ちゃんねるのサイト内におけるMONAコインのようななげ銭に似ているといえるでしょうか。

モナコインの今後の価格推移を予想。その経済圏と将来性とはオタクが億を作り出したモナコイン「モナコイン」とは、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のキャラクターである「モナー」をモチー...

BCHの開発者は、ホスティングサービス上のGithubで機能する新しいチップアプリケーションを再び使用しています。

Githubは、オープンソースのコードベースをサーバ管理し、開発者にアクセス制御、バグ追跡能力、タスク管理を提供する人気のあるサービスになります。

またオープンソースのため、開発コミュニティーが多賀に協力することで多くのソフトウェアプロジェクトでコードベースに一貫性が生まれ、より安全に使用できる特徴を持ちます。

それに加えて、今回のGitcash.ioプラットフォームを使用すれば、BCHによるインセンティブで互いに助け合う環境を構築します。

例えば、誰かがあなたのプロジェクト内における問題・バグ発見したり、プロジェクトにいくつかのコードを書くことで、手伝った場合あなたは、彼らに幾らかの報酬を与えることができます。

Gitcashのプログラマーによると、

「Gitcash.ioはGithubのBitcoin Cashチッピングプラットフォームであち、ユーザーは私たちに革新を起こすためのオープンソースコードを書く開発者に直接サポートができます。」

またGitCashは、顧客情報、BitcoinCash受け渡し履歴、ウォレットを生成するなどサポートを行っています。

今までも、これからも非営利サービスとして、寄付によってサポートされ、無料で利用することができます。

これから非営利マーケティングチームのBCH Fundは、Gitcash.ioチームに対し今後2ヶ月間に渡り毎月1000ドルの資金を提供していきます。

この資金は、主にチップ受け渡し、広告費、報酬に使われるとGitcash.ioチームは説明します。

Gitcash.ioプロジェクトは、Chaintipチームによる協力を得て進められており、組織の賞金はWebサイトにて表示されています。

引用:https://github.com/

なぜ創設者はBCHによるGitcashを構築したのでしょうか。

「それは、毎日2ドル以下で生活する人々を含め、世界の全ての人に平等に利益をもたらす可能性のある健全な資金の使い道を確立したかったからです。」

「今では、仮想通貨は投機目的による利用が多い中、Gitcashが提供するプラットフォームにより通貨だけの利用だけでなく、世界を改善するツールだと信じているため私たちは熱心に取り組んできました。」

このように、誰もが平等で改善するための、プラットフォームには、今回のような仕組みにより開発を加速させる狙いがあるのでしょう。

Gitcashの使い方

1 Githubアカウントでログイン

Githubのアカウントは、SNSのアカウントがあれば簡単に作ることができます。

そしてGithubのアカウントでログインすることで簡単にアカウントが作成できます。

パスワードは覚える必要はなく、あなたの個人情報は全てプラベートに守られます。

2 コインを追加する

チップの受け渡しのために、BCH対応のウォレットを使用して、BCHをあなたのアカウントに入金するか、デバイスカメラによる紙幣を入金する2つの方法があります。

すでに誰かからチップを提供されていた場合は、ログインした後、アカウント内にて申請してください。

3 寄付してみる

例えば、あなたのお気に入りのユーザー、慈善団体などにアプリケーションを使用して送ってみてください。

この動作の際には、手数料を支払う必要もありませんし、世界の問題を解決する可能性を秘めています。

仮想通貨が秘める可能性とは

またBCHは現在行われているFIFAW杯に関わっています。その名もBitcoin Cash Footballと呼ばれる新しいオンラインゲームです。

ユーザーは、シーズン中にプレイヤー又は、監督として楽しむことができ、チームが勝った時にには、BCHを獲得するW杯トーナメントを開催しています。

こちらはGoogle PlayによるBitcoin Cash Footballというアプリでリリースされています

7月15日の最終戦まで開催されている時期に合わせて、世界中のプレイヤーとプレイができます。

BCHは公式アプリ内において、ゲーム内通貨として役割を持ち、スター選手のバイバイ、スタジアム施設、チームシステムをアップグレードが出来ます。

今回の取り組みには非常に面白みを感じます。

今までは投機目的だけで使われていた仮想通貨がこのように身近なサービス内で利用されてくるとなると、いかにサービスが向上しているか実感できる人もいると思います。

そこから仮想通貨が投機目的のための野蛮な印象から、私たちには欠かせないインフラのような存在として今後も発展して私たちの生活水準を高めていくことに期待したいです。

関連記事