ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコイン(BTC)チャートを操作する犯人とは

再び悪夢は再現されるのか

引用:https://www.coingecko.com

ビットコイン(以下、BCT)が先週末から下がり、ついに65万円台を切るなどクラッシュしてしまいましたが、果たして犯人は誰なのでしょうか?

2017年冬に価格暴騰した、米ドルと一対一で連動したTether(テザー)でしょうか。

それともBitcoin先物、価格操作によるものなのでしょうか。

ビットコイン(Bitcoin)の価格はテザー(tether)に操作されているどうやら2017年のビットコインの驚異的な値上がりは、tether(テザー)を使った人為的なインフレなようです。 これはテキサス大...

もし、誰が今回の相場暴落で恩恵を得ているか考えたときに、あなたが2017年の12月にBTCを売ってしまったことのように今の状況を確かめてください。

2018年に、頑なに仮想通貨を保持することは失望的であります。

BTCが継続的に上昇していくことは、明らかに予想できませんし、Bitfinexにより発行されたTetherとBTCの関係性やBTC価格のボランタリティーは、まだ明らかでありません。

先物BTCが、BTC価格形成の主な理由であると述べるアナリストもいますが、一概にはいえません。

騙されない4つの心得

まずここでは警告しますが

  • 仮想通貨記事
  • テレグラム解析チャート
  • ICOのレビュー

などを書く人々を信用してはなりません。

私たちが行う職業の共通点の一つにお金を稼ぐ目的を持ちます。

当然私たちの中には正直者で、真実と自身の価値観に基づき判断を下している人もいれば、いくらお金を稼げるかによる尺度で不透明性に判断する人もいます。

専門家とよばれる方も、経済的な動機付けや、地方分権のメリット、仮想通貨の目的を理解していない、いわば詐欺師たちが存在しており、彼らはできるだけ多くのお金を求めています。

今あなたのウォレットにあるアルトコインは5年後に消滅している 次々と生まれる新しいアルトコインは、一見すると投資家に莫大な利益を与えた上、その素晴らしいプロジェクトが革命を起こし、世界を変え...

テレグラムチャンネルを信用しない

ほとんどの情報は、質の悪いアドバイスや、虚偽の情報を流布するものであり、これらによる誇大広告があなたに大量のお金を支払いこませる恐ろしいトリックになります。

例えばRoyal Investmentというチャンネルは巧妙なトリックにより虚偽のグループを作ることで、あたかも作業報告をしてプロジェクト進行を醸し出しています。

Telegram(テレグラム)の使い方や絶対入るべき仮想通貨チャンネルを紹介仮想通貨の情報収集ツールTelegram(テレグラム)とは? テレグラム(Telegram)とはグローバルにおよそ2億人のユー...

信頼性が高いYoutuberの情報を鵜呑みにするな

草コインから詐欺コインがあなたは分類することができない場合、人んきYoutuberからの情報に頼ってしまうかもしれません。

彼らは、動画内で

「私はこの通貨が上昇していることを確信しています。」

「きっとその時が来るだろう。それを保証します。」

などと言って、考えず投資してしまう人もいます。

しかし、もしあなたに考える頭があるのならば、一語一句聞き残さず、市場分析、プロジェクト内容を精査するべきです。

Coin Mastery

BoxMinning

他にも海外では仮想通貨チャンネルが盛んですので、あなたが信頼できるチャンネルを登録するのもありでしょう。

ウェブサイトと、ホワイトペーパーしか持たない企業に投資するな

この3つ目のアドバイスに対して、質問するような真似だけはやめてください。

あなたが巨額のお金を使うことは出来ますが、判断材料は整ってますでしょうか。決定に至るプロセスに不審点はなかったでしょうか。

すでに商品化や、サービス開始している企業も存在し、情報社会の中あなたの欲しい情報はすぐ得ることは容易なことです。

ICO評価ウェブサイトを完全に信頼しない

日本にもいくつか評価サイトが存在しますが、Weiss法に従わず、彼らの格付けを完全に透明化しなければなりません。

なぜなら高く評価することで、彼らには、報酬が入って来るからです。

これらの警告があなたの正しい選択肢へと、影響しより良い市場になっていくことを目指します。

2018年の弱気な市場はどこへ向かうのか

引用:https://www.coingecko.com

私たち皆が、同じ相場下落結果に苦しんでることに疑いを持ちます。

「狂気は別の結果を期待しながら、何度も同じことをやっている」という言葉があるように今回の価格推移も操作されているのでしょうか。

最終的には潮流は変わりますが、機関投資家や、投資家、投資ファンドなどの投資家たちが、市場に米ドルを注入するまで辛抱強く待つ必要があります。

しかし、アメリカのアナリスト、トッド・ゴードン氏によるとビットコインのチャートが2019年までに1万ドルに回復すると予測をしました。

それによると、1度4000ドルまで下落するも、それは美しい上昇トレンドだとして、ボラティリティーが高い相場である点を強調しました。

犯人はまたThetherだったのか

一時年初最安値を記録したBTCですが、現在はチャートが回復してきています。

年末にBTC価格急上昇の黒幕であるステーブルコインThetherが25日、2億5000万円分のトークンを発行したとオムニ・エクスプローラーのデータにより明らかになりました。

3月末にも、3億ドル分のトークンをリリースしており、BTCの値動きに影響を与えました。

しかし監査法人による監査が行われておらず、発行分の米ドルを保有しているかはっきりしていないため、コミュニティー内で非難を浴びました。

今回は、米法律事務所が、Thetherの銀行口座に裏付けとなるドル保有を確認しましたが、正式な監査ではないとしています。

ビットコインは64万円台に切り込むも、現在は68万前後で推移しており、回復の見込みがありそうです。

最新チャートはこちら

ビットコイン(BTC)のチャートと相場価格ビットコイン(BTC)の価格とチャート TradingView提供によるBTCUSDチャート ...