仮想通貨

TRON(トロン)独立記念日を祝して10億TRXをバーン

TRON(トロン)、さらなる一歩へ

TRON(TRX)は、正式にメインネットを起動し、ライバルをEthereum(以下、ETH)と自己宣言した上で、今後代表者として選ばれるでしょう。

TRONは、現在時価総額10番目として、6月25日に独立日を迎え、Twitter上でTronの「独立記念日ライブ配信」を行いました。

TRONメインネットは、5月31日に生漆器に立ち上げられ、Odyssey2.0では、dApp(分散アプリケーション)の作成をサポートする公開ブロックチェーンを意図してしおります。

自身で宣言しているように、メインネットワークをEthereumの協力競争相手になることを目標としており、ETHよりも400倍速いと主張しています。

ERC-20トークンは共有や、他トークンとの交換、ウォレット転送ができ、新しいトークン作成も可能だが、スマートコントラクト決済に使用された場合、トークンが意図せず破棄される可能性もあるため、ERC-223という新たな標準がETHコミュニティーで取り組まれています。

ERC20,223,721とは?イーサリアムで用いられる技術仕様の仕組みトークンを取り巻くプラットフォームの現状 近年仮想通貨市場ではあらゆるICOトークンが市場に出回るようになり、その種類は仮想通...

そのため、Odysseyのリリースでは、Delegated Proof-of-Stake(PoS)コンセンサスアルゴリズムを使用し、ブロック生成、トランザクション検証のために、27に及ぶブロックバリデータ(SRS)が要となります。

しかし5月31日にローンチして、投資家がERC-20準拠したトークンを新しいネットワークに移行する、メインネットへの移行期間は約4週間かかりました。

Tron(TRX)が独立にためのOdyssey2.0プロジェクト始動Tron(TRX)がEOSと共に、ERC-20から独立 引用:https://tron.network/ Tron(TRX)...

さらに公式ブログでは、独立を祝して大規模なコインバーンが行われることを発表しました。これは、TRONの発行枚数を減らすことにより、希少価値を生み出し、コイン価格が上昇する狙いがあります。

TRON財団は、一度に約55億円に相当する、1,000,000,000TRXのバーンを行いました。

このTron全発行量の1%に当たるTRXは、財団があらかじめ保有してある分だったため、市場に直接的な動きはなかったとみられています。

独立記念日では、当初ERC-20準拠のトークンをサポートしていたネットワークであるEthereumブロックチェーンからの移行を祝しました。

しかし、Odysseyの活動が発表されたライブイベントではJustin Sun氏は数日間で完了すると説明しました。

また、このプロジェクトでは、移行をサポートする仮想通貨取引所の3分の1でトークンスワップを完了しており、残りの3分の2の取引所が合致した後に、ユーザーはトークンを安全に引き出すことができると述べてました。

次なるフェーズとは

引用:https://tronscan.org/#/votes

6月25日に、GBNがGenesis Block(ネットワーク上の最初のブロック)の作成に向け、最終起動コマンドをロードします。

そのロードを26人のGRが受け取り、GRの3分の2以上の合意に至れば、TRONのメインネットが設立され、独立記念日となり、Super Representative (以下、SR)選挙が開始されます。

そして、27人のGRが新たなSRに代替され次第、次の段階に移行します。

Sun氏はジェネシスフェーズと呼ばれる、Super Representatives(SR)の選挙を進行することを確認しました。

予定通り、SRの投票は6月26日から開始されております。

これにより、ネットワークに強化した機能・開発に大きな役割を果たすために、プロジェクト、独立したTRONの究極フェーズと呼ばれる重要ステップに入ります。

一体この選挙はいつまで続くのでしょうか。

それに対してSun氏はこのように答えました。

「恐らく、選挙期間は5日間か、それ以上となるでしょう。何故ならトークンホルダーには彼らのメインネットトークン取得する時間が必要だからです。」

合計27人の選抜されたスーパー代表が取引確認・ブロック作成を担当し、候補者に関する情報や投票プロセスはこちらから確認できます。

https://tronscan.org/#/votes

各TRXトークンを一票として、スーパー代表は少なくとも1億票を投票してもらう必要があります。

Tronが抱える問題とは

TRONは絶えず革命を起こそうと、ETHの競争相手として日々開発に勤してますが、多くの批判に直面しており、ETH創業者Vitalik Buterin氏とも度々衝突しています。

Buterin氏は、公然とETHのホワイトペーパーを盗用したとして、非難してます。

Tronは独立性を主張してますが、これについてリード技術者 Lucas Nuzzi氏によると、ネットワークコードベースの大部分はEthereumのライブラリに基づいています。

https://twitter.com/LucasNuzzi/status/1009072777641512960

TronのDelegated Proof-of-Stakeコンセンスアルゴリズムは、ユーザーがトランザクションを検証するのでなく、これらの責任を担う代理人(TronのSR)を代理するシステムとして、分権化のエリトリとは相反すると批判されてます。

7月30日公開予定のTVMに注目

Sun氏は、消費者向けの商品をリリースしたいとしたいとして、マイクロソフトを例にブロックチェーン業界のマイクロソフトになりたいと主張しました。

ブロックチェーン技術は、非技術者の消費者が触るには敷居が高く競争相手が限定されるため、Sun氏の顧客体験に焦点を当てた今後の発展に注目が集まります。

7月30日には、トロンエコシステムのためのトロン仮想マシン(TRON Virtual Machine ,TVM)を実装し、通貨発行やスマートコントラクトなどを手がける世界中の開発者たちによりよい環境提供をする予定です。

仮想マシンとは

仮想化といっても、サーバ、ストレージ、ドライブ、デスクトップなど多くの仮想化が存在します。

一言でいうなら

「物理的な環境に囚われず仮想的な環境を作り出すこと」

例えば、サーバ仮想化は一台の物理サーバ上に、仮想的に作り出されたサーバを複数稼働させます。

これにより、一台で複数のサーバが稼働していることになります。

仮想マシンとは、仮想的に作り出されらハードウェアを指すので、先ほどの意味と同様に一台で複数のサーバーを作り稼働させることができます。

メリットとしましたは、余剰に余るハードウェアのリソースを有効的に活用でき、ハードウェアの性能を精一杯引き出すことが出来ます。

そのためTronも開発に向けた環境を整える目的があります。

仮想通貨トロン(TRON)とは?分散型プラットフォームの今後を考察期待の仮想通貨トロンとは? トロン(TRON)とは、ブロックチェーン技術を駆使して世界中の動画やゲームのクリエイターが活躍するステ...