仮想通貨

ETH(イーサリアム)を電話番号だけ送れるアプリ登場

アドレスが無くても電話番号でETH(イーサリアム)が送れる

相手の仮想通貨アドレスがわからなくても、電話番号でイーサリアム(ETH)を送れるアプリが登場しました。

ICOのプレセールに参加するとき、Airdropに参加するため、友人とトークンの受け渡しするとき、様々なシチュエーションでウォレットが必要になり、その度にアドレスを提示したのではないでしょうか?

イーサリアムに関して言えば、おそらくMy EtherWalletなどがよく使われています。

イーサリアムのERC20とは?その発行トークンやウォレットについて解説イーサリアムで独自トークンを発行できる「ERC20」 仮想通貨の種類は現在1,000を軽く超えており、代表的なビットコインやイ...

しかし、このようなトークンの受け渡しの方法も大きく変わりそうです。

これまで、仮想通貨の使用に関しては、ユーザーには高いリテラシーが求められてきました。先述したように、ペーパーウォレットが作成やハードウェアウォレットの取り扱いがわからない場合、取引所を介さない個人間での取引はほぼ不可能だったからです。

しかし、今回リリースをしたサービスは、Eth2Phoneという名称ですでに複数のDappsブラウザに接続がされています。

電話番号だけ、つまりSMSでETH(イーサリアム)が送れることのメリットは多くあると思います。相手がウォレットを持っていなくても仮想通貨が送れるということは、相手が仮想通貨ユーザーでなくとも良いわけです。

どのような仕組みでこれが実現をするかというと、送信したい任意のトランザクションをロックして、1つのURLを作成します。受信者が、そのURLをクリックをすると、ETHを無事に受け取ることができます。この仕組みは実にシンプルでユーザビリティーも高いです。

ビットコインのトランザクションとは?その意味や仕組み、手数料などを解説仮想通貨でよく使われる「トランザクション」の意味とは? 仮想通貨界隈ではよく「トランザクション」という言葉を耳にするとは思いま...

ユーザーの資金紛失については

 

取引、受け渡しが行われる際に、ユーザーが最も心配することは、放置されてURLがずっとクリックをされなかったり、なんらかの理由で送ったSMSが受け取れなかった、または、電話番号が間違っていた等という事態です。

その場合、「送金したはずの資金が消失をするのではないか?」という懸念が出てきます。

ですが、その場合は送信者コントラクトを解除して、手元に資金を戻すことができる機能という優れた機能があります。つまり、誰でも簡単に送金のキャンセルを安全に行えるのです。様々なサービスと比較しても、仮想通貨的でありながら、とても親切な設計になっています。

このサービスは、電話番号で送ることを前提にしていますが、基本的にURLをSMSで送るだけなので、プラットフォームが変わったとしても十分に仕組みは機能します。例えばLINEやFacebookのメッセンジャーアプリなどでも構いません。

実は、Byteballでも同じ機能がネイティブのウォレットに実装されていたのですが、あまり認知をされずにいました。Ethereumでこのような機能が使えるようになることは良いことです。

さらに、このアプリは、すでに複数のDappブラウザウォレットに接続されているため、機能拡張にはうってつけな状態なためこれはサービス開発者にとってありがたいことだと思います。

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」 ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...

自分自身でアプリを作ってしまえば、AppStoreに申請しなくても、Toshiなどが対応すればユーザーはモバイルからアプリを使用することができます。

出典:https://eth2.io/

 

 

開発者によると、今後、ERC20やERC723などのトークンのサポートも始める予定があるとのことです。また、ビジネス向けに今後、同サービスが解決できるソリューションを模索するつもりだそうです。

今後、このようなことができるようになると、何が実現できるのか、ここで一例をあげます。

例えば、大きな決済機能と契約できていない、インディーズレーベルのバンドが、ユーザーのメールアドレスだけ知っていれば、お客さんがEthereumのウォレットを持っていなくとも、ERC723ベースのチケットを発券することができるので、ファンは仮想通貨での決済が簡単にできるので、チャンスが広がります。

これは一例に過ぎず、考え出したら止まらないほど、無限にアイディアは出てくるでしょう。UI(ユーザーインンターフェイス)の面では、まだまだ改善の余地が多くありますが、非常に楽しみな試みです。