アルトコイン

リップル(XRP)のロックアップとは?解除の予定と市場への影響

時価総額第3位の仮想通貨に起こった変化とは

リップルは、アルトコインの中でも高い人気を誇り、時価総額はビットコイン、イーサリアムに次いで第3位となっています。リップル社が開発、運営する国際送金ネットワークのことをリップルと呼び、リップルのネットワークで用いられる通貨のことをXRPと表記します。

XRPは通貨間の橋渡しを行うブリッジ通貨としての機能を有しており、これにより従来よりも低コストで迅速な海外送金が可能になります。この画期的なシステムは、世界中の金融機関から注目を集めており、実用化への期待が高まっています。

XRPの発行上限枚数は1000億XRPとされており、そのうちの約630億XRPを現在リップル社が保有しています。そしてさらにそのうちの550億XRPが2017年12月にロックアップされ、大きなニュースとなりました。

この「ロックアップ」とは具体的にどのような仕組みなのでしょうか。リップルの将来性を予測する上で欠かせない情報となるロックアップについて、詳しく解説します。

リップルのロックアップとはどのような仕組みか

ロックアップとは「鍵をかける」という意味があり、その名の通りロックアップされた通貨は一定期間自由に売買ができません。

株式投資の世界ではよく使用される言葉で、株式が大量に売却されることにより価値が暴落するのを防ぐために、新規銘柄公開後は一定期間株式を売却しないよう、大株主と上場企業の間で契約が取り交わされることがあります。

これをロックアップと呼び、市場での需給バランスを調整するための手段として用いられています。

リップルのロックアップとは

リップル社は、2017年5月に自社が保有している630億XRPのうち、550億XRPをロックアップすると発表しました。そしてその後2017年12月に、予定通りロックアップを完了したとアナウンスしています。

この場合のロックアップとは、鍵をかけられた550億XRPが一定期間市場に出回らず、凍結された状態にあることを意味します。リップル社は、XRPのロックアップにエスクローという機能を利用しています。これは、特定の時間や条件を設定し、その条件が成立するまではXRPを使えないようにする機能です。

この機能により、一度ロックアップされたXRPは当初設定された期間を過ぎなければ引き出せないようになっています。エスクローの設定には暗号技術が使用されており、リップルネットワークによって監視されています。

常にネットワークによって監視されているため、エスクローの改ざんはほぼ不可能です。ロックアップされたXRPは、極めて安全に保管されており、不正に流出するリスクは非常に低いと言えます。

XRPがロックアップされた理由

何故、リップル社は550億ものXRPをロックアップしたのでしょうか。その理由は、「一度に大量のXRPが市場に放出され、価値が暴落するのを防ぐため」です。

元々上限枚数1000億XRPのうち、過半数となる630億XRPをリップル社が保有していたことで、投資家の間では「630億XRPが一気に市場に出回ると価値が暴落するのでは」という懸念がありました。

しかし、リップル社は自社のリップルネットワークによる利便性の高い国際送金の実現を目的としており、そのためにはXRPの流動性が必要不可欠であると考えています。投資家の懸念が市場に影響し、XRPの流動性が下がってしまうと、リップル社の目標とする国際送金の実現が難しくなってしまいます。

こういった背景から、リップル社は自社保有XRPの90%をロックアップすることに決めたのです。今回行われたロックアップにより、大量のXRPが市場に出回る可能性は大幅に低くなり、当初投資家たちが懸念していたXRPの大量放出による価格の暴落は免れました。

リップルのロックアップはいつ解除される?

ロックアップされたXRPは、永久に凍結されたわけではありません。ロックアップの際に設定した期間を過ぎれば、再びXRPが引き出せるようになります。

毎月1日に10億XRPを解除

ロックアップされた550億XRPは、2018年1月以降、毎月1日に10億XRPずつ解放されていくと発表されています。一月に10億XRPを、55ヶ月かけて徐々に解放していきます。

放出された10億XRPは直接市場に出回るのではなく、リップル社から機関投資家や証券会社へ分配される予定です。さらに、もしも10億XRP全て配布しきれなかった場合、余った分のXRPは再びロックアップされ、55ヶ月後に解放されることになっています。

毎月解放されるXRPの量があらかじめ公表されていることにより、今後のXRPの流通量の予測が立てやすくなったというメリットがあります。また、少しずつ解放されていくことで、懸念されていたインフレのリスクも非常に低くなりまた。リップル社のこうした一連の動きは、リップルの送金システムおよびXRPに対する信頼を強めることに繋がっています。

リップルのロックアップが今後に与える影響とは

XRPのロックアップが、市場にどのように影響するのかを懸念する声もありましたが、分配先が機関投資家など一部の法人に限定されたこと、それにより10億XRPがいきなり市場に放出される可能性がほぼなくなったことで、市場への影響はほとんどないと考えられています。

また、リップルの送金システムについては世界各国の金融機関が注目しており、現在100社以上と提携しています。日本では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行といったメガバンクがリップルの技術を採用した海外送金を開始すると発表しています。

銀行だけでなく、クレジットカード会社や各種金融サービス機関もリップルの導入に動いています。未だ実験段階ではありますが、リップルの技術に対する高い注目度は、今後XRPの価値が上がっていく好材料といえるでしょう。

さらに、XRPがロックアップされたことでインフレのリスクがなくなり、XRPの通貨としての価値が守られたという意見もあります。いずれにせよ、毎月の10億XRPの放出によってXRPの価値が下落する可能性は低いという見方が大半です。

ロックアップ直後から年明けの推移

リップル社がXRPのロックアップを完了した2017年12月には、XRPの価格は一時的に250円を超えました。ロックアップは通貨の供給が絞られることを意味するため、ロックアップが完了した後の価格が上昇したのは自然な流れといえます。

しかし、その後年明けの2018年1月1日には、10億XRP放出により価格が下がるのではという懸念もありましたが、実際には1月上旬も価格は上がり続け、大きな混乱はありませんでした。

毎月どの程度のXRPが放出され、どの程度が再びロックアップされているか正確な数字は不明ですが、毎月の放出により価格が暴落することはない、という見方は今のところ間違っていないようです。

国際送金システムを変えるポテンシャル

リップル社がXRPをロックアップしたことで一時大幅に上昇したXRPですが、その後は徐々に価格が落ち着いてきています。

しかし、リップルの技術には世界中の金融機関が注目しており、各企業との提携のニュースがXRPの価値に影響を与える可能性は十分あります。国際送金システムを変える可能性があるリップル社の動向は、今後も高い注目を集めるでしょう。

関連記事