取引所・販売所

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)とは?特徴や登録方法を解説

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)とは?

BitMEX(ビットメックス)とは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

この取引所は最大100倍までのレバレッジ取引が出来る魅力も持っており、仮想通貨の取引は現物ではなくデリィバティブ取引のみとなっているのが特徴的です。

本記事では、BitMEXの特徴や登録方法などについて解説していきます。

BitMEX(ビットメックス)の特徴


引用:BitMEX

では、以下よりBitMEXの特徴を解説していきます。

BitMEX(ビットメックス)の運営会社

BitMEXの運営会社はHDR Global Trading Limitedと呼ばれる香港に拠点を置く会社であり、2014年に設立されました。


引用:BitMEX

そして、BitMEXの共同設立者でありCEOでもあるArthur Hayes氏は元々ドイツ銀行とシティバンクのETF事業のマーケットメーカーであり、経験豊富なトレーダーでした。

そしてCTOであるSamuel Reed氏も共同設立者であり、コンピュータサイエンスの学位と12年のプログラミング経験を持ちます。

BitMEX(ビットメックス)の取り扱い通貨

2018年6月現在、BitMEXで取り扱いされている仮想通貨は以下の通りです。

  1. ビットコイン(BTC) ※BitMEXでは通貨単位がXBT
  2. カルダノコイン(ADA)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)
  4. イーサリアム(ETH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. リップル(XRP)
  7. イオス(EOS)
  8. トロン(TRX)

以上の8種類となっており、ビットコインは通貨単位の表記が一般的な「BTC」ではなく、ここでは「XBT」となっているので注意しておきましょう。

なお、2018年になって「ダッシュ(DASH)」「イーサリアムクラシック(ETC)」「モネロ(XMR)」「Stellar(XLM)」「Zcash(ZEC)」といった通貨が上場廃止となりました。

最大100倍で追証無しのレバレッジ取引が可能

何と言っても、BitMEXの最大の魅力はMAX100倍までのレバレッジ取引が出来る所です。

レバレッジ取引とは?

一定の証拠金を預けておくことで、その証拠金の何倍ものお金を借りて出来る取引のこと。

BitMEXでは他にはないような100倍のレバレッジ取引が出来ますが、日本の取引所と比較するとBitMEXが圧倒的高い倍率で取引出来る事が分かります。

取引所名最大倍率
bitFlyer15倍
ビットバンク20倍
GMOコイン25倍
ビットポイント25倍
ザイフ 25倍

また、BitMEXでのレバレッジ取引は追証無しで出来るのも特徴です。

追証とは?

追加保証金の事を表し、一定の証拠金の維持率を下回ると追加の保証金を入金すること。

BitMEXは追証が無いゼロカットシステムなので、保有資産が含み損となったとしても最初に証拠金として入金した額以上を請求されません。

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ倍率と手数料

BitMEXでのレバレッジ倍率は各通貨毎に異なっており、手数料もそれぞれ異なるのですが、詳細は下記図の通りです。


引用:BitMEX

BitMEXでは上記の図のようにメイカーの手数料はどれもマイナスとなっており、ビットコインが−0.025%でアルトコインはいずれも−0.05%となっています。

メイカー手数料とは?

指値注文の際に掛かる手数料のこと。

BitMEXの場合はメイカー手数料がいずれもマイナスなので、手数料を支払うのではなく逆に貰える仕組みとなっています。

なお、テイカー手数料の方はビットコインが0.075%、アルトコインが一律0.025%となっています。

テイカー手数料とは?

成行注文の際に掛かる手数料のこと。

このようにアルトコインが0.025%と、他の取引所と比べてもBitMEXの手数料はかなり割安だと言えるでしょう。

日本語に対応している

BitMEXは日本語にも対応しており、ヘルプなどのページも全て日本語で表記してくれます。

他にもHuobiが日本語に対応していましたが、(※但し現在は日本居住者向けのサービスを停止中)数少ない日本語対応の取引所の一つです。

また、日本語の他にも中国語や韓国語にも対応可能となっています。

BitMEX(ビットメックス)のメリット

ハイレバレッジで追証無しの取引が可能

上述の通り、BitMEXでは追証無しで最大100倍までの取引が可能です。

例えば10万円の元手があれば最大1,000万円まで取引が可能という事であり、更に追証無しなので証拠金がゼロになった時点で強制的にロスカットしてくれます。

なので、損失は限定的で利益は無限大の取引を行う事が可能となります。

アルトコインもレバレッジ取引をする事が可能

BitMEXは単純なビットコインのみならず、あらゆるアルトコインをレバレッジ取引する事が出来ます。


引用:BitMEX

上で説明したようにそれぞれ最大倍率は異なりますが、EOSやTRXまでも最大20倍のレバレッジ取引が可能です。

このように、アルトコインのレバレッジ取引の種類も豊富な点がBItMEXを利用するメリットの一つです。

手数料が安い

BItMEXは比較的手数料が低水準となっており、メイカー手数料はいずれもマイナスです。

テイカー手数料の方も0.025~0.075%と、0.1%台を切った手数料率なのでとても割安だと言えます。

BitMEX(ビットメックス)のデメリット

現物取引が無い

BItMEXでは現物取引は行われておらず、全てがデリィバティブ取引となっています。

なので、通貨を中長期で保有したり、「純粋に現物取引のみを行いたい」という人にとっては不向きな取引所であると言えるでしょう。

日本円の入金は不可

BitMEXでは大半の海外取引所と同様に日本円の入金は不可となっており、取引を進める為にはまず国内でビットコインを購入し、それを同取引所へ入金する必要があります。

出金が一日に一回しか行えない

出金については後述しますが、BitMEXでは一日に一回、日本時間の午後10時の時間帯にまとめて送金されます。

なので、緊急時にはやや不便を感じてしまう点もあります。

BitMEX(ビットメックス)の登録方法

では実際にBitMEXの登録手順を見ていきます。

まずはBitMAXの登録画面にアクセスしましょう。

上記の画面に沿って「メールアドレス」「パスワード」「国」「名前」を入力し、利用規約に同意をしたら登録をクリックしましょう。

なお、画面右上の日本の国旗をクリックすれば日本語表記されます。

その後は登録完了の画面に移り、登録したアドレス宛にメールが届くので確認しましょう。

メールを確認したら下記赤枠の「メールを認証」をクリックします。

無事に認証されれば登録完了です。

BitMEX(ビットメックス)の使い方


引用:BitMEX

BitMEX(ビットメックス)での入金と出金

BitMEXでは全ての取引がビットコイン建てとなる為、まずビットコインを入金しなければなりません。

入金手順としては、まずトップページにアクセスして上部の「アカウント」をクリック後、サイドバーにある「入金」に進みます。

画面上に表示されるアドレスをコピーして送金を行いたい取引所にペーストして送付出来ます。

なお、注意点としてこのアドレスはビットコイン専用なので、他の通貨をこのアドレスへは送付しないように注意しておきましょう。

 

次に出金方法ですが、同じようにアカウントから左サイドバーまで行き、「出金」をクリックします。

上記の画面に行くと、「宛先のアドレス」「金額」「トランザクション手数料」をそれぞれ入力して確認しましょう。

確認後は下の「送信する」を押して完了です。

なお、ここで送金の注意点として、上述した通りBitMEXから出金が可能なのは一日一回と定められており、日本時間の午後10時辺りだとされています。

ですので、時間等もしっかり確認して出金するようにしましょう。

BitMEX(ビットメックス)での注文方法

次に注文方法を見ていきましょう。

下記図の通り、注文画面とレバレッジ取引の設定に分かれています。 

取引の種類は基本的な指値や成行の他にも、その通貨が予め指定した価格に達した時に損切りする事が出来る「ストップ成行」「ストップ指値」などといった注文方法があります。

なお、レバレッジの倍率設定は以下のようにアイコンをクリックする事で小数点以下の倍率まで設定する事が可能です。

ここでレバレッジ取引の注文を出す際にはしっかりと確認しておきましょう。

自分で気付かずにレバレッジ100倍になっていたら大変ですので、最終確認をしっかりしておくべきです。

二段階認証の設定方法

次にセキュリティ性を高める為の二段階認証の設定方法を確認しておきます。

まず、トップページから自分のアカウントタブをクリックし、下記赤枠の「アカウントとセキュリティ」をクリックしましょう。

次にアカウント情報の中から「2要素認証を有効化」の部分をクリックし、「Google Authenticator」もしくは「Yubikey」のいずれかを選択します。

今回はGoogle Authenticatorを使用して進めるとします。

進めると以下のように認証コードとバーコードが表示されます。

こちらをApp StoreもしくはGoogle Playでアウンロードした認証アプリのバーコードスキャンから読み取りましょう。

すると、アプリ内で以下のように認証コードが表示されるようになります。

そして、アプリ内で随時表示される6桁の数字をサイトフォームに入力して送信しましょう。

送信完了すると次回から二段階認証でのログインが出来るようになります。

BitMEX(ビットメックス)の今後

以上がBItMEXについてでしたが、今後海外取引所はいつ日本人向けのサービスを停止するか分かりません。

だんだんと他の海外取引所も日本の法律に合わせて体制を整えて来ていますが、なんとBitMEXはカナダのケベック州の住人に対してサービスの終了を宣言したとされています。

今後日本でもサービスの停止は十分に考えられますが、ユーザーはその取引環境が整備されるのを待つしかないでしょう。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。