トークン

ERC1155とは?Dappsゲームを変える新しい技術の特徴や将来性

EnjinCoinのCTOが新しい技術仕様「ERC1155」を開発


EnjinCoinの共同設立者でありCTOのWitek Radomski氏は、イーサリアムブロックチェーンにおける新しいトークンの標準規格である「ERC1155」を開発しました。

今までのICOトークンなどは大半がERC20、そしてキャラクターを用いたDappsゲームなどではERC721に準拠したトークンなどが主流でしたが、今回Dappsゲーム用に新たに設計されたのがこのERC1155です。

この、新たに開発されたERC1155は、今後のトークンエコノミーやブロックチェーンゲームの発展に寄与する為の大きな可能性を持っており、そこに筆者も興味と関心を抱いています。

よって本記事では、ERC1155の特徴やその将来性について解説していきます。

イーサリアムベースの新仕様「ERC1155」とは?

ERC1155とは、ERC20とERC721の両方の仕様を組み合わせた標準規格であり、この仕様によってERCトークンの代替可能な要素と代替不可能な要素の両方を用いてトークン化出来るようになります。

これによって従来のERCの仕様で抱えていた問題を解決する事ができ、Dappsゲーム内のアイテムをより効率的にトークン化して、イーサリアムのブロックチェーン内のトランザクションコストも減少させる事が可能です。

Dappsとは?

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来分散型となったアプリケーション「Dapps」 ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。 イーサリ...

さて、そんなERC1155を知る為には従来のERC20、ERC721について知っておく必要があるので、まずは両者の特徴やその違いを確認しておきましょう。

ERC20やERC721との違い

大半のICOで用いられているERC20

イーサリアムのブロックチェーン上で用いられているトークンの仕様設計は大半がERC20となっており、今日までの多くのICOにて新規発行されるトークンとして扱われてきました。

イーサリアムのERC20とは?その発行トークンやウォレットについて解説イーサリアムで独自トークンを発行できる「ERC20」 仮想通貨の種類は現在1,000を軽く超えており、代表的なビットコインやイ...

そして、このERC20は他のトークンと代替が可能な性質を持っており、全てのERC20トークンは同じ価値を持つ「Fungible Token(代替可能なトークン)」となります。

それは例えるなら、現在世に出回っている紙幣の価値がどれも同じであるのと同様であり、「誰が見ても同じ価値」なものは代替可能と言えます。
よって、このERC20はICOなどで通貨や参加権として用いられるトークンに適しているのです。

Dappsゲームで用いられるERC721

ERC20に代わって2017年に提案されたERC721はERC20とは異なりFungible Tokenに対して「Non-Fungible Token(代替不可能なトークン)」を作成する事ができます。

ERC20,223,721とは?イーサリアムで用いられる技術仕様の仕組みトークンを取り巻くプラットフォームの現状 近年仮想通貨市場ではあらゆるICOトークンが市場に出回るようになり、その種類は仮想通...

このERC721は価値がそれぞれ異なる不動産のように、ゲーム内で異なったステータスを持つようなキャラクターをトークン化するのに適しています。
なぜなら、ゲーム内のキャラクターはそれぞれが個性を持っており、レベルや見た目なども違う代替不可能なものだからです。

なお、このERC721の仕様は現在Dappsゲーム「Crypto Kitties(クリプトキティーズ)」で応用されており、ゲーム内で登場するそれぞれステータスの違った子猫にこれが当てはめられています。

ビデオゲームへ応用されるERC1155の特徴

以上のERC仕様を踏まえ、ERC1155がどのように機能するのかを見ていきましょう。

ERC1155はERC20とERC721を組み合わせたハイブリッド型

上述の通り、ERC1155はERC20とERC721の両方の仕様を組み合わせた標準規格であり、その両者が持つ代替可能な性質と代替不可能な性質とを使い分ける事が出来るようになります。

では、なぜそのようにハイブリッド型にする必要があるのでしょうか?

ERC1155はゲームでの実用性を高められる設計

実際のゲームで用いられるアイテムやキャラクターでは、代替可能な性質を持つものと、代替不可能な性質を持つものの両方が存在しています。

例えば、ポケットモンスターやドラゴンクエストといったRPGゲームを思い出してみて下さい。

ゲーム内で利用される通貨や、誰が使用しても同じような回復アイテムなどは代替可能な性質があると言えます。

しかし、戦闘用の武器やキャラクターなどはそれぞれステータスが異なっていたりする為、それらは代替不可能な性質を持っていると言えるでしょう。

ポケモンならモンスターのレベルやワザ、戦闘能力など、全て異なっています。

このように、ERC1155を応用する事で、ゲーム内でそれぞれ違った性質のアイテムやキャラクターに適した仕様を当てはめる事ができ、効率的にゲームアセットを作成する事が可能となるのです。

ERC1155はアトミックスワップを容易にする

そしてERC1155はアトミックスワップを容易にし、そのプロセスを簡略化出来ます。

【図解】アトミックスワップとは?個人間で仮想通貨取引が出来るその仕組みアトミックスワップとは? アトミックスワップとは、取引相手の信頼を必要とせずに仮想通貨の取引が出来る技術です。 従来の取引で...

以下の図のように、既存のトークンにおいてアトミックスワップを実現させるには複数の承認ステップを踏む必要がありました。


引用:EnjinCoin−Medium

このように、各ERCトークンは各取引アイテムを個別で承認して処理される必要があった為に、上の図の場合だと4つの承認(Approve)ステップを踏まなければなりません。

しかし、ERC1155の場合は以下の図のように、複数のアイテムをまとめてグループ化する事が可能です。


引用:EnjinCoin−Medium

これによってコントラクトが一つにまとまり個別のトークンを承認する必要がなくなるので、承認ステップは2つで済むようになります。

このように、ERC1155はアトミックスワップのプロセスを簡略化出来るのです。

一度に複数のトランザクションが可能となる

ERC1155では、1つのトランザクションで任意の数のゲーム内アイテムを複数の受信者に送信する事が出来ます。


引用:EnjinCoin−Medium

アトミックスワップの際にも説明した通り、従来の仕様の場合は各トークン毎の取引を個別に承認して処理する必要があり別々のコントラクトを展開しなければならなかった為、そのプロセスが複雑且つ非効率となっていました。

これは開発者のRadomski氏が公式ブログで例えているように、食料品店でパンやリンゴを購入する度に一回一回クレジットカードを切ってレシートを受け取るようなものです。

しかし、これをERC1155に代替えすることによって一度に複数に向けてトランザクションを送信する事ができ、これによってイーサリアムネットワーク内のトランザクションコストも抑える事が出来るのです。

なお、このERC1155の実装に関する議論はGithubのスレッド内で行われている模様です。

ERC1155を実装するメリット

では、ERC1155を導入するメリットを改めて見ていきましょう。

ゲーム内アイテムのトークンをユースケース毎に作成可能

上述の通り、ERC1155ではERC20やERC721の両方の性質を応用する事が出来るので、それぞれのユースケース毎に活用する事が出来ます。

これはERC721で用いられていたようなキャラクターのみの売買ではなく、そこに代替可能なアイテムも混合させる必要がある場合に適しているでしょう。

よって、よりフレキシブルにゲーム内アイテムやキャラクターをトークン化する事が可能なのです。

トランザクションコストの削減

ERC1155によってトークンをグループ化し、一度のトランザクションで複数に送信する事で、以前から懸念されていたイーサリアムネットワーク内でのトランザクションコストを抑える事が出来ます。

Radomski氏が書いたブログ記事によると、一度のトランザクション毎に最大200ものオペレーションが可能とされており、スケーラビリティ問題の解決にも繋げる事が出来るでしょう。

誰でもトークンの作成が可能

You don’t need to be an experienced blockchain developer to make tokens with ERC-1155.
引用:EnjinCoin−Medium

ERC1155の開発者Radomski氏は、上の引用の通り「ERC1155トークンを作成するには経験豊富なブロックチェーン開発者である必要はありません」と主張しています。

同ブログでは、誰でも新しいトークンを作成してすぐにそれを配布出来るとされており、今後よりハードルを下げた簡易な実装が期待出来るでしょう。

ERC1155が実装される予定のEnjinCoin(ENJ)とは?


引用:EnjinCoin

このERC1155の開発者Radomski氏が手掛けている「EnjinCoin(ENJ)」とは、ゲーム内で取得したアイテムをプラットフォーム「Enjin」の中で交換したり売買したり出来る仮想通貨です。

ゲームプラットフォーム「Enjin」

このプラットフォームEnjinはWebゲームのコミュニティであり、既におよそ2,000万人のユーザーと20万を超えるゲームコミュニティが存在しています。

なお、同プラットフォームへのアクセス数は6,000万を超えているとされており、既に巨大な基盤があります。

ERC1155はもうすぐEnjinCoinへ導入か

今回の新たなERC1155がEnjinCoinに導入されれば、プラットフォーム内でのゲームアセットの売買はより実用的で便利なものとなるでしょう。

そのEnjinは2018年7月、TwitterにてERC1155仕様の導入は後数週間後である事を発表しました。

実際にこのERC1155が形になるのももう間近となりそうです。

なお、EnjinCoinの価格に関しては、仮想通貨市場全体の動きに沿っており、特段大きな突発はしていません。

引用:coinmarketcap

ゲームだけに留まらないERC1155の可能性

以上がERC1155についてでしたが、このERC1155の仕様はゲーム内のみならず、他のアセットのトークン化へも活用出来るでしょう。

これを応用すれば、現実世界の代替可能な資産(紙幣など)や代替不可能な資産(不動産や株式)をトークン化し、仮想空間での経済圏を実現する事も可能となるかもしれません。

ゲーム関連のDappsから始まるかとは思いますが、今後はそれ以外の分野での応用の可能性も十分にあるでしょう。

少し前まではERC721が話題となっていましたが、すぐにこのERC1155が開発され、本当にスピードの早い世界だと筆者も驚いています。

ブロックチェーンはまだ始まったばかりであり、今後ワクワクするような未来が期待出来ます。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。