ビットコイン(Bitcoin/BTC)

仮想通貨の未来はどうなる?大物による見解やWebBotの予想の結果

億り人はもう難しい?仮想通貨市場の現状

2017年の仮想通貨市場は空前の盛り上がりを魅せましたが、「2018年は?」と聞かれると、恐らくほとんどの人が首を傾げてしまうのではないでしょうか。

なぜなら、2018年以降の仮想通貨市場全体のチャートは何度見直しても右肩下がりだからです。


引用:coinmarketcap

年もあっという間に半分を過ぎて既に折り返し地点となりましたが、上記のチャートのようにどうも盛り上がりに欠ける全体の進捗となっています。

そして、2018年のビットコインの価格は時が経つに連れてどんどんと縮小している事がわかります。

このように、3月上旬以降からビットコインは1万ドルをも超えられなくなっており、直近ではついに6千ドルを切ってしまいました。

仮想通貨市場全体の時価総額は年初からおよそ半分となり、その時価総額は現在およそ27兆円と、年初60兆円もあった時価総額がほとんど吹っ飛んでしまいました。

さて、果たしてこの後の仮想通貨市場はどうなるのでしょうか。

恐らく、ここで筆者がビットコインは上がるや下がるやをどうこう述べても説得力に欠けるでしょう。

そこで、本記事では業界の大物の見解や、優秀なAIロボットである「WebBot」の予想を基にして、今後の仮想通貨市場について考えていくとします。

業界の大物による2018年の仮想通貨市場への予想と見解

では、各業界の大物の見解を順に見ていきます。

中国アリババのジャック氏「ビットコインはバブルの可能性高い」

中国のEコマース大手であるアリババグループのジャック・マー会長は、2018年5月に天津で開かれたカンファレンスにて「ブロックチェーン技術自体はバブルではないが、ビットコインはバブルの可能性が高い」と発言していました。

ジャック氏は以前からこのようにビットコインを否定しており、自身もビットコインは一切保有していないとの事です。

しかし、ジャック氏はブロックチェーン技術には前向きな姿勢を見せており、アリババ傘下の「アント・フィナンシャル・サービシズ・グループ」はブロックチェーンを使ったフィリピンへの国際送金サービスを手掛ける合弁会社を立ち上げています。

このように、ジャック氏はビットコインの形式的に膨らんでいたその価格は否定していたがその可能性までは否定していないようにも見て取れ、「技術と価格の乖離」を懸念視しているのでしょう。

Appleの共同設立者「イーサリアムは次のAppleになるかもしれない」

一方、ビットコインではなくイーサリアムに対してはポジティブな見解を示す声もあります。

Appleの共同設立者であるスティーブ・ウォズニアック氏はオーストラリアで開催されたカンファレンスにて「イーサリアムは興味深い」と発言し、ブロックチェーン技術と共にそれを評価しました。

また、ウォズニアック氏は別のニューヨークで開催されたカンファレンスにて「ブロックチェーン技術は高いポテンシャルを持っているが、インターネットバブルの時のように、早期の誇大宣言にそれが追いつくのは予想以上に時間がかかる可能性がある」と発言していたのですが、依然イーサリアムに対する評価は高く、長期的に存続する可能性がある旨を主張しました。

ビットコインもよりも、やはりイーサリアムの方が優勢なのでしょうか。

「仮想通貨=ビットコイン」のイメージもだんだんと剥がれてきましたが、そのオルタナティブ(いわゆる基軸通貨的存在)がイーサリアムとなれば、大物の仮想通貨に対する見方はだんだんと変化していくかもしれませんね。

SBIホールディングスの北尾社長「仮想通貨市場はもっともっと伸びる」

SBIホールディングスの北尾社長は、2018年6月28日に開かれた同グループの経営近況報告会にて、仮想通貨の現状と将来についてを語っています。

そこで、北尾社長は現在の仮想通貨の時価総額や年間取引高を株式市場や為替市場と比較してそのポテンシャルを説明していました。

「現在の株式市場は世界全体で9,500兆円もあるんです。仮想通貨市場はたった31兆円。もっともっと伸びますよ。」


引用:SBIグループ経営近況報告会資料

上記の資料のように、年間取引高は仮想通貨が69兆円ですが、為替市場は兆を上回る「京」での取引となっているのです。

「このような大きな世界から考えると、(仮想通貨市場は)ちっぽけなものですよ。」

「まだバブルに行くほど上がってないんです。下がる所まで下がったら、また上がって行く。」

このように、北尾社長は世界中の仮想通貨投資家を勇気付ける発言を残しました。

しかし、この北尾氏が発言したような将来大きな市場を創り上げる為には、健全なマーケット環境の整備と実需が何よりも必要でしょう。

規制が厳しい日本ではありますが、為替市場のように兆を超える取引基盤を作る為の準備段階であるとも言えます。

SBI北尾吉孝社長は仮想通貨界のインフルエンサーへ。今後の発言に期待仮想通貨界のインフルエンサーとなった北尾吉孝社長 引用:Ripple公式サイト 日本の大手金融機関「SBIホールディングス」...

AIのWebBot(ウェブボット)が予測した仮想通貨市場は当たったのか

仮想通貨市場の予想はAIによってもされており、その代表格が「WebBot」です。

WebBotとは、SNSやブログのユーザーの投稿を集計し、人々の感情を読み取って価格の予想を立てるAIなのですが、そんなWebBotが立てた2018年1月の主な予想は以下です。

BTC・・・2018年秋に220万円となり、年末10万ドルに達する

XRP・・・2018年5月に一番の上昇を魅せる

ETH・・・2018年3月頃に異常な価格上昇を魅せる

NEO・・・2018年1月に急速な上昇を魅せる

DASH・・・8~10月頃に政府が絡み価格急騰を魅せる

BTC

2018年秋に220万円となり年末には10万ドルと、大胆な予想が立てられていますが、2018年7月現在の価格はおよそ70万円となっています。

もしWebBotの予想通りに行くと、今から2〜4ヵ月後にはおよそ3倍となっている事となります。

そして、年末に10万ドルに達する見込みなのであれば、6ヵ月程で14倍になると考えられます。

果たしてこの予想が当たるのかは、神様にしか分かりません。

XRP

XRPは2018年5月に一番の上昇を魅せると予想されましたが、その結果は以下の通りです。

チャートを見ての通り、特段目立った価格上昇は見受けられませんでした。

よって、予想は当たらなかったと言えます。

ETH

続いて3月に異常な価格上昇を魅せるとされていたETHですが、こちらも予想は外れています。

3月は異常な上昇どころか、価格が半分程落ちてしまった月となってしまいました。

NEO

次に1月に急速な上昇を魅せるとされていたNEOですが、こちらは予想通り1月初日から半月にかけておよそ2.3倍の上昇を遂げました。

とは言っても、2018年1月当初は全体的に上昇していた所もあるので、本当にこの予想が的中していたのかは不明です。

DASH

DASHは8~10月頃に政府が絡み価格急騰を魅せるとされていましたが、匿名通貨がどんどんと廃止される中、上述のような価格高騰は起きるのでしょうか。

下記チャートのように、年初から右肩下がりの価格進捗ですが、過去のWebBotの実績から見て今回そのような事が起こりうる可能性は低いのではないかと筆者は見ています。

仮想通貨市場は伸びるが価格がいつ追いつくかわからない

以上が仮想通貨の未来に対する予想や見解でしたが、大物の見解を見ると、大半がブロックチェーン技術自体の革新性は評価している事が分かりました。

後は、その技術と実需がコインの価格にいつ追いつくかであり、その「技術と価格の乖離」がバブルと呼ばれている原因です。

しかし、冒頭でSBIの北尾社長が発言していたように、「まだバブルに行くほど上がっていない」とも捉える事も出来ます。

まだ、私達の身の回りに何らブロックチェーン技術を用いたサービス普及していないと言えます。

もしかすると、本当にバブルすら訪れていないかもしれません。

ビットコインはまだまだ上がる可能性はある

そして、以下のチャートを見てください。

このチャートは、ビットコインの2013年から2016年までのチャートを表しています。

2013年の11月から12月にかけてその価格はおよそ5倍まで成長しますが、当時もその後は下落し、2年程右肩下がりでした。

しかし、2016年頃からどんどんと価格は上がっていき、1,000ドルまで達成しました。
このように、過去も同じように乱高下しており何度も「ビットコインは終わった」と言われているのです。

そして、10ドルの価格からその後の2017年にはどうなったのか。それは、もう言うまでもありません。

その後のチャートがこれです。

一時期の乱高下も、後で見ればこのように米粒のようにちっぽけなものとなっているのです。
このように過去の例を参考にすると、同じように今後また更に上がって行く可能性だってあるのではないかと筆者は予想しています。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。