ニュース・速報

バイナンスは最大利益10億ドルの見通し。人類史上最速の成長を魅せる企業へ

 BInance(バイナンス)の2018年純利益が10億ドルに達する見込み

大手海外取引所であるBinance(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao氏(通称CZ)は、2018年の純利益が5〜10億ドルの見込みになると予想しました。

2018年を迎えてからは下落相場が続く仮想通貨市場ですが、Zhao氏は最大1,100億円もの収益の見込みがあると強気の姿勢を示したのです。

これは創業1年の企業とは思えないような数字であり、その勢いや成長スピードはもはや異様と言っても過言ではありません。

このバイナンスは、人類史上最速で成長した暗号通貨スタートアップ企業になろうとしているのです。

人類史上最速のスピードで成長したBinance(バイナンス)はどのくらい凄いのか

Binance(バイナンス)の現状

創業1年で平均売上高はおよそ15億ドル、そして現在は1,800人にも及ぶユーザー数。
2017年7月に設立されてからその規模は爆発的な伸びを魅せており、執筆時点の2018年7月現在でちょうど設立1周年となります。

そして7月7日現在の取引ボリュームは世界一位となっており、その額はおよそ1,300億円にも及びます。


引用:CoinMarketCap

この時はちょうど仮想通貨「Dent」の上場で賑わっていたのですが、2位のOKExが全体の取引高およそ1,200億円、そして3位のHuobiが660億円なので、バイナンスが圧倒的な数字を記録していることが見て取れます。

創業わずか1年で純利益1,100億円を目指すインパクト

バインナンスのZhaoCEOは上半期の収益が既に3億ドルである事をBloombergにてコメントしており、バイナンスの手数料収入は他の取引所と比較しても上位に立っています。

さて、そんなバイナンスは2018年の当期純純収益を最大1,100億円と見込んでいるのですが、その数字はどれほど凄いのでしょうか。

日本の大企業を軽く超える数字

では、日本で当期純利益が1,000億円に近い上場企業をいくつか紹介しましょう。

企業名当期純利益
ファーストリテイリング1,192億円
旭化成1,150億円
楽天1,105億円
大和証券グループ1,040億円

上のファーストリテイリングはユニクロでお馴染みの超一流企業ですが、創業55年の老舗であり、従業員数は連結でおよそ5万人。そして旭化成は創業87年で、従業員は連結でおよそ3万4千人に及びます。

これに対して、バイナンスは創業1年(2017年7月設立)で従業員はわずか200人程度。

にもかかわらず、バイナンスは社員を多く抱えた歴史ある大企業にも匹敵する勢いと潜在能力を持っている事が見て取れます。

コインチェックの営業収益

4月26日、マネックスグループによって日本の取引所コインチェックの営業収益が公開されましたが、その数字を見ると2018年3月通期の売上高は626億円、そして営業利益はサービス停止前で537億円にも及びます。


引用:マネックスグループ2018年3月期決算説明資料

その売上高営業利益率はなんと85.8%と、それは驚異の数字である事が分かります。
コインチェックは創業6年目、そして従業員は105人でした。

恐ろしい数字を出しているベンチャー企業はバイナンスだけではなくここにも存在しており、仮想通貨産業の勢いを感じさせる異様な数字となりました。

ドイツ銀行をも上回ったBinance(バイナンス)の四半期純利益

ドイツ最大の金融機関であるドイツ銀行は、2018年の第一四半期の純利益が1億4,600万ドルとされていますが、対してバイナンスが出した第一四半期の純利益は2億ドルと、バイナンスは欧州でも主要な金融機関であるドイツ銀行をも超えてしまいました。

さらに、ドイツ銀行は従業員数はおよそ10万人ですが、一方のバイナンスは上述した通り従業員は200人程度です。

このように、近々創業150年となろうとしている老舗の市中銀行を、創業間もない暗号通貨のスタートアップが追い抜いているのです。

バイナンスは驚異の利益率を誇ると同時に、ビジネスにおいてインターネットにかなりのレバレッジを掛けていることが分かります。

それは物理的な支店を構えなくても、少ない従業員でネット上で世界中のユーザーに向けて商売が出来るからです。

ただもちろん、企業というのは生き物であり、成長期、成熟期、衰退期といったライフサイクルがあるのは当然で、ドイツ銀行や、上述した日本の大企業が現在純利益でバイナンスに破れたからと言っても、バイナンスがそのまま同じように何十年も事業を継続出来るかどうかは分かりません。

ですが、バイナンスは現在波に乗っている企業である事はこの数字から間違い無いと言って良いでしょう。

世界展開を急速に進めるノマドカンパニー

この驚異的な暗号通貨スタートアップバイナンスはグローバル展開も積極的に進めています。

バイナンスは本社を香港からマルタに移転する事が決まっているのですが、既にマルタに銀行口座を開設しており、年内にはバイナンスの本取引所とは別で法定通貨ペアで仮想通貨が購入出来る取引所もされる見通しと、ビジネスの多角化を進めています。

また、バイナンスは東アフリカに位置するウガンダ共和国でも取引所「Binance Uganda」の開設も進めています。


引用:Binance Uganda

バイナンスは先進国のみならずフィアットに依存しない仮想通貨の実需を見据えて新興国での取引所拡大も狙っており、その急速なグローバル展開の為のフットワークの軽さは、まるでPC一台で世界中で仕事をする「ノマドワーカー」のようです。

このように、日本の取引所が金融庁からの規制を受けて業務改善命令を受けている間に、バイナンスは世界一の取引所へ、そして更なるグローバル化へと進展しているのです。

仮想通貨ユニコーンに値する企業は勢いづいている

バイナンスの他にも評価額が10億ドル以上の非上場ベンチャー「ユニコーン企業」の頭角を表すような、勢いに乗っている暗号通貨スタートアップが存在しています。

仮想通貨ユニコーンとなった「Coinbase」

米大手取引所Coinbaseは昨年の2017年に1億ドルの資金調達をしてその企業価値は16億ドルと評価されており、現在はその企業価値が80億ドルと評価されています。

米取引所Coinbase(コインベース)の特徴や今後の展開について解説仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)とは? 引用:Coinbase公式サイト Coinbase(コインベース)とは...

また、コインベースは7月2日に機関投資家向けのデジタル資産管理サービスを立ち上げており、大口投資家向けのサービス普及を目指します。

時価総額1兆円規模となった「BITMAIN」

中国の大手マイニング企業であるBITMAINは、企業価値がなんと1兆円となった事が明らかになっています。

ビットコインのマイニングで大きなシェアを誇る同社は、9月に香港証券取引所でIPOを行う予定とされており、公開後の時価総額はおよそ4兆円規模にもなるとされているのです。

こちらもバイナンスに並ぶ勢いに乗っている創業わずか5年のスタートアップであり、爆発的な成長を遂げています。

企業からコミュニティへ。今後のBinance(バイナンス)についての考察

以上、バイナンスは純利益1,100億円を目指し、今もそのビジネスを拡大させています。

バイナンスは取引所の運営だけではなく、仮想通貨ベースのファンドを10億ドルで設立する計画も立てており、ファンドへ投資するパートナーを1億ドル以上管理している投資家向けに募集しており、大口の資金需要も取り囲む動きを見せています。

更にはBinance Coinをベースとした独自のブロックチェーンによるDEXの開発も進行中で「企業からコミュニティへ」のシフトの計画を発表しました。

Binance will transition from being a company to a community.
バイナンスは企業からコミュニティに移行します。
引用:Binance

バイナンスコイン(BNB)とは?その特徴とDEXによるBNBの将来性BINANCEの発行する取引所系トークンBNBとは? バイナンスコイン(以下よりBNB)とは、世界最大級の仮想通貨取引所BIN...

各地に拠点を置き、今後はコミュニティという形で企業から形を変えていく思想から、バイナンスは今後その存在そのものを分散化させていくのではないかとも考えられます。

なお、Zhao氏は7月5〜7日辺りに西日本で起こった記録的な大雨洪水被害を見て、西日本に100万ドルの寄付をする旨を自身のTwitterで発表しました。

このように日本に対する支援にも積極的な姿勢を見せている事から、今後の日本の法律に準じた営業も期待できるかもしれません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。