仮想通貨

今週の注目アルトコイン特集(7/2〜8)上昇率の高かった通貨を徹底分析

仮想通貨市場は全体的に上向き、30兆円台へ回復

今週(7/2〜8)の仮想通貨市場は全体的に上向きの相場となり、6月末の時点では一時全時価総額25兆円台まで落ち込むも、7月に突入してからは一週間でおよそ8%の上昇となりました。


引用:coinmarketcap

では、今週高騰を魅せたアルトコインを時価総額のランク毎にランキング形式で見ていきましょう。

【時価総額2位〜30位】今週のアルトコイン上昇率ランキング

今週(7/2〜7/8)高騰を魅せた時価総額2位〜30位のアルトコインの内の上位3通貨は以下です。

  1. NEO +31.2%
  2. 0x(ZRX) +26.5%
  3. Zilliqa(ZIL) +19.4%

1位 NEO【11位】

時価総額第11位のNEOは今週+31.2%と高騰しました。

NEOとは「スマートエコノミー」の創り上げる事を目的とした中国産の仮想通貨であり、「中国版イーサリアム」とも呼ばれています。

仮想通貨ネオ(NEO)とは?その特徴と今後の可能性を考察仮想通貨NEO(ネオ)とは? 仮想通貨NEO(ネオ)とは、中国で生まれた仮想通貨であり中国版イーサリアムと言われています。 この...

7月4日、NEO財団はメインネットを分散化し、新しいコンセンサスノードの選定を開始する事を発表しました。

この発表を受けて一時価格は高騰し、その後一日で16%の伸びを記録しました。


引用:Binance

なお、NEOプラットフォームで使用される現在時価総額74位の燃料通貨「GAS」も同時に高騰しており、今週は+40%とNEOを上回る上昇率を魅せています。

2位 0x(ZRX)【29位】

時価総額第29位の0x(ZRX)は今週+26.5%の上昇を魅せました。

0xはイーサリアムベースのトークンを交換する事ができる分散型取引所DEXを構築するプロジェクトであり、そこで利用されるのがERC20に準拠したZRXトークンです。

このZRXは7月2日に最大で+36%の伸びを魅せており、そのボリュームは急上昇しました。

なお、同じDEXプロジェクトであるAirSwap(AST)も同様に高騰を魅せ、2日は最大24%の上昇を魅せています。
このようにDEX銘柄が今週は盛り上がっており、将来の分散型取引所への期待も高まっています。
この0xは、ERCベースのトークンやDappsの今後の普及にかかっている銘柄だと言えるでしょう。

3位 Zilliqa(ZIL)【25位】

時価総額第25位のZilliqa(ZIL)は今週19.4%の上昇を魅せました。

Zilliqaとはシンガポール国立大学の研究者によって立ち上げられたプロジェクトであり、ブロックチェーンにおけるスケーラビリティ問題の解決の為のソリューションプラットフォームです。

Zilliqaの基本情報解説。Zillaとの関係や仮想通貨としての特徴に迫るZilliqaの基本情報とZillaとの関係性 出典:https://www.zilliqa.com/ ビットコイン(Bit...

このZilliqaは、最近テストネットのVer.2.0へとアップグレードされ、新しいコンピューティング言語が導入されました。

テストネットver2.0はZilliqa社の使用する技術の大幅なアップグレードであり、メインネットの公開に向けた大きな一歩となりました。

そんなZilliqaのZILトークンは6月25日を底値に7月5日までにかけておよそ50%を超える高騰を魅せています。

ビットコインやイーサリアムトランザクションに掛かるコストが乱高下する中、このZilliqaのソリューション技術に注目が集まります。

【時価総額31位〜100位】今週のアルトコイン上昇ランキング

次に今週(7/2〜7/8)高騰を魅せた時価総額31位〜100位のアルトコインの内の上位3通貨を見ていきましょう。

  1. Digibyte(DGB) +53.6%
  2. KuCoin Shares(KCS) +44.1%
  3. LoomNetwork(LOOM) +40.4%

 1位 Digibyte(DGB)【38位】

時価総額第38位のDigibyte(DGB)は、一週間で53.6%と大きな高騰を魅せました。

Digibyteとはビットコインに似た仮想通貨であり、高速のトランザクション、そして仮想通貨で最初にSegwitを採用した通貨としても有名です。

そんなDGBは7月8日に最大で20%の上昇を魅せ、その時価総額は一気に450億円を超え、500億円台へと突入しようとしています。

2位 KuCoin Shares(KCS)【51位】

時価総額51位のKuCoin Shares(KCS)は今週+44.1%の高騰を魅せました。

KuCoinSharesとは仮想通貨取引所であるKuCoinが発行する独自通貨であり、これを使う事で同取引所での手数料割引や新規上場銘柄の投票に参加したり出来るメリットがあります。

KuCoinは一日30〜40億円の取引ボリュームがある取引所であり、今後は分散型取引所の構築を目指す事も公言しています。

Kuocoin(クーコイン)取引所の登録方法とお得なトークン「Kuocoin」とはどんな取引所か? 引用:https://www.kucoin.com Kucoinは2017年の8...

そこでKCSは今後分散型取引所のベースとなる通貨としての役割を担う可能性があり(燃料通貨)、BNBトークンやHTトークンのように、取引所の成長に比例した値上がりが期待出来るでしょう。

なお、KuCoinは6月28日に日本人向けのサービスを停止すると発表し、現在は日本居住者は取引出来ません。

 

KuCoin(クーコイン)日本人向けサービス提供停止を電撃発表KuCoinにまで規制が広がる金融庁の強さ 引用:https://news.kucoin.com 6月28日にKuCoinの...

3位 Loom Network(LOOM)【72位】

時価総額第72位のLoom Network(LOOM)は今週+40.4%の高騰を魅せました。

LoomNetworkは主にゲームなどのDappsプラットフォームを構築し、メインチェーンではなくサイドチェーン技術を利用する事でイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトです。

DappsプラットフォームであるLoomNetwork(LOOM)とは?LoomNetwork(LOOM)とは? 引用:LoomNetwork公式サイト LoomNetwork(LOOM)とは、主にゲ...

このLoomNetworkが手掛ける、ブロックチェーン上で動く世界初のカードゲーム「Zombie Battleground」は先月からクラウドファンディングによる資金調達をスタートしていましたが、今月の4日に目標額であった25万ドルを達成したのです。

https://twitter.com/loomnetwork/status/1014431733259915264?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1014431733259915264&ref_url=https%3A%2F%2Funhashed.com%2Fcryptocurrency-news%2Fcryptocurrency-price-report-ethereum-eos-stellar-cardano-neo-loom-network-major-gainers%2F

上述しましたが、Zombie Battlegroundは完全にブロックチェーン上で動く世界初のモバイルゲームです。
その期待が本クラウドファンディングの結果にも現れ、そしてその価格上昇にも表れました。

また、6月29日にはLoomNetworkの公式ブログにて、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する技術「Plasma Cash」を初期実装した事を発表しています。

イーサリアムの為の技術PlasmaとPlasmaCashの仕組みを解説Plasma(プラズマ)とは? Plasma(プラズマ)とは、イーサリアムの創設者であるヴィタリック氏とライトニングネットワーク技...

これによって、サイドチェーン上でERC721に準拠した代替不可能トークンをLoom上のサイドチェーン上で使用出来るようになり、且つトランザクションを1秒未満で実行出来るようになります。

 

このようにポジティブな材料が揃ったLOOMは、7月6日にから7日にかけての8時間でおよそ60%にも及ぶ高騰を魅せました。

7日の取引量は上記のチャートを見ても分かる通り、平均より十倍近いボリュームとなったのです。

どんどんとプロジェクトをスケールさせているこのLoom Networkは今後も注目であり、更にその順位を伸ばしてくる可能性もあるでしょう。

今週のアルトコインまとめ

今週は一段とアルトコインの盛り上がりが目立ちました。特にLoom Networkは開発が着々と進んでおり、筆者も大きく期待しています。

DEXの開発も進む中、DEX系の銘柄、そして既存のブロックチェーンの問題を解決するソリューション系の銘柄が伸びた感じがありますが、今後も手堅く底上げしてしていく事に期待が募ります。

また、7月8日現在のビットコインのドミナンスはおよそ42%と、直近で特段の変化はありませんでした。

来週はどのようにアルトコイン市場が動くか、目が離せません。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。