仮想通貨

仮想通貨のポートフォリオ管理におすすめなスマホアプリやPCツールの紹介

ポートフォリオ管理が出来ない者は損をする

「卵は一つのカゴに盛るな」
これは投資の格言として有名な言葉ですが、複数の金融商品を組み合わせて管理する事を「ポートフォリオを組む」といいます。

ポートフォリオを組んで様々な銘柄を組み合わせる事によってリスクの分散効果が期待でき、且つ長期的にリターンを得るなら単体の銘柄に投資するよりも複数の銘柄に分散した方がリターンが高くなる事は既存の株式投資の世界で実証されています。

分散投資は、個別通貨の単体のポテンシャルのみに賭けるのではなく、市場全体の成長に賭ける事が出来るのです。

しかし、ポートフォリオを組む為にはそのキャッシュフローの管理をしなければなりません。

なぜなら分散投資でポートフォリオを組んでも「いくらで買ったか」「何銘柄保有しているか」「損益は合計いくらなのか」が把握出来ていなければ本末転倒だからです。

そこで、仮想通貨のポートフォリオ管理に役立つのが専用のアプリケーションやツールです。

本記事では、仮想通貨のポートフォリオ管理におすすめのアプリやツールを紹介していきます。

仮想通貨で資産を管理する為のおすすめアプリ

では、仮想通貨のポートフォリオ管理に最適なアプリを3つ紹介していきます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

引用:App Store – Cryptofolio

Cryptofolio(クリプトフォリオ)とは、複数の取引所やウォレットで保有されている仮想通貨資産を一括で管理する事が出来るアプリです。

同アプリの運営元は「株式会社クリプトフォリオ」という会社であり、国内で7、海外で35の取引所に対応し、国内外共に主要な取引所は押さえられています。

また、対応の通貨は随時更新されており、詳細はこちらのブログより確認可能です。

実際に同アプリを新規でインストールすると、他のアプリには無い程の丁寧なチュートリアルが受けられるので、実際にアプリを起動すればすぐにその手順を掴めるかと思います。

下記画面のように、自身のポートフォリオを円グラフで管理する事ができ、一目で資産のアロケーションが把握出来るようになります。

cryptofolioが丸わかり?押さえておきたい特徴や使い方必要な情報だけを検索するのは至難の業 複数の取引所を利用している方にとって、保有している資産をいちいち計算するのは面倒な作業です。...

なお、このクリプトフォリオはニュースも同時にチェックする事が出来るので、アプリ内で情報収集も同時に行える利点があります。

Blockfolio(ブロックフォリオ)

引用:App Store – Blockfolio

Blockfolio(ブロックフォリオ)は上述したCryptofolioと同様に保有している通貨を一括で管理できるアプリです。

まずアプリをインストールすると、通貨単位のデフォルトがUSドルとなっているのですが、下記赤枠から日本円表記に変更する事ができます。

設定を選択します。

そして「通貨の選択」からJPYを選んで設定完了です。

また、こちらはクリプトフォリオよりもシンプルでオーソドックスなデザインとなっているので、見やすい方を使用すると良いでしょう。

CoinStats(コインスタッツ)

引用:App Store – CoinStats

CoinStats(コインスタッツ)は仮想通貨の情報サイトCoinMarketCapと連携したポートフォリオ管理アプリです。

https://finte-x.jp/9173

この連携によって時価総額1000位以上の仮想通貨銘柄まで詳しく詳細を見る事ができ、かつ円グラフでの資産ポートフォリオも管理できるという便利なアプリとなっています。

また、コインスタッツも言語や通貨表記を「設定」にて変更可能です。

こちらからそれぞれ変更出来ます。

なお、コインスタッツは言語を日本語に選択しても完全に日本語表示されるわけはなく一部が日本語になるだけなので、英語に慣れない方には他のポートフォリオアプリの方が良いでしょう。

ただ、上述の通りコインマーケットキャップと連携しているので、保有通貨のポートフォリオと同時に各通貨の相場状況なども同アプリで管理出来る点はおすすめです。

それぞれ良し悪しがあるので、自分にあったアプリを選択しましょう。

PCで仮想通貨のポートフォリオ管理をする為のおすすめツール

では、次にスマホアプリではなくPCのデスクトップから仮想通貨のポートフォリオを管理できる便利ツールを紹介します。

CryptoCompere

引用:CryptoCompare

CryptoCompareは各通貨の取引所のシェアや国ごとの対法定通貨のシェアなどを分析したり、自身のポートフォリオを作成出来たりする便利ツールです。

同ツールでポートフォリオ管理する為にはまずサイトに新規登録する必要があるので、トップページの右上にある「Register」をクリックし、登録画面に進みます。

メールアドレスとパスワードを入力して登録を進めましょう。

その後はメールがアドレス宛に届くので、メール内のURLをクリックして完了です。
登録が完了した後は、実際にポートフォリオを作っていきましょう。

まず、下記赤枠の「Portfolio」をクリックします。

次に進むと下記赤枠にあるオレンジのボタンをクリックします。

次にポートフォリオの名前と表記する通貨単位を設定しましょう。

設定後は「CREATE」をクリックすると次に進むので、マイページの右側にある「+COIN」をクリックして自分の保有している通貨を追加していきましょう。

編集完了すると以下のように円グラフが表示され、トータルの保有資産額や損益が確認出来るようになります。

また、このCryptoCompareはポートフォリオの管理のみではなく、各通貨の詳細も確認出来ます。

例えば、ビットコインの通貨別の取引シェアを確認する際は「ANALYSIS」をクリックすれば詳細を見る事が出来ます。

上記の図を見ると、BTCは2018年7月現在USDT(テザー)が43%の取引シェアでトップとなっていますね。

Coinboard

引用:Coinboard

Coinboardもデスクトップで仮想通貨のポートフォリオを管理出来るツールの一つであり、こちらは日本語がデフォルトとなっています。

同サイトは各提携先の取引所のデータを「API連携」によって取得して管理します。

APIとは?

API(Application Programming Interface)とは、Webサービスの機能を他のサービスでも使用出来るようにする仕組み

CoinboardはAPI連携で便利にポートフォリオを組む事も出来ますが、API連携をせずに手動で登録して管理する事も可能です。

なお、同サイトが連携している取引所は以下です。

引用:Coinboard

また、API連携の設定についてはこちらから確認出来ます。

Coinboardを実際に使う為には新規登録をする必要があるので、新規登録の画面からユーザー登録を済ませましょう。

ユーザー名、メールアドレスを登録後、確認メールが登録したアドレス宛に届くので確認してメール内のURLをクリックし、登録を全て完了させましょう。

以下の画面が表示されれば完了です。

登録後はログインして自分の保有資産を取引所毎に登録し、ポートフォリオを組むことが出来ます。

こちらのツールは上述したCryptoCompareと比較すると機能性は劣りますが、シンプルで見やすいデザイン、且つ日本語で利用できるという利点がありますね。

ポートフォリオ投資はアプリやツールで管理

以上がポートフォリオ管理に役立つアプリやツールでしたが、複数の銘柄に投資している場合は上述したツールを使用するべきでしょう。

通貨やその取引ペアがバラバラだと、「一体日本円にしていくらプラスになっているのか」「保有割合はどの通貨が一番大きいのか」といった事が分からなくなってしまう問題が出てきますが、これらはツール一つで解決出来ます。

投資は心理状態が大切だと言われていますが、まずは一瞬で状況確認が出来るこれらのツールを利用してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Kenta@フリーライター
Kenta@フリーライター
新卒で入社した大手金融機関を11ヶ月で退職し、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したフリーライターとして活動中。現在は場所を選ばず住所不定の”Decentralized”な生活を満喫している。