ファクタリングのメリットやデメリットについて

ファクタリングは売掛金の支払いを期日内に現金化する資金調達方法です。

設備投資費用が急に必要となったりなどの支払いの期日内に資金が必要な方に頼りになるのがファクタリングとなります。

以前は取引先と一緒に契約となる3社間ファクタリングの扱いしかないため利用される方や会社は少なかったのですが、2社間ファクタリングの取り扱いを行う業者が増え、取引先に知られることなく利用できるようになったため利用される企業はかなり増えています。

非常に有効な資金調達方法ですが、もちろんメリットもあればデメリットもありますのでここでは徹底的に解説していきます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットについて

ファクタリングのメリットは何も売掛金の現金化を行うことが出来るというだけではありません。その他にも様々なメリットがありますので紹介していきます。

ファクタリングは即日に行うことも出来る

公的融資や銀行から融資を受ける場合はまず、事業計画書や返済の計画書など資料作成から入り2週間程度審査に時間をかけ、早くても融資実行までに3週間から1ヶ月程度掛かります。

ファクタリングの場合は、業者にもよりますが即日ファクタリングに対応している業者も多く、最短1日で売掛債権の現金化が可能です。

また、一度利用したファクタリング業者は提出する資料も次回以降は少なくなるため、都度資料は不要で売掛金の取引先に変更がない場合は電話一本で現金化まで行うことが出来ます。

審査が非常に柔軟でありローンの審査とは大きく異なる

事業ローンの場合は、その会社の返済能力とローンの借入実績等を重視し貸付を行います。ファクタリングは融資ではなく、売掛金の買取です。

その為、審査項目はローンと全く異なり売掛金の存在の証明を行うことができれば問題ありません。また、審査自体も赤字決算であり会社の業績が悪い状況であり、税金等の滞納をしている状況であってもそれが原因で審査に落とされるということもありません。

また、契約の際は売掛金の売却であるため、担保も保証人も不要です。

売掛先が支払いができなくなったしてもこちらに返済を要求されない

ファクタリングの利用で不安を抱える要因として多くの方は「売掛金が支払われなくなった場合はこちらが補填しなくてはならないのでは?」という方や、「売掛先の支払いが1日でも遅れたら先方へファクタリング業者が連絡して利用しているのをバレるのではないだろうか?」と不安に思っている方も少なくありません。

ファクタリングは償還請求権がない「ノンリコース」で契約を行うことが出来ます。

この償還請求権というのは、売掛先の何らかの事情により支払いができなった場合に、ファクタリングを行った申込者に資金の返還を求める権利の事を言います。

つまり、売掛先が倒産等の理由により支払いができなくなった場合は、ファクタリング業者がその負債をそのまま背負う事を意味し、利用者は売掛金の売却によって得た金銭の返却をする必要がないという契約を行います。

ファクタリング業者がリスクを背負い、利用される側は守られる立場にあるため取引としては非常にリスクの少ない取引となります。

取引先や第三者に知られる事なく利用することが出来る

国外ではファクタリングは非常に有効な資金調達法として取り扱う業者も利用する企業も増えており、日本は出遅れている方です。

その理由として、取引先に面倒をかけてしまうと取引量を減らされる、または停止させられるという面、会社の業績が危うい状態であると知られてしまうのではないだろうかなどの不安による要素が理由の1つとして挙げられています。

その為、近年で利用者が増えているのは取引先に知られる3社間ファクタリングよりも知られず自社とファクタリング業者だけの契約である2社間ファクタリングの方となります。

もちろん3社間ファクタリングを取り扱う業者も多いですが、取引先にバレるリスクの少ない2社間ファクタリングを利用される企業の方が増加傾向にあります。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

時間とリスクが業者側にあるため手数料が発生する

ファクタリングは、先ほどお伝えしたように利用者よりもファクタリング業者側がリスクを負います。更に100万円の売掛金に対し、99万5,000円支払ったのではファクタリング業者もリスクに見合った報酬とはなりません。

ファクタリングの相場について
  • 2社間ファクタリングの相場は概ね8%~25%程度
  • 3社間ファクタリングの場合は1%~8%程度

これが基本的な相場です。ファクタリング業者は基本的にその企業との付き合いが長いほど手数料について交渉しやすいですが、初回利用の場合は高めに設定されることが多いのが現状です。

売掛金そのまま現金化することは出来ない

例えば、1,000万円の売掛金に対し全額ファクタリングできるかというとそれも難しく、「掛け目」というものが存在します。

例えば、1,000万円の売掛に対し、掛け目が80%であるなら、800万円に対し手数料を引いた金額が換金可能な金額となります。

初回から金額が多すぎる、回収リスクが高いなどの要因により金額が縮小となる可能性があります。こちらも何度も利用する事があれば掛け目の割合を減らしてもらえることもあります。

タイトルとURLをコピーしました