即日でファクタリングできるおすすめ業者教えます!

早速ですがこのような悩みはないでしょうか?

  • 商品の仕入れ費用が必要
  • 入金サイクルが遅いため資金繰りが苦しい
  • 急な支払いに対応するために売掛金を早く入金して欲しい
  • 資金が必要だが事業資金の追加融資が難しい状況
  • ローンの審査を受けている時間がない即日で現金が必要

こういったニーズに対して非常に有益な方法がファクタリングです。

売掛金の買取であるためローンの信用情報とは別の審査基準であり、赤字状態であっても税金未払い、債務超過があったとしても、影響を受けることがありません。

融資を受けるにしても、事業計画書の作成などの資料作成から融資まで1ヶ月以上掛かるし、実際に貸してくれるのかわからない状態であるよりも、確実性の高い資金の調達方法となります。

そんな利用者によっては非常に有益なファクタリングではありますが、大手や中小の業者をいれると非常に多くの業者があります。その為当サイトでご紹介するファクタリング業者はこのようなこだわりを入れています。

当サイトの紹介するファクタリング業者のコンセプト
  • 中小企業、個人事業主、フリーランスでも利用可能
  • 少額でも利用することができる
  • 即日振込対応業者
  • 必要書類ができるだけ少ない
  • 現金化可能か調査が早い
  • 相談や審査等の諸経費が無料
  • 2社間取引の為、取引先に内緒で利用できる
  • 手数料を低めに設定している
  • 電話等での接客対応が良い
管理人
管理人

口コミを可能な限り集め、実際に利用しおすすめできる業者のみを厳選して紹介します。

おすすめファクタリング業者5選

資金調達ペイ

条件一覧
口コミ・評判・満足度資金調達時間目安 利用対象者 買取率
5.0最短即日 法人・個人事業主 98%~92%

資金調達ペイの特徴

資金調達ペイは、とにかく早いというのが魅力。実際に利用してみましたが、最初に簡単スピード査定から申し込みを行うとすぐにいくら現金化が可能か教えてもらうことが出来るため非常に心強い存在です。

買取率も98%~92%と2社間取引の中ではかなり高く、早くて高いを実現させているのがこの業者。他社利用からの借り換えも対応しているため、現在検討中の人は押さえておきたい業者。

利用者の口コミ

37歳/印刷業経営者
利用満足度 5.0

元請け会社から入金を今後2週間ほどずらして欲しいと言われ従業員の給料の支払いサイクルが遅延してしまいそうなタイミングで利用させていただきました。
資金サイクルがギリギリだったのもあり、利用は3回分連続で利用させて頂きましたが非常に素早い対応で2回目以降はホントに早いタイミングで着金まで行っていただけました。こういった一時的な急な資金調達方法は非常に便利だと感じました。また機会あれば利用させていただこうと思います。

42歳/広告業
利用満足度 4.5

インターネットによる広告業を営んでおります。成果報酬型であるため、最初にこちらで広告費用やチラシ、ホームページ等を作成する必要があり、尚且つ着金が2ヶ月遅れであるため利益自体は出ているのにも関わらず現金がなく、融資だけではまかなうことができない状態になりました。
運用がうまく出来ている状態でストップするという事もしたくありませんでしたし、何よりクライアントに予算が足りていないという事を知らて信用を落としたくなかった為、2ヶ月待ちの入金に対して利用させていただきました。
電話等でも対応が丁寧で手続き等で迷うことなく利用できました。

BestFactor(ベストファクター)

条件一覧
口コミ・評判・満足度資金調達時間目安 利用対象者 買取率
4.5最短即日 法人・個人事業主 2%~
平均92.2%

BestFactor(ベストファクター) の特徴

ベストファクターはファクタリング業者の中でも知名度が高く、満足度の高い業者で様々な口コミサイトで上位にランクインしている業者です。

利用は2社間、3社間どちらでも対応が可能です。

本社は東京のみですが全国どこでも対応しており最低30万円から利用することが可能です。来店は不要ですが契約は相対で行うため、ベストファクターの担当者の方と来社・来訪を受け契約となります。

審査も非常に柔軟であり、実績も高い業者ですのであらゆる業種に対応おり、スムーズな取引が行えます。

利用者の口コミ

48歳/運送業
利用満足度 4.5

取引先との規約で全車両でドライブレコーダー等の設置などでまとまった資金が必要になり売掛金を先に下さいとも言うこともできなかった為、設備費用として追加融資を銀行へ依頼しましたが、担当者の方はこれ以上は難しいという返答でした。
そういった時にこのファクタリングというものを知り、ベストファクターさんにお願いしたところ、こちらが急ぎであることを理解してくれ、迅速に対応をとってくれたため、まとまった資金の調達が出来ました。
急な対応の時は非常に有益だと思います。

29歳/フリーランス
利用満足度 4.5

フリーのSEをやっているのですが、急遽パソコンの買い替えが必要になったため、設備投資を兼ねて70万円の売掛金に対しお願いしました。
対応は非常にスムーズでその日のうちに来訪いただけて契約を行うことが出来ました。先にパソコン自体を発注していたのでいざとなったら消費者金融を利用するかと思っていましたので非常にありがたかったです。
次からは書類も少なくスムーズに行えるということでしたのでまた機会があれば利用したいと思います。

株式会社ウィット

条件一覧
口コミ・評判・満足度資金調達時間目安 利用対象者 買取率
4.5最短即日 法人・個人事業主 5%~20%

株式会社ウィットの特徴

株式会社ウィットは小口専門のファクタリング会社で、来店不要。非対面で契約を行えるのが特徴です。

小口であり、2社間取引を取り扱い手軽で早いという事が売りです。小口で手軽で利用できる分、手数料はやや高めなのがネックですが、相談してみると他社では打診されなかった調達方法など詳しく教えてもらうことができました。

利用者の口コミ

24歳/ウェブデザイナー(個人事業主)
利用満足度 4.5

ホームページ作成とウェブデザイナーを仕事にしています。起業当初に請負先から、ちょくちょく追加での依頼も出るから初期費用に追加費用をたしたものをホームページ稼働後にまとめて支払いたいと打診がありました。
その条件で仕事を受けましたが仕事量は丸なげ、追加費用もかなりのものとなり時間的なコストの方が掛かり、結局54万円ほど費用が掛かったのですが、それを分割で4ヶ月で支払いたいと言われました。
その間、他社からの請負の固定費用だけでは生活が出来ないためウィットさんに相談したところ支払われる総額から手数料分を引いた金額を先に現金化してもらうことが出来ました。

毎月、入ってくる分を振込で支払うという形であるため取引先にも知られることなく利用できたのでとてもありがたいサービスと感じました。

42歳/建設業経営者
利用満足度 5.0

大手の孫請け業者ですが、元請け先がもう廃業するから直接受けて仕事をして欲しいと言われ大手業者と直接仕事を受けることができるようになりました。
チャンスではあったものの、今まで元請け業者の資材を使わせてもらっていたので全てリースで行うと割に合わない状態になるため、資材を売ってもらうことになりました。
支払いはローンで行いますが、手付金をある程度いれて欲しいと言われ全体の1割程度を入金しなくてはならなくなりました。
業種的に仕事をこなし支払いが行われるのが大体2ヶ月遅れであるため、その2ヶ月分の売掛金をなんとかできれば支払える状態にありましたが、資材はすぐにでも必要な状況です。
そういった時にウィットを知り相談をしてみると、手数料等の交渉などもありましたが3日程度で振込で対応してもらうことができ無事に支払いを行うことが出来ました。

こういった緊急というのは今のところありませんが、丁寧に対応していただけたのでまた縁がありましたら利用させていただきたいと思います。

即日ファクタリングについて

即日ファクタリングの申し込みイメージ

ファクタリングは、現在、法人や個人事業主の間で非常に人気の資金調達方法です。

その中でも銀行等から事業資金を融資してもらう方法は融資まで数週間から2ヶ月程度時間が掛かることが多く、事業計画書等の作成や、担保等がある場合は抵当権設定登記など多くの時間と手間が掛かります。

その為、急遽発生する支出に対して非常に弱い側面があります。その為、多くの法人経営者の方や個人事業主の方はビジネスローンなどを利用し繋ぎ資金として利用する人も多いですが信用情報への記載があるため今度は銀行からの融資を受けにくくなるというデメリットがあります。

そういった時に注目されているのが即日ファクタリングです。名のとおりファクタリングの中でも即日で対応を行うタイプです。

これはファクタリング業者が、自社の保有している売掛金を償還請求権なしで買い取ってもらうサービスの事を言います。

つまり、ファクタリング業者へ買い取ってもらった売買債権を、取引先の倒産等による不払い時に資金を請求する権利を持たないというファクタリング業者の方にリスクが掛かり利用者にとっては大きなメリットがある資金調達方法です。

もちろん、「償還請求権あり」、「3社間ファクタリング」、「初回は満額買取なし」、などの業者側にとってリスクを少なくする契約も行っているところもありますが、共通しているところはファクタリング業者にとってリスクが多いほど手数料が高く、少ないほど手数料が低いです。

ファクタリングの種類について

取引方法
  • 2社間ファクタリング(2社間取引)
  • 3社間ファクタリング(3社間取引)

種類は2通りあります。自社とファクタリング業者のみの取引である2社間取引。

そして取引先、自社、ファクタリング業者で行う3社間取引です。

もちろんどちらもメリットデメリットもあるのですが、現在はほとんどの企業や個人事業主の方は取引祭に知られることのない2社間ファクタリングを選択しています。

2社間ファクタリングについて

2社間ファクタリングの仕組み
2社間ファクタリングの仕組み

このように利用者とファクタリング業者が契約を行い、一旦売掛金を現金化を行い、取引先から入金されたタイミングでファクタリング業者へ右から左に流すというイメージをすると分かりやすいのではないでしょうか。

最大のメリットとしては取引先へ知らせる必要がないということ。もちろん取引先もファクタリングを行っていることはわからない仕組みとなっています。

また取引先の同意も不要であるため自社とファクタリング業者の取り組みのみであるため審査も早いのが特徴です。

手軽で早いという点が利用者にとってメリットですが、業者側にとってはリスクが高い取引でもあるため実績豊富な中大手の業者の利用が不可欠です。

また、下記で説明する3社間ファクタリングと比較すると貸し倒れリスクが高くなる分、手数料は高くなっており概ね売掛金の5%~20%程度が相場です。

3社間ファクタリングについて

3社間ファクタリングの仕組み
3社間ファクタリングの仕組み

大きく異なる点は、取引先とファクタリング業者の契約が必要であるという点です。流れとしては最初に申し込みを自社が行いファクタリング業者と契約を行います。

そして自社から取引先の方へファクタリング契約をお願いし、ファクタリング業者と取引先を繋ぎます。契約が完了すれば売掛金の算出を行いファクタリング業者へ着金の依頼をかけます。

ファクタリング業者は、自社へ着金したあとは直接取引先から売掛金の入金を受ける形で取引が完了となります。

2社間ファクタリングと比較するとメリット自体は1つのみで「手数料が低い」という点です。大体1%~5%程度が相場となっています。

しかしながらデメリットという点は、取引先を巻き込んでしまうというところで、どちらかというと手続きが面倒なのが取引先であるため、金銭面以外での負担で迷惑をかけてしまうという点です。

取引縮小や停止など、またお世話になっている企業に迷惑がかかるという理由で2社間を選択する企業や個人事業主の方も多く現在はほとんどの方が2社間取引を選ばれています。

[2020年度版]ファクタリング即日ガイド「finte-x.jp」
タイトルとURLをコピーしました